2021/03/30 学部・学科

Zoom体験会を実施しました【総キャリ】

2021年度の本学の授業は原則として、新型コロナウイルス感染防止に配慮しながら、「対面授業(通学して教室で授業を受ける形態)」を実施する予定となっています。

しかし、感染者が急増して自治体からの要望があった場合や、感染の拡大が懸念される場合などは「遠隔授業」に変更して、授業を継続することも決定しています。

2020年度は突然のウイルス流行により、緊急の対応として入学式は中止、授業開始が5月に遅れ、春学期はすべて遠隔授業となったわけですが、その際に問題になったのが「大学・学生の双方とも、遠隔授業の準備がすぐにできなかったこと」でした。

何事も「備えあれば憂いなし」とはよく言ったもので、準備をしておけば安心して事を進められるものです。

そこで、総合生活キャリア学科では、4月から入学する予定の方を対象に「Zoom体験会」を実施しました。

遠隔授業を再現し、画面の表示や音声などを確認してもらいました

本学では遠隔授業にZoom(Zoom Video Communications Inc.)を導入しています。Zoomはパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットからも参加することが簡単にできるため、多くの企業・団体が採用しているビデオ会議システムです。

今回のZoom体験会では、遠隔授業を行った際に「どのように画面が見えるのか?」「音声を聞き取ることはできるのか?」「ネット接続回線の影響はあるのか?」などを、入学予定者のみなさんに自ら確認してもらい、わからないことや心配な点を事前に抑えてもらうことを目的にしています。

もちろん、学内での感染拡大がなければ、遠隔授業は行われず対面授業のまま、進められることとなるのですが、昨年は遠隔授業の利点についても認識されたことから、対面+遠隔のハイブリッド授業、が予定されている科目も存在します。

今後、総合生活キャリア学科では、学生の学修につながる、最適な授業の方式・形態について、検討を重ねてまいります。

一覧へ戻る