札幌国際大学について

about 観光学部 国際観光学科 杉江 聡子

学部・学科名
観光学部 国際観光学科
教員名
杉江 聡子
1)略歴:最終学歴 ・北海道大学文学部(言語・文学専修課程)卒業
・北京第二外国語学院 普通進修生(語学留学)課程 修了
・日中学院研究科 修了
・ソフトウェア開発会社、旅行会社勤務
・中国語通訳・翻訳・講師・ガイドとしてフリーランス活動
・北海道大学情報基盤センター 事務補助員、研究推進員として勤務
・札幌大学文化学部 非常勤講師
・札幌大学孔子学院 講師
・北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院 修士課程(国際広報メディア)修了
・北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院 博士後期課程(国際広報メディア)修了
・北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院 学術研究員
・北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院 特任助教
2)学位 修士(国際広報メディア)、博士(国際広報メディア)
3)資格:オプション
(専門分野、教育分野に関わるもの)
・第一種教員免許(高校・中国語)
・HSK(漢語水平考試)旧8級
・中国語検定 準1級
・JICE(財団法人 日本国際協力センター)研修監理員(中国語)
・北海道地域限定通訳案内士(中国語)
・国内旅行業務旅程管理者
4)担当科目 「中国語Ⅰ、Ⅱ」「基礎ゼミⅠ」「4年演習(基礎・応用)」「海外研修Ⅲ(中華圏)」「地域研究Ⅰ(アジアの文化)」
「修士論文指導演習Ⅰ、Ⅱ(院)」「観光情報メディア演習(院)」「観光産業・事業研究演習(院)」
5)専門分野 教育工学、応用言語学、外国語教育、観光研究、質的研究
6)研究テーマ ・AIやICTを活用した外国語教育(遠隔教育、反転授業、MOOC等)
・観光をフィールドとしたPBL(プロジェクト型学習、課題解決型学習)
・多言語・多文化環境下における協同学習(複言語主義のアプローチによる外国語教育)
7)所属学会 【国内】
中国語教育学会、外国語教育学会、高校中国語教育研究会、e-Learning教育学会、教育システム情報学会(JSiSE)、中国語学会
【海外】
中文教学現代化学会(AMCLE)、Pan-Pacific Association of Applied Linguistics(PAAL)
8)著書、論文、発表、作品等 【著書】
・札幌中国語工房編著(2017).『中国語でPERAPERA北海道』札幌:北海道新聞社出版センター.(p.111, pp114-115, p.119, pp.126-143担当)
・張卓元(著), 周暁娜・杉江聡子(訳)(2017).『「新常態」下の中国経済の行方』中国広州:広東経済出版社.
【論文】(新しい順)
・Sunaoka, K. & Sugie, S. (2022). Remote Chinese Teaching and Learning at Japanese Universities during the COVID-19 Pandemic. In Shijuan Liu (Eds.), Teaching the Chinese Language Remotely: Global Cases and Perspectives (pp.203-234). Palgrave Macmillan.
・Sugie, S., & Mitsugi, M. (2021). Design and evaluation of intercultural cooperative project-based learning in the field of inbound tourism in Japan: A tour guide training course with Chinese and Japanese learners, Intercultural Communication Education, 4(3), 234-251. DOI: https://doi.org/10.29140/ice.v4n3.560
・杉江聡子, 藤崎達也.(2021). 観光教育と外国語教育を統合したハイブリッド型CBI の設計と評価(Design and Evaluation of the Hybrid Content-Based Instruction Model Integrating Tourism and Foreign Language Education), e-Learning教育研究, 16(印刷中).
・杉江聡子(2020).「観光ガイドをフィールドとした地域連携型の国際協同学習の設計、実践及び混合研究法による評価」『外国語教育研究』23, 173-193.
・杉江聡子, 楊彩虹, 清水賢一郎, 田邉鉄(2020).「国際世代間協同学習による多言語VRキャンパスガイド開発」『複言語・多言語教育研究』7, 76-94.
・杉江聡子(2019).「基于跨年代、跨文化合作学習的VR 視頻開発及其教学運用可能性初探(The Development of Guide Training VR Material based on University Campus Guide)」『中文教学現代化学報(The Journal of Modernization of Chinese Language Education)』8 (2), 17-29. Available at http://xuebao.eblcu.com/xuebao/essay/sixteen/03.pdf
【研究発表】
・杉江聡子. (2022). 「母語が異なるマルチリンガルの作品共創におけるマルチモーダルコミュニケーションを探る」, 国際シンポジウム「多層言語環境研究国際シンポジウム―言語的変容の過去・現在・未来(Multi layered language environment studies international symposium ― Past, present, and future of linguistic transformation)」プログラム予稿集, 3-4.(2022年3月12日, Zoomオンライン開催)
・杉江聡子. (2021). 以科技为媒介的教学设计——外语及观光学的CBI实践与评估, 日本中国語学会第71回全国大会ワークショップ予稿集(会員限定・電子版).(2021年11月6日, 二松学舎, Zoomオンライン開催)
・砂冈和子, 杉江聪子.(2021). 「疫情后如何升级日本大学汉语在线教学 (How to Upgrade Online Chinese Language Teaching at Japanese Universities with after Corona)」, In Jiang, S., Liang, N., Da, J., & Liu, S. (Eds.), Proceedings of the 11th international conference and workshops on technology and Chinese language teaching. http://www.tclt.us/tclt11/proceedings.php. (pp.97-108) (May 28-30, 2021, Yale University, zoom online)
・杉江聪子, 藤崎达也.(2021). 「针对跨文化协作学习的混合式教学模式的设计及评估(The Instructional Design and Evaluation of Hybrid Learning Model for Inter-cultural Collaborative Learning)」, In Jiang, S., Liang, N., Da, J., & Liu, S. (Eds.), Proceedings of the 11th international conference and workshops on technology and Chinese language teaching. http://www.tclt.us/tclt11/proceedings.php. (pp.88-96) (May 28-30, 2021, Yale University, zoom online)
・杉江聡子(2021).「ハイフレックス型国際協同学習のデザインと学習成果-アイヌ文化の展示解説を事例として-」,『第9回JACTFLシンポジウム「外国語教育の未来を拓く:世界とつながる複数外国語教育の展望」』プログラム予稿集.(2021年3月14日,zoomオンライン開催)
・杉江聡子(2020).「使える!中国語オンライン授業向けツール&Tips」,中国語教育学会2020年度第2回研究会.(2020年8月29日,オンライン発表)
・杉江聡子(2020).「中国語授業におけるBookwidgetsの活用法」,ICTを活用した中国語教育オンラインセミナー.(2020年12月15日,オンライン講演)
・杉江聡子(2020).「対中インバウンドをフィールドとしたオープンラボ型PBLのデザイン」『第18回e-Learning教育学会大会』.(2020年3月12日, オンライン発表)

※これ以前はresearchmap(https://researchmap.jp/ssugie)をご覧ください。
9)メッセージ、個人ホームページ等: オプション(研究テーマ・活動の紹介)
【学生のみなさんへのメッセージ】
国際化が進む日本において、生活、教育、仕事など社会のあらゆる場面が国際色豊かになってきています。社会は多様な価値観をもった人々で構成されています。人は言語を介して思考し、コミュニケーションを行います。思考や感情は言語を用いて表現され、意味もまた言語によって構築されます。言語は社会を構成するあらゆる事象・現象の基盤といえるでしょう。母語を豊かにすることが、外国語をうまく学ぶことにもつながります。自分の考えや価値観を人にわかりやすく伝えること、相手に興味を持って知ろうとすること、問題を乗り越えようと交渉や調整を行うこと、これを母語と外国語でできれば、グローバル社会でも円滑なコミュニケーションを図ることができます。北海道ならでは、大学ならではの様々な体験を通じて、たくさんの人と関わり、語り合い、喜怒哀楽を共有しながら、相互理解を深め、新しい世界とつながり、さらに広げていってください。みなさんと私たち教員で、たくさんの学びや体験を共有しながら、一緒に成長していきましょう。
【研究紹介】
私の研究テーマは、AIやICTを活用した外国語教育です。中国語の教育実践を中心に、学習者主体のインタラクションが活性化するような授業デザイン、そこで創出されるダイナミックな学習体験、特に成果や価値の質的な認識を重視したインストラクショナルデザインを探究しています。また、中国語通訳や旅行会社の実務経験に基づき、観光人材育成にも取り組んでいます。現在は、主に東アジアをフィールドとし、複言語主義のアプローチによる観光教育、及びAIを活用した外国語教育・学習環境の充実化に関する研究を行っています。外国語運用のスキルや異文化間交流の経験に基づき、様々な分野で外国人相手に優れた調整役として機能する人々がいます。彼らの持つ知識・技能・能力とは何か、それはいかにして育成され発達したのか、何をどこまで育成可能なのか、といった課題を探究しています。