2020/12/23 学部・学科

就職が決まりました(子ども心理)

子ども心理専攻の就職状況は、今年度も間もなく100%に届こうとしています。そこで、就職が決まった4名の学生より

「就職活動を振り返って~就職先の選び方、試験に向けての準備・努力したこと~」

「今後の抱負~このような保育者を目指します!~」

のコメントをいただきました。



< 札幌国際大学付属認定こども園に就職が決まった Iさんより>

「就職活動を振り返って」

なぜ私が札幌国際大学付属認定こども園を選んだのかというと、まず園選びをする段階で、保育園や幼稚園での実習を通じて幼稚園や認定こども園にしようと決めたからです。その上でどこの園にするか迷い、学校に来ている多くの園からの求人票を見たり、アドバイザーの先生に何度も相談をしたりしました。そこで先生から大学の付属幼稚園が新しく認定こども園として開園するので、そこはどうかと聞かれ、自分で色々調べたり、実習で付属幼稚園の雰囲気や先生方の姿を見ていたのでここを受験しようと決めました。

 面接に向けて、どんなことを聞かれてもある程度答えられるように、自分の性格や長所・短所を再確認したり、今までの先輩が面接で何を聞かれたかまとめておくなどしました。

「今後の抱負」

認定こども園が新たに開園するということで、新たなものを1から作ることに積極的にチャレンジしていきたいと思っています。そして、子どもたちに体を使って遊ぶことの楽しさを伝えることができる保育者を目指していきたいです。最近の子は外遊びよりも室内で遊ぶ(ゲームや動画を見るなど)ことが多く、保育園や幼稚園以外ではなかなか体を動かす機会が減っていると思うので、家でも簡単にできる運動遊びなどを伝えてあげられるといいなと思っています。



<札幌市内私立幼稚園に就職が決まった Sさんより>

「就職活動を振り返って」

自分のしたい保育とは何か、どう言った保育者になりたいかをまず明確にすることで、私は自分が働きたいと思う園を決めることができました。就職活動をするにあたり、念頭に置いていたのは、「様々な園に見学に行くこと」です。保育を肌で感じることは、園選びにおいてとても重要だと私は思いました。HPや就職フェアでのお話でも詳しく園についての情報を知ることができますが、子どもたちの様子や、先生方の子どもとの関わりを実際に目にすることで、園の雰囲気や保育方針についてしっかりと知ることができました。

「今後の抱負」

私は、子どもの「やってみたい!」という意欲を受け止め、子どもと共に様々なことに挑戦していきたいです。また、ひとつの発見をさらに展開し「なぜだろう」「どうしてだろう」という子どもの探究心、好奇心を大切にできる保育の実践を目指します。他人にも自分にも思いやりの気持ちを持ち、自分で考え表現することのできる子どもの成長を願い、採用していただいた園で日々の保育を行いたいです。



<札幌市内の養護施設に就職が決まった Kさんより>

「就職活動を振り返って」

私が児童養護施設を選んだ理由は、児童養護施設の実習で、仕事に対するやりがいや子どもと触れ合う楽しさを感じました。この仕事は子どもの生活まるごとを支えるとても重要な仕事だと実感し、決め手となりました。園を選ぶ際は、ホームぺージを拝見したり、友人やアドバイザーの先生に園の様子などを伺ったりして決めました。

就職活動では、筆記試験と面接がありました。筆記試験では児童養護施設で働く上で基本的な知識や大切なことを自分なりの言葉でまとめ、答えられるようにしました。面接では、自分が持っている得意なことや長所が活かすことができるよう、相手にしっかり伝えられるようにしました

「今後の抱負」

私は子どもの喜びや達成感を共有できる保育者を目指していきたいと思います。そのために、子どもと同じ目線に立ち、一人ひとりの気持ちに寄り添いながら関わっていきたいです。また、私は16年間スポーツをやってきた経験があるので、鍛えてきた体力を活かし、子どもと共に体を動かしたりする中で信頼関係を築いていきたいと思います。



<札幌市の保育士試験に合格した Sさん>

「就職活動を振り返って」

短大の同期で、札幌市職員として保育士をしている友人の話を聞いて、安定して長く働けることと、転勤があるため、一つの園だけでなく他の公立の園でも働けるということが魅力だと感じ、受験を決めました。

公務員試験は筆記試験と面接試験があり、特に筆記試験の勉強はとても大変でした。大学の勉強とは全く違うので、参考書を買って毎日少しずつ勉強をして、参考書を一周したら間違ったところと苦手や分野をもう一度やり直すようにしていました。

面接は2回行われるのですが、事前に提出する面接カードの内容以外にも幅広く聞かれます。想定していなかったことを聞かれることもあり、答えを困った質問もありましたが、相手の目を見て自分なりの考えをしっかり伝え、自信を持って笑顔で答えることを意識して面接に臨みました。

「今後の抱負」

私は子ども達一人一人に真摯に向き合い、子ども達の行動や表情などの小さな変化にも目を向け、子どもの心に寄り添える温かい保育者になりたいと思っています。また、保育者が一方的に何かをやらせるのではなく、子ども達の育ちや興味・関心をもとにして遊びや活動を考えたり、季節や日本の文化・行事も取り入れながら様々な活動を展開していける保育者を目指して、子どもと一緒に成長していけるよう日々の保育に取り組んでいきたいと思います。



4月から保育士、幼稚園教諭、保育教諭として歩み始める皆さんのコメントが、後輩の方へのエールとなれば幸いです。

内定、おめでとうございます。

2020.12.23 (aika)

一覧へ戻る