2021/06/26 学部・学科

観光学部ゼミフィールドワークinニセコエリア倶知安町

「国際交流」や「観光英語」をテーマに取り組む観光学部4年池見ゼミと陳ゼミが合同で、6月21日にフィールドワークに行ってきました。

リゾートホテルを訪問

外国人観光客や海外からの移住者が多く国際化が進んでいる北海道ニセコエリアの倶知安町にて、チャトリウムニセコジャパン様を研修訪問させていただきました。
ホテルのフロント、セールス、接客対応など、各種業務内容に関する情報収集を行い、施設内の見学や、関係者へのヒアリングを行いました。大きな窓から見える美しい景色にキッチン付きの広々とした客室、24時間開放しているジム、ウィンタースポーツグッズの貸出コーナー、冬季期間中宿泊者のシューズを温める装置を備えた専用ロッカールームなど、学生たちは興味津々で見学して回りました。

オーストラリア出身のマイルズさんの英語による説明に熱心に耳を傾けながら、必死にメモを取っていました。

ホテルスタッフからの講話

さらに、スタッフの方々からこれまでの経歴や体験談、現在のお仕事やポストに至るまでの過程、職務上大事にしていることなどについてのご講話をいただきました。

観光業で働く方のキャリア形成に関するお話は、現在就活中や将来の進路を模索中の4年生にとって、大変貴重で良い刺激になりました。
ステイホームによる遠隔授業から久しぶりに離れ、フィールドワークに活き活きと参加している学生たちの様子はとても印象的で、大変有意義な時間を過ごすことができ、学ぶことが多く楽しい一日でした。

研修を受け入れてくださったチャトリウムニセコ様、本当にありがとうございました。

6月22日道新小樽・後志版に掲載

北海道新聞社許諾D2106-2112-00023853

一覧へ戻る