札幌国際大学について

about 人文学部 現代文化学科 篠崎 敦史

学部・学科名
人文学部 現代文化学科
教員名
篠崎 敦史
1)略歴:最終学歴:職歴 ・近畿大学 文芸学部 卒業
・関西学院大学大学院 文化歴史学専攻(日本古代史) 満期退学
・私立高等学校・中学校 非常勤講師(社会科)
・札幌国際大学 助教
・札幌国際大学 講師
2)学位 平成18年 学士(文学〔近畿大学〕)
平成21年 修士(歴史学〔関西学院大学大学院〕)
令和3年 博士(学術〔総合研究大学院大学〕)
3)資格:オプション(専門分野、教育分野に関わるもの) 高等学校教諭専修免許状(地理歴史)
高等学校教諭1種免許状(公民)
中学校教諭専修免許状(社会)
4)担当科目 「日本史」「日本史概論」「近現代日本史」「日本文化論」「日本文化特講」
5)専門分野 日本史(日本古代史)
6)研究テーマ ・10~13世紀の日本外交史
7)所属学会 大阪歴史学会、続日本紀研究会、史学会、日本史研究会、日本歴史学会、九州史学研究会、海域アジア史研究会
8)著書、論文、発表、作品等 ・「東丹国使について」(『続日本紀研究』384号、2010年)
・「刀伊の襲来からみた日本と高麗の関係」(『日本歴史』789号、2014年)
・「高麗王文宗の「医師要請事件」と日本」(『ヒストリア』248号、2015年)
・「十~十一世紀の日宋交渉と入中僧」(『ヒストリア』255号、2016年)
・「日本古代の外交と公使宴会儀式」(『札幌国際大学紀要』48号、2017年)
・「平安時代の渡海制と成尋の“密航”」(『史学雑誌』126-8号、2017年)
・「平清盛の対宋外交の歴史的位置」(『北大史学』58、2018年)
・「日本古代の遣外使節と所持薬物」(金子修一先生古稀記念論文集編集委員会編『東アジアにおける皇帝権力と国際秩序』所収、2020年、汲古書院)
9)メッセージ、個人ホームページ等:
オプション(研究テーマ・活動の紹介)
 現在われわれが「日本的」と思うものの多くは、中国や朝鮮半島、ヨーロッパなどの外部との交流の中、はぐくまれたものです。代表例が、漢字や仏教、絵画や茶道などです。そのため、日本の歴史を考える上では日本列島にとどまることなく、常に国際的な視点とその背後にいた人びとの姿に思いをはせていくことが大切です。

 現代文化学科では、このような視点から、学生が興味、関心を持った「歴史」がどのような国際的環境の中ではぐくまれ、「現代」においていかなる意味を持つのかについて考えることに力点を置いています。

お仕事、ご質問などは下記のアドレスより
atsushi-shinosaki@ts.siu.ac.jp