札幌国際大学 札幌国際大学短期大学部・大学院

キャリア・就職支援キャリア・就職支援

変化する社会で必要なのは、
自分自身で人生を歩く力。
札幌国際大学は学生一人ひとりの
能力開発を親身にサポートします。

卒業後、自分にとっての成功を実感できる人生を手に入れるには、社会の変化に対応し、理想の道を自ら見つけて歩き続ける能力が必要です。本学では、能力を開花させ伸ばすために教育課程や学習環境を整えるほか、多彩なセミナー、教育支援センターと教員の連携、個別相談などで学生一人ひとりを入学時からサポートしています。

News&Event

キャリア・就職支援体制

キャリア支援センターと教員組織が連携し、それぞれの専門性や強みを生かして学生の能力開発をサポート。マンツーマンでの教育サポートや個別相談、キャリア科目の講義などで、1年次から段階的に支援しています。

1年次から段階的にバックアップ

キャリア・就職支援 Q&A

学生一人ひとりの未来を全力で応援するための体制には、どんなものがあるの? 大学のキャリア・就職支援体制や、具体的なサポートを行うキャリア支援センターについての、さまざまな疑問に答えます。

入学後のサポートについて聞いてみよう!
札幌国際大学のキャリア・就職支援は、どんな体制で行っているの?

就職・進学をさまざまな角度からサポートするキャリア支援センターの職員7名と、学生1名に対して1名の教員がサポートにあたるアドバイザー教員が連携して、学生の将来、卒業後の進路を支援しています。在学中の就職活動はもちろん、卒業後にも進路選択のサポートを行っています。

キャリア支援センターってどんなところ?

就職や進学に取り組む学生をサポートしています。『一緒に見つけ、一緒に考え、一緒に備える』ため、学生一人ひとりに合わせた個別相談を行います。各業界とのネットワークも幅広く、企業や就職に関する情報も豊富。専門スタッフによる履歴書やエントリーシートの書き方の指導、面接練習、筆記試験対策、資格取得に向けてのアドバイスなどを行っていますので何でも気軽に相談してください。

詳細はこちら
キャリア支援センターではどんなイベントを行っていますか?

自信を持って就職活動に臨めるように、さまざまなイベントを用意。例えば、大学3年生、短大1年生を対象に全20回程開催する「就職ガイダンス」、外部の講師を招いて集団面接やグループディスカッションの対策を行う「就活直前対策講座」、毎年9業種50社以上の企業の方を招いて、各業界についてお話をいただく「学内業界研究セミナー」、毎年9業種30社程の道内外の企業を招いての「学内合同企業説明会」などのほか、「女子学生向けのメイク講座」など、きめ細かなイベントを行っております。

詳細はこちら
インターンシップには参加したほうがいいの?

企業などで就業体験をするインターンシップは、『現場で学び、実践力と社会人基礎力を磨く』ための重要なキャリア教育の一環です。授業科目としてインターンシップ科目を開講しています。大学で学んでいることや、将来の希望に関連した職場を体験することで、自分のキャリアについてより深く考えるチャンスにもなりますので、ぜひ参加しましょう。

履歴書やエントリーシート(ES)の添削はしてもらえる?

キャリア支援センターでは、毎年300名近くの学生の履歴書・ESを添削しています。先輩からの情報を踏まえて、その業界・企業の傾向や対策もアドバイス。また、「何を書いたらよいかわからない」「書くネタがない」といった悩みにも親身になってアドバイスを行います。簡潔でわかりやすく、相手に伝わりやすい言葉で表現された履歴書やESになるよう、一緒に取り組んでいきましょう。

面接が不安です。練習はしてもらえる?

面接は緊張しますね。初めて面接試験に臨む場合、2〜3回の練習を行ってから本番に臨む学生が多く、面接が増える時期は面接練習の予約が多く入ります。キャリア支援センターでは、学生が納得し、自信が持てるまで何度でも練習に対応していますので安心してください。

就職活動を終えた先輩の話を聞く機会はある?

就職活動を終えた内定者の話が聞ける『内定者報告会』を実施しています。また、内定を取得した際に必ず提出する『就職受験報告書』は、選考スケジュールや面接・筆記試験・実技試験の内容、後輩へのアドバイスも記載されている情報の宝庫。多くの学生が活用しています。

就職活動って、いつから始めればいいの?

就職情報解禁日は大学3年次・短大1年次の3月1日です。この日以降、合同企業説明会や単独での企業説明会の開催が活発になり、本格的な就職活動がスタートします。しかし、就職活動への心がまえを固めたり、履歴書やエントリーシートを準備するには時間の余裕が必要です。3年次の12月頃には就職活動を意識し、2月には履歴書・エントリーシートを用意できるようにしておくといいでしょう。また、インターンシップは自分がどんな仕事に向いているかを考えたり、志望の業界が自分に合っているかを確認する良い機会ですので、早めに体験しておくといいですね。もちろん、1年次、2年次で早めに就職活動を始めても、準備が早すぎるということはありません。また、周りよりも遅いスタートを切ったとしても、本気になったときがスタートですので心配はいりません。業界や職種のこと、企業の情報、何から始めればいいかなど、キャリア支援センターに相談してみましょう。

資格を取っておいたほうが就職に有利?

国家資格や志望する職種に関連する資格は就職活動に有利ですが、やみくもにさまざまな資格をとっても就職にはつながりません。何をめざし、どんな勉強を重ねて取得した資格なのかが大切です。また、在学中に合格しなかったとしても、資格試験に向けて勉強をした努力は、今後の成長を後押しする力になります。将来のめざす仕事や進路に合う資格に挑戦してみましょう。資格取得のための授業や対策講座も用意されています。

札幌以外の道内地域や、道外での就職もサポートしてもらえるの?

北海道で活躍したい、生まれ育った地元で就職したい、知らない土地でチャレンジしてみたいなど、卒業後の活躍の場への希望はきっとさまざまでしょう。札幌国際大学では、札幌圏の企業はもちろん、道内・道外のさまざまな地域の商工会議所や地元企業とつながりを広げ、学生一人ひとりが希望するエリアでの就職を叶えられるようサポートしています。