教育活動

インターンシップ

インターンシップとは

「企業実習」「就業体験」とも呼ばれます。文部科学省は1997年の「教育改革プログラム」の中で、「学生が在学中に自らの専攻、将来のキャリアに関連した就業体験を行うこと」と定義しています。

現場で学び、実践力と社会人力を磨きます

本学が重視しているキャリア教育の一環として、全学を挙げて「インターンシップ」に力を入れています。
これは企業や団体・機関などで、実際の職場で就業体験をすることで、「働く」ことの意義を学んでいきます。
現場だからこそ分かることが多く、就職活動に取り組む上での意識の変化につながるのはもちろん、中には受け入れ先の企業で認められ、就職に結びつくケースもあります。
派遣先は100機関以上に上っており、学生それぞれの希望に応じた職場で仕事に挑戦できます。

企業や団体に出向き、実際の職場での就業体験から働くことを学ぶこのインターンシップは、2週間の短期、1ヶ月以上の長期など期間はさまざまですが、中には受け入れ先の企業で認められそのまま就職というケースも。
受け入れ先も銀行やホテル、百貨店など年々充実してきています。

タイでプロサッカーチームの実情を体験! 夢を実現するための自分の課題が明確に。

スポーツ人間学部スポーツビジネス学科2年
望月 太翔 さん

(登別明日中等教育学校出身)

サッカーが大好きで、海外のクラブや運営などにも関心があったため、コンサドーレ札幌が「コンケーンFC」とクラブ間提携パートナーシップを結んだことを知って、日頃から指導を受けている先生に相談。
アジアのサッカーについて勉強したいという熱意を伝えてルートをつくっていただき、リーグ戦のためにタイ各地を転戦するチームに25日間帯同して練習や試合の環境、チームの状況などをつぶさに見てきました。
サッカークラブの運営に携わるという夢のためには、英語力を身つけること、その国の文化を理解することが重要だと痛感し、今後の自分の課題を明確にする体験ができました。

実際に働いている方たちと話すことで、仕事のイメージが具体的になりました。

総合生活キャリア学科1年
三井 せり菜 さん

(札幌東商業高校出身)

金融関係に興味があって参加させていただいたインターンシップで、窓口での元気な対応や心遣い、明るい雰囲気などを目の当たりにし、これまで抱いていた銀行に対する堅い印象が変わりました。
女性行員の皆さんと座談会形式で話す機会もあり、実際に働いている方たちの生の声を聞けたのはとても参考になりました。仕事の様子を具体的にイメージすることができ、私も銀行で働きたいという気持ちが強まりました。

今回の体験をもとに、資格取得などにさらに意欲的に挑戦し、もっと視野を広げながら私なりのキャリアを築いていきたいと思っています。

インターンシップ派遣先(2008年~2013年まで)
一般企業
  • ANA新千歳空港株式会社
  • HTB映像株式会社
  • 株式会社JALスカイ札幌
  • 株式会社キャスト
  • JTB北海道株式会社
  • 石屋製菓株式会社
  • 株式会社オリエンタルランド
  • 加森観光株式会社
  • 株式会社紀伊国屋書店札幌本店
  • 株式会社きのとや
  • 株式会社近畿日本ツーリスト北海道
  • 株式会社グランビスタホテル&リゾート
  • 京王観光株式会社札幌支店
  • P&G マックスファクター合同会社
  • 株式会社京王プラザホテル札幌
  • 株式会社コナミスポーツ&ライフ
  • 株式会社サッポロドラッグストアー
  • 鶴雅グループ 株式会社阿寒グランドホテル
  • 株式会社ツルハホールディングス
  • SMBC日興証券株式会社
  • ホーマック株式会社
  • 株式会社北洋銀行
  • 株式会社星野リゾート・トマム
  • 株式会社北海道観光物産興社
  • 株式会社北海道銀行
  • 株式会社北海道フットボールクラブ
  • 丸善株式会社札幌支店
  • 株式会社プリンスホテル など
  •  
NPO、その他法人、財団、行政
  • ふるさとインターンシップ(各地自治体)
  • 札幌清田整形外科病院
  • さっぽろ健康スポーツ財団
  • 財団法人札幌国際プラザ
  • 札幌市教育委員会
  • 一般社団法人シーニックバイウェイ支援センター
  • 社団法人定山渓観光協会
  • NPO法人「飛んでけ!車いす」の会
  • 財団法人日本ユニセフ協会北海道支部
  • 財団法人北海道YMCA
  • 北海道教育庁
  • 財団法人北海道盲導犬協会
  • 社団法人北方圏センター など
  •