大学からのお知らせ

穂別高校 学校見学

10月第2回開催の学校見学は穂別高校から生徒さん7名と引率の先生が来校されました。

大講堂「創風」にて入学センター職員によるオリエンテーションと大学・短大の概要や高校との違いについて映像を観ながら分かりやすく学びました。

 

その後、観光学部観光学科の川本光弘先生の「温泉文化論」の授業を見学。東欧で温泉は入浴と同様、飲むことも重視されていることを踏まえて、その際の注意や資料の「ひと目でわかる症状別の泉質選択表」を参考にして、安全で快適な温泉の効能を調べて家族などに教えてあげようとお話がありました。

 

昼食は学食を体験。

午後からのキャンパスツアーでは、先輩と一緒に札幌ドームのグランド面積6個分の広さがある敷地内の建物や設備を見学。図書館では、保育に興味のある生徒さんたちが絵本を閲覧したり、地下にあるシアターでは音楽や演劇の話で盛り上がっていました。

 

先輩との座談会では、「進路を決める際にオープンキャンパスに参加して興味のあることを探し、残りの高校生活で勉強や学校活動を通して自信をもてる自分になって大学に来てほしい」と話がありました。

 

キャリアのお話&ゼミ見学ではスポーツ人間学部スポーツビジネス学科の原一将先生のゼミにおじゃまして、ゼミ生たちと進路選択の体験談やキャンパスライフについて意見交換をしました。

 

原先生から、「スポーツはプレーヤーだけで構成されているのではなく、運営する人、応援する観客がいて成り立っています。ゼミでは、スポーツを通して人やこれからの働き方などを研究しています。皆さんはこれから様々な人と出会うことで将来の方向づけやたくさん吸収することが生まれて、その可能性は無限大です。」とエールを送られました。

 

 

スポーツ指導学科の本多理紗先生の「レクリエーション実技」では第一体育館にて学生たちと「ドッチビー」を体験。布製のフライングディスクを使って、明るく優しい先輩達と思いっきり汗を流して楽しい時間を過ごしました。

 

最後は本日の感想を記入して日程を終了。穂別高校みなさん、お疲れさまでした。

 

本年度最後のオープンキャンパスが10月21日(土)に開催されます。お友達や保護者の方もお誘い合わせの上、お気軽にご参加ください。

ご来場お待ちしています!

10/21のオープンキャンパスの詳細はこちらをクリックしてください。