• TOP
  • ニュース一覧
  • 遊佐学科長、地域活性化伝道師情報更新について【総合生活キャリア学科】

2021/05/18 学部・学科

遊佐学科長、地域活性化伝道師情報更新について【総合生活キャリア学科】

内閣府 地域活性化伝道師として登録されている本学短大「総合生活キャリア学科」遊佐順和学科長のプロフィール情報が更新されています。

総合生活キャリア学科長 遊佐順和(ゆさ よりかず)

前職はホテル勤務。

それ以前には航空会社、メーカー(東京)などで実務経験を積み、(本学の)観光学部観光ビジネス学科での勤務を経て、本学科に着任。

担当授業は北海道論、キャリア形成、ビジネス実務総論、北海道のフードビジネスなどの講義科目から、国内フィールドワーク(本年度は沖縄訪問を予定)やインターンシップなども担当しています。

様々な企業での勤務経験を活かし、学生のキャリアプランをサポートするとともに、学外では、内閣府地域活性化伝道師や全国和食連絡会議「和食」地域特派員を務めております。

地域活性化伝道師

「地域活性化伝道師」派遣制度とは、地域活性化に向け意欲的な取組を行おうとする地域に対して、地域興しのスペシャリスト(地域活性化伝道師)を紹介し指導・助言などを行うものです。

活用方法:
(1)各自治体及び団体等が、課題解決への取組みに適した伝道師を選び、任意に招へいや相談を行う。

(2)地方創生推進事務局が、「総合コンサルティング支援」の一環として、取組熟度が相当程度高く、支援する意義が特に高いと判断される場合に、地域活性化伝道師を当該地域へ派遣する。

一覧へ戻る