国際教養学科は、グローバルな視点で歴史、文化、言語など、人文学の基礎を学び、実社会(フィールド)で体験しながら学ぶ教育を展開します。
国際教養学科は、グローバルな視点で歴史、文化、言語など、人文学の基礎を学び、実社会(フィールド)で体験しながら学ぶ教育を展開します。

NEWS “新着ニュース”

もっと見る

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

学位:学士(人文学)

国際教養学科は、「全人教育」により、アジアに位置する日本の大学として歴史を誠実に見つめ、異なる文化や考え方を柔軟に受けとめ「理解する力」、「活かす力」、「自己発信する力」を重視する。そのため、以下の能力を獲得する人材を養成する。

  1. 地域社会と国際社会の関連性を理解し、主体的に自己発信できる能力
  2. 国際化に対応できるコミュニケーション能力
  3. 地域の課題を理解し、解決策を見出して地域を切り拓くリーダーとなり得る能力
  4. 多文化社会を柔軟にうけとめ、それらを理解し国際社会で活かせる能力

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

国際教養学科の教育課程は、ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を修得させるため、全学共通教育科目、学部共通科目、学科基礎科目、学科専門科目を体系的に編成する。

  1. 初年次教育により4年間の学びの基礎を築き、専門教育で深める学修はキャリア教育により社会や企業へと視野を広げ、入り口から出口に向かう体系である。
  2. 学部共通教育は全学共通教育科目と連動する人文学の主要科目と1年次から4年次まで継続する演習科目により、4年間の学修の軸とする。
  3. 学科基礎科目は、文化、文学、歴史等の科目により、全学共通教育と併せて人文学の基礎知識を形成する。
  4. 学科専門科目は、国際・産業社会、言語、文化・地域、コミュニケーションの領域を配置し、専門的な知識、技能の修得を意図する。
  5. 語学教育においては、短期学外学修と長期学外学修により、学修の動機づけと語学力向上を図る。
  6. 経験知を高めるため北海道と世界を学ぶ科目、フィールドワークを設置し、課題解決力とコミュニケーション能力を養成し学生の発信力を高める。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

国際教養学科は「全人教育」により、アジアに位置する日本の大学として歴史を誠実に見つめ、異なる文化や考え方を柔軟に受けとめ「理解する力」、「活かす力」、「自己発信する力」を重視し、その能力を獲得する人材を養成することを目的としている。

【求める学生像】

国際教養学科の目的に賛同し、国際・産業社会、文化・地域、言語・コミュニケーションをキーワードに、歴史・文化・宗教・習慣を柔軟に受け止め、理解し、活かし、発信する力の育成に関心を持つ、以下のような人を受け入れる。

  1. 日本語、英語、中国語、韓国語など語学力を高めたい人
  2. 言語、文化、社会、歴史など人間の営みに興味関心がある人
  3. コミュニケーション能力を高めたい人
  4. 留学、フィールドワーク、ボランティア、インターンシップ等に取り組みたい人
  5. 学科の学びを通して、地域や豊かな社会づくりに貢献したい人
  6. これまで何かに取り組んだ経験を、自分の言葉で語ることができる人

なお、本学科への入学を希望する人は、高等学校の教育課程において、次に示す姿勢、能力を身に付けていることを求める。

  1. 読む・書く・話す・聞くといったコミュニケーションに必要な言語基礎力
  2. 学習、クラブ活動、ボランティア、個人的諸活動を口頭で説明する言語表現能力
  3. 日本や諸外国の文化や歴史、国際社会へ目を向ける姿勢
  4. フィールドワーク、グループワークで協働する姿勢
2022年、新学科が誕生します!
2022年、新学科が誕生します!

学科の特色

国際教養学科は、グローバルな視点で歴史、文化、言語など、人文学の基礎を学び、実社会(フィールド)で体験しながら学ぶ教育を展開します。
大学から飛び出し、社会の多様な人々に触れることで、コミュニケーション能力を磨き、自立して生きていける確かな力を身につけましょう。

3コース

3コース

3コース
3コース

3コース
3コース

3コース
3コース

学びのキーワード

  • 多文化共生
  • 多言語
  • 異文化交流
  • 現代文化・歴史
  • コミュニケーション
  • グローバルビジネス

身につくチカラ

  • 国際社会で活かせる能力
  • コミュニケーション能力
  • リーダーとなり得る能力
  • 主体的に自己発信できる能力

教員メッセージ

国際社会をしなやかに生き抜く
コミュニケーション能力

多文化言語コースで語学力を向上させ
地域を知り、羽ばたこう、世界へ

皆さんは、グローバル化と聞くとどのようなことをイメージしますか。色々な言語を話す人が多いとか、国境なく世界の人とつながる社会をイメージする人が多いのではないでしょうか。しかし、実は、グローバル化というのは、その地域ごとに異なる定着をし、地域の文化特性との融合で発生していくものです。多文化言語コースでは、全国の大学でも珍しく、一部クォーター制(4学期制)を導入します。入学の早い時期に集中的に英語・中国語・韓国語の言語を学び、コース全員、短期学外学修をします。これにより、基本的な外国語能力の向上を目指します。言語を取り巻く文化・歴史的背景を学び、我々の住んでいる地域にも目を向けて学修をしていきます。4年次まで少人数のゼミに所属し、深く専門的な学問について探求していきます。一緒に本当の意味でのグローバル社会で活躍する人材になりましょう!

人文学部 2022年度 国際教養学科
中津川 雅宣 講師

カリキュラム2022年度生用(予定)

人文学部共通科目

1年次
  • 人文学概論
2年次
  • 基本演習Ⅰ
  • 基本演習Ⅱ
3年次
  • 応用演習Ⅰ
  • 応用演習Ⅱ
4年次
  • テーマ研究Ⅰ
  • テーマ研究Ⅱ

国際教養学科基礎科目

1年次
  • 現代文化論
  • 比較文化論
  • 文化人類学
  • 博物館概論
2年次
  • 世界遺産
  • 日本近現代史
  • 考古学
3年次
  • 世界近現代史
  • 日本文学
4年次
  • ポップカルチャー
  • アニメ文化論
  • 卒業研究

国際教養学科専門科目 国際・産業社会

1年次
  • 短期学外学修
  • 地域アクティビティⅠ(ボランティア)
  • 地域研究Ⅰ(アジアの文化)
  • グローバリズムと地域経済
  • スキルアップ総合演習
2年次
  • 地域アクティビティⅡ(清田)・ボランティア・インターンシップ(国内・海外)
  • 地域研究Ⅱ(米州の文化)
  • 国際関係論
  • SDGs特講
  • 地域アクティビティⅢ(北海道)・ボランティア・インターンシップ(国内・海外)
  • 地域研究Ⅲ(欧州の文化)
  • 地域産業論
  • 国際ビジネス事情Ⅰ
  • 事例で学ぶマーケティング
3年次
  • ボランティア・インターンシップ(国内・海外)
  • 国際ビジネス事情Ⅱ
  • 事例で学ぶマネジメント
  • グローバルマーケティング
  • 国際ビジネス演習
4年次
  • アントレプレナー論

国際教養学科専門科目 言語

1年次
  • Reading skills Ⅰ
  • English Communication Ⅰ
  • 短期学外学修
  • 地域アクティビティⅠ(ボランティア)
  • Reading skills Ⅱ
  • English Communication Ⅱ
  • Academic Skills
2年次
  • 地域アクティビティⅡ(清田)・ボランティア・インターンシップ(国内・海外)
  • Reading skills Ⅲ
  • English Communication Ⅲ
  • Academic Writing
  • 地域アクティビティⅢ(北海道)・ボランティア・インターンシップ(国内・海外)
  • Gender Studies
  • 中国文化概論
  • 韓国文化概論
  • 長期学外学修
3年次
  • ボランティア・インターンシップ(国内・海外)
  • Introduction to Literature
  • Introduction to Linguistics
  • Language and Culture
  • 中国語学概論
  • 韓国語学概論
  • 中国語特講
  • 韓国語特講

国際教養学科専門科目 文化・地域

1年次
  • 先史文化論
  • 地域アクティビティⅠ(ボランティア)
  • 北海道の民俗学
  • 北海道の文化Ⅰ(歴史と文化遺産)
  • まちづくりと北海道
  • 地域学習Ⅰ
  • 地域探求Ⅰ
2年次
  • 地域アクティビティⅡ(清田)・ボランティア・インターンシップ(国内・海外)
  • 北海道の文化Ⅱ(食と生活)
  • 地域学習Ⅱ
  • 地域探求Ⅱ
  • 地域アクティビティⅢ(北海道)・ボランティア・インターンシップ(国内・海外)
  • 北海道の文化Ⅲ(芸術と文学)
3年次
  • ボランティア・インターンシップ(国内・海外)
  • 北海道の文化Ⅳ(環境と産業)
  • 考古学実習
  • 文化資源学
4年次
  • 史料演習

国際教養学科専門科目 コミュニケーション

1年次
  • コミュニケーション論
  • 日本語教育概論
  • 地域アクティビティⅠ(ボランティア)
  • コミュニケーション演習
  • 日本語教育文法Ⅰ
  • 日本語教授法Ⅰ
2年次
  • 地域アクティビティⅡ(清田)・ボランティア・インターンシップ(国内・海外)
  • 異文化コミュニケーションⅠ
  • 日本語教育文法Ⅱ
  • 日本語教授法Ⅱ
  • 社会言語学
  • 地域アクティビティⅢ(北海道)・ボランティア・インターンシップ(国内・海外)
  • 異文化コミュニケーションⅡ
  • 心理言語学
  • 言語学特論
3年次
  • ボランティア・インターンシップ(国内・海外)
  • 組織とコミュニケーション
  • 日本語教育実習