スポーツ人間学部 スポーツ指導学科 もっと強く、うまくなりたい。 素晴らしさと厳しさをよく分かっているからこそ、スポーツを学問としてとらえ直し、別の角度から見ることで可能性を広げます。
スポーツ人間学部 スポーツ指導学科 もっと強く、うまくなりたい。 素晴らしさと厳しさをよく分かっているからこそ、スポーツを学問としてとらえ直し、別の角度から見ることで可能性を広げます。

NEWS “新着ニュース”

もっと見る

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

学位:学士(スポーツ指導学)

スポーツ指導学科は、生涯スポーツの育成発展に努めながら、スポーツを通して地域社会に貢献できる教養豊かなスポーツ指導者を育成することを目的としており、所定の期間在学し、学部・学科の教育理念、教育目標に沿って設定した授業科目を履修して、所定の単位数を修得し、卒業までに下記に示す姿勢や能力を身に付けた学生に卒業を認定し、学位規則に従い学士の学位を授与する。

  1. スポーツ健康分野に関する基礎的知識と技能の科学的視点からの理解およびそれを基にした専門知識、技能の修得
  2. スポーツマンシップおよびリーダーシップの修得
  3. スポーツマンシップおよびリーダーシップに基づく指導力の修得
  4. スポーツ健康分野の課題分析力の修得
  5. 自立して行動できる姿勢、課題を発見し解決する能力

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

スポーツ指導学科は、生涯スポーツの育成発展に努めながら、スポーツを通して地域社会に貢献できる教養豊かなスポーツ指導者を育成することを目的としており、学生が卒業までにこの目的を達成するための教育課程を下記に示す教育課程編成・実施の方針に基づき提供する。

  1. 高大接続の観点から、大学教育への円滑な移行を促すため、初年次教育の充実を図る。
  2. 「学科専門科目」に配置している「人のからだと健康」、「スポーツ理論」などを中心にスポーツ健康分野に関する基礎的知識と技能の科学的視点からの理解に関する科目を設定する。
  3. 「学科専門科目」に配置している「健康運動指導演習」などを中心にスポーツマンシップおよびリーダーシップに基づく指導力に関する科目を設定する。
  4. 「学科専門科目」に配置している「スポーツ統計学」、「測定と評価」などを中心にスポーツ健康分野の課題分析力の修得に関する科目を設定する。
  5. 専門的な知識、技能および論理的思考力を育成することを目的として、スポーツ健康分野および教育に関する専門科目を設定し、本学科の教育目標を達成するための教育課程を体系的に編成する。
  6. 演習、実習、インターンシップ等を通じた実践的・体験的な学びを重視し、能動的・自主的な学修の充実を図る。
  7. キャリア形成の観点から、キャリア科目を体系的に設定し、社会的・職業的な自立に必要な能力・態度を育む。
  8. 成績評価の公正さと透明性を確保するため、シラバスに記載する成績評価基準・方法等および学則、規程等に定める所定単位修得により学修成果を評価し、その客観性を担保するため、複層的な積み上げによる多面的・総合的な成績評価を実施する。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

スポーツ指導学科は、生涯スポーツの育成発展に努めながら、スポーツを通して地域社会に貢献できる教養豊かなスポーツ指導者を育成することを目的としている。

【求める学生像】

本学科は、上記のような人材を育成するため、本学科の目的に賛同し、本学科の教育に関心を持つ、以下のような人を受け入れる。

  1. スポーツ健康に関する知識と実技について強く関心を持っている人
  2. 理論と実践を通じてスポーツ健康科学に取り組む能力の向上を目指している人
  3. スポーツ健康に関する活動について主体性を持って取り組んでいる人
  4. 保健体育科教員またはスポーツ健康関連指導者等を目指している人
  5. スポーツ指導に関する体系的・実践的カリキュラムの下、スポーツによる健康・体力の増進、運動能力の向上、スポーツ指導に関する幅広い教養、専門知識、探究力を養い、身に付けた指導力、コミュニケーション能力、実践的能力、課題解決能力を生かし、リーダーシップを発揮して、生涯スポーツの育成発展に努め、スポーツ振興、地域社会の発展に貢献することのできる人

なお、本学科への入学を希望する人は、高等学校の教育課程等において、次のような姿勢、能力を身に付けていることを求める。

  1. 学科の教育に適応できる基礎学力
    特に、資料を読み解き、考えを表現し、他者との円滑なコミュニケーションを図るために、国語の基礎的能力を要する。また、国際社会で活躍する人材を育成することを目的としているため、英語の基礎的能力を要する。
  2. 部活動等を通じて得られた協同する姿勢
  3. ボランティア活動等を通じて得られた社会貢献への姿勢
  4. 国内、海外のスポーツの動きに目を向ける姿勢
道内唯一の認定大学!
道内唯一の認定大学!

学科の特色

スポーツと健康に関する専門知識・技能を学び、学校教育やスポーツ施設などでより良い実践活動を行える人材を育成。
さらに地域社会の健康・スポーツに関する諸課題を解決する基礎的な力を身につけることを目指します。

学びのキーワード

  • スポーツ
  • 健 康
  • 体 育
  • 科 学
  • コーチング
  • コミュニケー
    ション

身につくチカラ

  • リーダーシップ
  • コミュニケーション能力
  • 課題解決能力
  • 社会人基礎力
  • スポーツ科学の実践力

取得目標資格

教育職員免許状
「中学校一種(保健体育)」
「高等学校教諭一種(保健体育)」
「小学校教諭一種・二種」(※通信教育)
「特別支援学校教諭一種・二種」(※通信教育)

教職課程の科目を履修し、教育実習を含む所定の単位を修得すると取得できます。本学科は教員採用試験対策などの教職特別ゼミも実施します。

レクリエーション・インストラクター
スポーツ・レクリエーション指導者

ゲームやスポーツなどのアクティビティを効果的に活用し、対象や目的に合わせプログラムを企画・展開。教育、スポーツ活動などに役立つ資格です。

ストレングス&コンディショニング
スペシャリスト(受験資格)

傷害予防とスポーツパフォーマンス向上を目的とした安全で効果的なトレーニングプログラムを計画・実行する知識と技能を認定する資格です。東北以北では唯一本学で取得可能です。

トレーニング指導者(受験資格)

トレーニング指導者に必要な知識と技能を習得。スポーツ選手や一般人を対象とするトレーニング指導の専門家としての基礎資格に位置づけられます。

■その他の取得目標資格
  • 社会教育士(養成課程)・社会教育主事任用資格
  • スポーツリーダー
  • ジュニアスポーツ指導員(受験資格)
  • 健康運動指導士(受験資格)
  • パーソナルトレーナー(受験資格)
■その他の取得目標資格
  • 教育職員免許状
    「高等学校教諭一種(保健体育)」
    「小学校教諭一種・二種(※通信教育)」
  • 社会教育士(養成課程)・社会教育主事任用資格
  • スポーツリーダー
  • ジュニアスポーツ指導員(受験資格)
  • 健康運動指導士(受験資格)
  • スポーツ・レクリエーション指導者
  • パーソナルトレーナー(受験資格)

学科長メッセージ

広がるスポーツの可能性とその学び

2020年は皆がさまざまな工夫を凝らし、難局に立ち向かった年になりました。学校では遠隔授業を余儀なくされ、そこではさまざまなテクノロジーが活用されました。遠隔授業のみならず、健康やスポーツの世界においては、衛星信号を利用したパフォーマンス測定、AIを利用した動作戦術分析、センシング技術による健康評価など、ますますその動きを発展、加速させています。改めて変化し、課題を解決できることの大切さを意識させられます。
スポーツ指導学科はその学科名からも理解されるように、リーダーシップを発揮し、日本、世界におけるスポーツの発展、人々の健康と幸福を目指します。
今後ますます広がるスポーツの可能性にあって、その礎となる知識と実践力をもって、変化し、課題を解決できる人材を育成します。皆さんと学べることを楽しみにしています。

小林 秀紹 教授
スポーツ人間学部 スポーツ指導学科
学科長
小林 秀紹 教授

教員紹介

森林浴、温泉浴でストレス解消・健康増進!

人は本来、自然の中で生きる動物です。そして自然環境は私たちに、生きていくうえでの基本となる健康的な心と体作りの場を提供してくれます。森林浴の血糖値低下作用は、トレッドミルでの歩行運動に勝るものがあり、また温泉浴のリラックス効果、温泉療法の効果はよく知られています。このような自然を利用した治療法を自然療法と呼び、研究テーマにしています。
教室では、ストレス度、自律神経の活動度や血管年齢、指先採血で血糖値や筋肉疲労度を表す乳酸値などを測定しています。また現役の医師として地域の病院で診療もしており、臨床経験に基づく講義を「人のからだと健康」や「健康運動論」などで展開しています。
健康に関することなら衣・食・住をはじめとして何に興味を持ってもいいので、一緒に勉強していきましょう。

大塚 吉則 教授
スポーツ人間学部 スポーツ指導学科
大塚 吉則 教授

学生の声

大切な仲間と文武両道で 狙うは日本一

2020年に創部された女子硬式野球部の1期生として、東北・北海道唯一の大学チームの中で活動できることに魅力を感じ入学しました。
高校3年生の時に、U-18日本代表として国際大会へ出場させていただきました。そこで、世界の中での女子野球の現状を垣間見ることができたと同時に、これからの自分自身の野球との関わり方について考えることができました。将来の仕事を模索するうえで、スポーツ指導学科の学びと野球の活動とがつながっていくと考えています。
2021年は、文武両道を目指し、女子硬式野球部の1期生と2期生とが力を合わせて、日本一にチャレンジしていきたいと思います。

(神戸弘陵学園高校出身)
スポーツ人間学部 スポーツ指導学科 1年
K さん(神戸弘陵学園高校出身)

注目の授業

コーチング論

コーチング論

本講義の目的は、プロスポーツ球団で選手、コーチを経験した実績を持つ教員がスポーツ心理学の学問分野をふまえながら、コーチングの基礎理論について解説し、スポーツ指導現場のみならず日常生活にも活かすことができる応用力を修得することを目指します。

運動生理学演習

運動生理学演習

身体運動と関連する、神経系、筋系および呼吸循環系の測定や分析について、演習形式で学習します。授業のはじめに、測定法と分析法を概説します。その後、小グループに分かれて測定と分析を体験します。

スポーツ傷害と予防

スポーツ傷害と予防

けがを予防することはとても重要です。この講義では、人間の身体の構造やけがの要因、年齢・性別・競技種目によるけがの発生要因などについて学習します。また、スポーツテーピングの演習を行い、スポーツ指導の現場でのけが予防に役立つ知識・技術を習得します。

教職特別ゼミ

教職特別ゼミ

本学科では多くの学生が教員を目指しており、合格するための教職特別ゼミを学科独自で行っています。1年次に一般教養、2年・3年次には教職教養、専門科目、面接指導、模擬授業などをゼミ形式で行っています。

測定と評価

測定と評価

測定と評価の授業では、競技選手はもちろん、子どもやお年寄りまでさまざまな対象の体力やパフォーマンスを測定し、評価します。体育の授業や競技スポーツの指導に必要なトレーニング効果を見るためにも適切な測定と評価は欠かせません。

卓球

卓球

各授業のはじめに、卓球を実践する上で必要な知識と技術を生理学、解剖学、力学およびコーチングなどの観点をふまえて解説します。その後、卓球の実戦を行いますが、学習効率が個人ごとに高まるよう、個々に指導します。習得した技術を用いてゲームも多く体験します。

カリキュラム2022年度生用(予定)

カリキュラムイメージPC カリキュラムイメージSP

スポーツ人間学部共通科目

1年次
  • 体力トレーニング論
  • 栄養学
  • 発育発達論
  • 生涯スポーツ論
  • スポーツ社会学
2年次
  • スポーツ傷害と予防
  • コーチング論
  • レクリエーション理論
  • レクリエーション実技
  • テニス
  • スキー
  • スノーボード
  • 野球・ソフトボール
  • 卓球
  • 野外活動理論・演習
  • 基礎演習Ⅰ
  • 基礎演習Ⅱ
3年次
  • スポーツ心理学
  • 生涯スポーツ演習
  • レクリエーション実習
  • ハンドボール
  • サッカー
  • バレーボール
  • バスケットボール
  • 応用演習Ⅰ
  • 応用演習Ⅱ
  • スポーツ政策・行政論
4年次
  • テーマ研究Ⅰ
  • テーマ研究Ⅱ
  • 卒業研究

スポーツ指導学科専門科目

1年次
  • 人のからだと健康
  • スポーツ理論
  • 人体構造基礎
  • 運動機能と救急処置
  • バイオメカニクス
  • 柔道
2年次
  • 運動生理学
  • 衛生学及び公衆衛生学
  • 測定と評価
  • スポーツ統計学
  • ストレングス・コンディショニング
  • 体力トレーニング演習
  • 運動生理学演習
  • ダンス
  • 冬季スポーツ
3年次
  • 学校保健
  • 地域社会と健康
  • スポーツ医学と運動処方
  • 健康運動指導演習
  • 体つくり・器械運動
  • 陸上競技
  • 水泳
  • 剣道