大学からのお知らせ

遠軽町 瞰望大学公開講座「遺跡からみた北海道の歴史」縄文世界遺産研究室の越田賢一郎室長が講師として講演しました。

 遠軽町 瞰望大学公開講座「遺跡からみた北海道の歴史」
DSC01023
2月3日(金)に遠軽町で行われた埋蔵文化財講演会に、縄文世界遺産研究室の越田賢一郎室長が講師としてご講演しました。
遠軽町は黒曜石の産地としてとても有名で、町内には旧石器時代の遺跡が数多くあります。
瞰望大学は、遠軽町の高齢者の方たちの大学です。書道や絵画などの講座があり、クラブ活動にも意欲的に取り組んでいます。
今回の講演会では約80名の方が参加し、メモを取りながら熱心に遠軽町の遺跡や縄文文化について学んでいました。