• TOP
  • ニュース一覧
  • 本学教員の日本オリンピック委員会強化スタッフ選定について

2021/02/09 大学より

本学教員の日本オリンピック委員会強化スタッフ選定について

本学教員の日本オリンピック委員会強化スタッフ選定について

本学スポーツ人間学部スポーツ指導学科 阿井英二郎教授、人文学部心理学科臨床心理専攻 佐藤徹男准教授がコンサドーレ男子カーリングチームの強化スタッフ(医・科学スタッフ)として選定されました。

2022年開催予定の北京オリンピックに向けての選手強化スタッフとなります。同チームは2月8日から始まっている日本カーリング選手権大会にて日本代表権をかけて争い、その後の世界選手権にて上位成績を収めればオリンピック出場が決まります。

スポーツ心理学、コーチングを専門とする阿井教授とカウンセリング心理学、臨床心理学を専門とする佐藤准教授2人の教員が同チームのメンタルトレーニングコーチとして選手をサポートしていきます。

教授からは技術も経験も豊富な選手たちなので、強くするというよりは持っている力を当然に出せるよう協力したい。より高みを目指す手助けになればと話します。


阿井英二郎教授(スポーツ指導学科)

阿井英二郎教授(スポーツ指導学科)

ヤクルトスワローズ、千葉ロッテマリーンズにて投手として活躍後、高校教諭を経て、北海道日本ハムファイターズ一軍ヘッドコーチに就任。

筑波大学大学院修了後、2019年1月より本学スポーツ指導学科教授に就任。

スポーツ心理学、コーチング学、リーダーシップ論を専門として2020年4月からは佐藤准教授と共に道内の高校の部活動に所属する生徒に対してSelf Growth Program(自己成長のプログラム)を実施する。2020年9月より同チームメンタルトレーニングコーチに就任。

昨年12月に行われたワールドカーリングツアージャパン日本TOPチーム強化試合IN軽井沢にて優勝を飾った本学カーリングチームの青木選手も阿井教授のゼミにて学ぶ。


佐藤徹男准教授(心理学科臨床心理専攻)

佐藤徹男准教授(心理学科臨床心理専攻)

札幌の高校を卒業後、心理学を学ぶためにアメリカへ渡る。ルイビル大学大学院にてカウンセリング心理学の博士号を取得。

アメリカでは医療機関、教育機関、地域コミュニティにてカウンセリングや心理教育等を実践。その後帰国し、2019年4月より本学人文学部臨床心理専攻准教授に就任。

カウンセリング心理学、臨床心理学、臨床児童心理学を専門として2020年4月からは阿井教授と共に道内の高校の部活動に所属する生徒に対してSelf Growth Program(自己成長のプログラム)を実施する。

2020年9月より同チームメンタルトレーニングコーチに就任。


令和3年2月7日付け北海道新聞朝刊記事
北海道新聞社許諾D2102-2108-00023373

一覧へ戻る