大学からのお知らせ

旅プロデュース部周遊モデルルートを提案!

1月31日(金)観光学部池見ゼミと藤崎ゼミで構成された旅プロデュース部が北海道新幹線×nittan(胆振・日高)地域戦略会議の皆様、㈱リクルート北海道じゃらん様をお招きし、胆振日高エリアの周遊ルート提案を行いました。

nittanエリアからは厚真町産業経済課、平取町教育委員会文化財課、室蘭市経済部観光課、登別市観光経済部、伊達市企画制作部企画課、苫小牧市総合政策部政策推進課から8名、㈱リクルート北海道じゃらんから3名の方々にご参加いただきました。

北海道新幹線の開通と民族共生象徴空間(ウポポイ)の開業に伴い、nittanエリアの魅力を若い目線で発信すべく、事前に観光スポットを調べ、現地調査をし、周遊ルートを作成しました。

提案後、ターゲットの設定について、観光場所の営業時間について、ルート自体について様々な意見が出され、見つかった課題を今後のじゃらん紙面作成に向け、再検討していきます。