大学からのお知らせ

札幌国際大学大学院心理学研究科 発達臨床・保育講演会のお知らせ!

英国ポーツマス大学心理学科教授 Dr.ヴァスデビ レディ先生をお迎えし、『赤ちゃんは心を読んでいる』というタイトルで、発達臨床・保育講演会を5月1日(火) 15:00~開催いたします。開催・申込みの詳細はチラシをご覧ください

「Dr.ヴァスデビ・レディ先生」は乳幼児発達心理学、文化心理学を専門とされ、イギリスとインドをホームグラウンドとして活躍されています。
今回、日本発達心理学会のために来日されました。本学大学院で発達心理学を担当する中野茂教授が旧知の仲であり、レディ先生の著書を教科書としてお使いになることなどから、今回の特別講演会が実現いたしました。
私たちは、誰でも「自分の心を持っていて、お隣のあなたにも同じような心がある!」と確信しています。
前を歩いている誰かが、突然空を見上げれば、「オヤ?!」とあなたも空を見上げます。前の誰かが何かに気づいて? 不思議に思って? 驚いて? 楽しくなって? 何かを見ている。そすると、あなたも同じものに注目するために視線を移します。
どうしてこのようなことができるのでしょう。目の前の人が手を上げて何かを指差した時に、あなたはその指先をじっと見詰めるのではなく、指先の、その先に何があるか視線を移すのは、どうして可能なのでしょう。
レディ先生の研究テーマは、「体の動きから他者の意図を読み取る能力の起源と発達を探る」ことです。
発達心理学や、社会心理学、幼児教育・保育を学び実践している皆様に限らず、人間は素晴らしいな!心って不思議だな!と思っていらっしゃる皆様のご来場をお待ちします。

札幌国際大学大学院心理学研究科