2021/08/10 学部・学科

【総キャリ】模擬披露宴を授業内で開催!

総合生活キャリア学科では、社会で活躍できる人材となるために、授業内で業務体験を取り入れています。
今回は、ブライダル産業について学ぶ「ブライダル実務・演習」内で行われた、模擬披露宴のレポートです。


総合生活キャリア学科にはブライダル産業に関する授業として、1年次に「ブライダル実務」、2年次に「ブライダル演習」の2科目をカリキュラムに設定しています。
1年次のブライダル実務では、結婚式や披露宴に関する基礎知識、マナーなどを学び、2年次ではブライダル業界事情や業務についてを学んでいきます。

特にブライダル演習では、学生が運営・参加する模擬披露宴(テーマウエディング)を毎年実施しています。学生間のコンペによりテーマを決定し、学生を新婦役として、また他の学生がスタッフ・参加者となって、披露宴の進行などを行っています。

この模擬披露宴が7月22日に、本学の連携協定先でもある、センチュリーロイヤルホテル(札幌国際観光株式会社)にて行われました。

今年度は「空」をテーマに、披露宴をプロデュース。ウェルカムボード、会場の装飾、プロフィール紹介ビデオ、ペーパーアイテムなど、チームに分かれて、全て学生が計画し作成しました。

会場となるセンチュリーロイヤルホテルのシェフがプロデュースしてくださった、特別ランチコースを楽しみながら、披露宴は進行していきます。今回の披露宴では、参加者役の学生もドレスかスーツを着用して参加しました。

コロナ禍が続く中で、学内の友人ともなかなか会えない日々が続いている中で、このような授業機会は数少ない貴重な思い出作りになったかもしれません。


今回の模擬披露宴は、全員のマスク着用(一部撮影時を除きます)、手指消毒の徹底、座席配置等のソーシャルディスタンスに配慮して実施しております。

一覧へ戻る