大学からのお知らせ

【国際センター】観光シンポジューム、Holmesglenとの交流協定調印式締結へ

11月26日(月)本学にて観光シンポジューム・Holmesglenとの交流協定調印式が行われました。

11時から行われた調印式ではオーストラリア領事グリーン氏、Holmesglen CEOメアリー氏から挨拶を頂き、その中で観光業界の人材確保の課題が上げられました。

北海道では年間観光客数を現在の2,600万人から2020年までに4,000万人まで増加させることを目指しております。

そこでHolmesglenの持つ専門知識や技能を活かし、本学の観光学部の学生の人材育成を目指していく予定です。

すでにインターンシップで学んでいる学生もおり、交流は始まっております。

また、13時からは2号館2階創風にて観光シンポジュームが開催されました。

観光現場で求められている世界水準の観光ホスピタリティ人材育成という目標を達成するために講師をお招きし、講演をしてもらいました。

◆講師:上田 昌司氏(北海道観光振興機構 次長)
メアリー・ファラオーニ氏(TAFE 州立職業訓練専門学校ホルムズグレンCEO)
川名 典人氏(札幌国際大学観光学部 学部長)

◆パネラー:トム・スタフォード氏(TAFE ホルムズグレン)
上田 昌司氏(北海道観光振興機構 次長)
遠藤 正氏(学校法人札幌国際大学総合研究所)

今後需要が増す観光業界の土台を担えるよう本学としても人材育成に力を入れていきます。