student life 学生サポートルーム

お知らせ

ご相談方法について

新型コロナウイルス感染症予防のため、一部入室を制限させていただいております。
当面のご相談方法については、Zoomまたは電話とします。
予約優先ですので、まずは以下の電話または相談受付フォームよりご連絡下さい。


1.直通電話 011-887-6719

2.相談受付フォームはこちら >>

【開室時間】平日9:00~17:00
※相談受付フォームからご連絡をいただく時間によっては、返信が翌日、土日祝日明けの平日になることがあります。

生活にお悩みのある学生へ

生活にお悩みのある学生へ
※クリックするとPDFでご覧になれます。

ノート・PCテイカー募集中!

詳しくは学生サポートルームまで!

学生サポートルームとは

日常・学生生活に関する相談窓口

日常・学生生活に関する相談窓口

学生サポートルームでは、障がいを抱える学生や困りごと、心配ごとのある学生が修学支援(合理的配慮)、日常生活にかかるさまざまな相談、授業、成績、お金のこと、サークル、アルバイト、友人、恋人、家族、先生などの人間関係についてなど、キャンパス・ソーシャル・ワーカー(福祉の専門家)に相談ができる場所です。

本学の学生・教職員であれば、どなたでも相談することができ、特別な事情を除いては、学生サポートルーム内で話した内容が外部に漏れることはありません。

学生サポートスタッフ(障がいを抱える学生の支援)の募集と育成

学生サポートスタッフ(障がいを抱える学生の支援)の募集と育成

大学生活の中で抱えている悩みや困りごとを一緒に解決をはかることはもちろん、養成講座ではPCテイク、ノートテイク、ポイントテイク、車いす介助を仲間と一緒に楽しく学び、障がいを抱える学生の支援を行います。

各種イベントの開催と室内の利用

各種イベントの開催と室内の利用

また、調理実習、スポーツプログラム、フィールドワークなど充実した研修や手話講座、各種福祉イベントを行う研修セミナー室やボランティア作業スペース、支援が必要な学生のリラックスできる空間も完備されています。

安心してご利用ください。

対象者について

1.在学生 学生生活の基盤となる「日常生活や学生生活に関する相談」を受けつけます。普段、困ったり悩んだりしていることについてキャンパスソーシャルワーカー(福祉専門職)が対応いたします。
2.入学希望・予定の方 本学では、学生に対する修学支援を実施しています。本学への入学を希望・予定されている方で「合理的配慮の提供内容は?」「どんな支援があるの?」と心配されている方は学生サポートルームへご相談ください。
3.保護者の方 1.2.の保護者の方からの相談も承っております。お子様の障がいや病気により学生生活での心配事や「合理的配慮」を検討される保護者の方は学生サポートルームへご相談ください。

合理的配慮(修学支援)について

授業など大学が提供するさまざまな機会を、すべての学生が平等に得るための工夫。それが『合理的配慮』です。『合理的配慮』の申請先は、1号館2階 学生サポートルームです。授業を受けることについて、心配ごとがある方は、まず相談ください。

本学の合理的配慮の流れ

サポートの流れ

『合理的配慮』の例

①紙のいらないデジタルボード 指先でも書けて、コミュニケーションツールとしても利用されている電子メモパッドの貸し出し。
①【紙のいらないデジタルボード 】指先でも書けて、コミュニケーションツールとしても利用されている電子メモパッドの貸し出し。
②耳の聴こえづらい方 聴覚アクセシビリティーのデジタルワイヤレス補聴援助システム
②【耳の聴こえづらい方】 聴覚アクセシビリティーのデジタルワイヤレス補聴援助システム
③視力の弱い方 視覚アクセシビリティーの映像と音声認識技術によるコミュニケーション支援
③【視力の弱い方】 視覚アクセシビリティーの映像と音声認識技術によるコミュニケーション支援
④病気や障がいにより歩行が困難な方 座席指定で、出入り口付近の席で授業を受けられます。
④【病気や障がいにより歩行が困難な方】 座席指定で、出入り口付近の席で授業を受けられます。
⑤情報を記憶するのに機材が必要な方 入力支援で必要なキーボードの貸し出しを行います。
⑤【情報を記憶するのに機材が必要な方】 入力支援で必要なキーボードの貸し出しを行います。

学生サポートルームのQ&A

Q:相談方法は? A:新型コロナウイルス感染予防のため、当面のあいだ相談方法は電話かメール(相談受付フォーム)により受け付けております。
Q:キャンパスソーシャルワーカーってどんな人? A:本学では「社会福祉士」「精神保健福祉士」の国家資格を持つ専門職員を配置しています。
Q:どんな相談でものってくれますか? A:大学に係ることから、日々の生活のこと食事のメニュー決めなど、困りごとがありましたらまずはご相談ください。一緒に考え解決を目指しましょう。
Q:合理的配慮を受けるには、何が必要? A:医療機関への受診が証明できるもの(診断書・領収証etc)。ない場合もご相談ください。
Q:合理的配慮の内容はどう決めるの? A:キャンパス・ソーシャルワーカー(学生サポートルーム)と一緒に相談しながら決めていきます。
Q:どんな配慮も受けられるの? A:実現可能な配慮を検討しましょう。

お問い合わせ・アクセスについて

お電話でのご相談は

札幌国際大学学生サポートルーム窓口
011-887-6719

メールでのご相談は下記ボタンより

受付時間について

平 日  9:00am~17:00pm
※土曜・日曜・祝日・他臨時休業日はお休みです

学生サポートルームへのアクセスMAP

サポートルームの場所イラスト