幼児教育保育学科
資料請求 オープンキャンパス Facebook LINE@

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

学位:短期大学士(幼児教育)

幼児教育保育学科は現代の保育に必要な理論や技術を身に付け、共感的な感性と知性に支えられた、人間性豊かな保育者を養成することを目的としており、所定の期間在学し、学科の教育理念、教育目標に沿って設定した授業科目を履修して、所定の単位数を修得し、卒業までに下記に示す姿勢や能力を身に付けた学生に卒業を認定し、学位規則に従い短期大学士の学位を授与する。

  1. ①子どもの安全を守るための適切な配慮ができる学生
  2. ②子どもの発達段階にあった保育ができる知識と技術を身に付けている学生
  3. ③子どもの健やかな育ちのために、必要な保護者支援ができる学生
  4. ④保育者の社会的な使命を自覚し、責任ある行動をとることができる学生
  5. ⑤保育者に求められる態度・姿勢と、社会人に必要な教養を身に付けている学生

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

幼児教育保育学科は、現代の保育に必要な理論や技術を身に付け、共感的な感性と知性に支えられた、人間性豊かな保育者を養成することを目的としており、学生が卒業までにこの目的を達成するための教育課程を下記に示す教育課程編成・実施の方針に基づき設定する。

  1. ①高大接続の観点から、短大教育への円滑な移行を促すため、初年次教育の充実を図る。
  2. ②2年間の学修により保育者として必要な基礎力を身に付けることを目的として、子どもの健やかな成長を支えるための科目、子どもへの教育をおこなうための科目、保護者を支援するための科目、社会人として必要な教養を身に付けるための科目を設定する。
  3. ③本学科の教育を特徴づけるため、学びの土台を育てる「子どもの遊び演習」、「ことばの力」や、学生の興味・関心をさらに高める「保育プロジェクト演習」、「表現課題演習(基礎)」などを設定する。
  4. ④理論、演習、実習のそれぞれの科目を適切に配置し有機的に連関させることを目的として、自分が学んでいる科目がどのような意味をもち、どのような到達目標があるのかを自覚できる「カリキュラム・ステップ」を設定し、科目を配置する。
    ステップ0「学びへの期待を高める」
    ステップ1「保育という仕事を知る」
    ステップ2「子どもを知る」
    ステップ3「保育の方法を知る」
    ステップ4「保育者支援を知る」
    ステップ5「保育者としての仕上げをする」
  5. ⑤演習、実習、インターンシップ等を通じた実践的・体験的な学びを重視し、能動的・自主的な学修の充実を図る。
  6. ⑥キャリア形成の観点から、キャリア科目を体系的に設定し、社会的・職業的自立に必要な能力・態度を育む。
  7. ⑦成績評価の公正さと透明性を確保するため、シラバスに記載する成績評価基準・方法等および学則、規程等に定める所定単位修得により学修成果を評価し、その客観性を担保するため、複層的な積み上げによる多面的・総合的な成績評価を実施する。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

幼児教育保育学科は、現代の保育に必要な理論や技術を身に付け、共感的な感性と知性に支えられた、人間性豊かな保育者を養成することを目的としている。

【求める学生像】

本学科は、上記のような人材を育成するため、本学科の目的に賛同し、本学科の教育に関心を持つ、以下のような人を受け入れる。

  1. ①保育者としての社会的意義を理解し、子どもへの保育や保護者への支援を積極的に学びたいと強く望む人
  2. ②保育者として求められる知識や技能を、自らの努力および仲間との協同を通して身に付けていこうとする人
  3. ③保育には、子どもの生命の安全を守るという側面と、子どもの育ちを促すという側面がある。それらを学ぶ力が備わっている人
  4. ④保育の現場では保育者同士の協力が必要であり、良き保育者となるために、仲間と一緒に学び合っていくことができる人
  5. ⑤保育者としての責任と使命を知り、よりよい保育者を目指して自らの人間性や資質・能力を高め続けることができる人
  6. ⑥子どもの健やかな育ちを支えるために向上心をもち、常に学び続ける意欲がある人
  7. ⑦本学科の幼児教育保育に関する体系的・実践的なカリキュラムの下、身に付けた幅広い教養、専門的知識、技能、論理的思考力、コミュニケーション能力、表現力を生かし、幼児教育保育分野における課題を主体的に探求し、地域社会に貢献することのできる人

なお、本学科への入学を希望する人は、高等学校の教育課程等において、次のような姿勢、能力を身に付けていることを求める。

  1. ①学科の教育に適応できる基礎学力
    特に資料を読み解き、考えを表現し、他者との円滑なコミュニケーションを図るために、国語の基礎的能力を要する。また、保育分野において英語力が必要とされているため英語の基礎的能力も要する。
  2. ②部活動等を通じて得られた協同する姿勢
  3. ③ボランティア活動等を通じて得られた社会貢献への姿勢
  4. ④現代社会における保育の動きに目を向ける姿勢

【入学者選抜について】

札幌国際大学短期大学部は、上記の求める「学生像」を満たす人を選抜するため、本方針に基づき、多様な入学者選抜を行っており、学科別に入学者選抜を実施している。基本的には「AO入学」、「学校推薦入学」、「一般試験入学」、「大学入試センター試験利用入学」、「特別入学」であるが、詳細は2018(平成30)年度入学試験要項で公表する。

子どもに笑顔を、保護者に安心を。次は「あなた」の出番です。

学科の特色
大好きな子どもたちと一緒に、生活や遊び、学びを創造しながら成長していけるのが保育者の仕事です。
そのために必要な力を、幅広く専門性の高い授業や子どもたちと接する豊富な機会を通して、
楽しく学びながら確実に身につけます。
実習・演習を柱にした
カリキュラム
2年間で保育者としての即戦力を身につけるために、本学付属幼稚園で早い段階から実習をスタートするほか、「子どもの広場」や「わくわくフェスティバル」などのイベントで子どもと積極的に関わることで、授業の内容をより深く理解できます。
学生一人ひとりに
目を配り基礎から指導
子どものために自ら動く姿勢や、保護者の相談に対応できる能力など、現場で必要とされる基礎を徹底指導します。
「こども音楽療育士」
資格取得が可能
道内では本学のみ「こども音楽療育士」の資格取得が可能です。音楽を通して障がいを持つ子どもの援助を行うための知識・技術を学ぶことで、保育者としてより多様なアプローチができるようになります。

身につくチカラ

身につくチカラ

学びのキーワード

  • 学びへの期待
  • 保育という仕事
  • 子ども理解
  • 保育の方法
  • 保護者支援
  • 保育の即戦力

子どもにとって初めての「せんせい」になる。
幼児教育保育学科は人を
育てる人が集う学びの場です。

  • ◎子どもが好き!
  • ◎音楽や図画工作、体育などの表現領域が得意
  • ◎免許・資格を活かして
    専門職として働き続けたい
  • ◎子育て支援の担い手になりたい
  • ◎2年間で保育の即戦力を身につけたい

「学びのフローチャート」を見る

学びのフローチャート

「カリキュラム」を見る

カリキュラム・ステップのイメージ

自分が今学んでいる科目がどの段階に位置し、
どんな到達目標を示すのかをわかりやすく
示しています。

カリキュラム・ステップのイメージ

カリキュラム平成29年度生用(予定)

色分けは上記カリキュラムステップに対応
STEP 0  STEP 1  STEP 2  STEP 3  STEP 4  STEP 5

教養科目
◎基本
  • 学びの技法
  • 基本演習
  • 日本国憲法
  • 北海道論
  • 健康とスポーツⅠ
  • 健康とスポーツⅡ
  • 人間の心理
  • 現代社会論
  • 日本文化演習(茶道)
◎言語・発表
  • 外国語コミュニケーション(基礎)
  • 外国語コミュニケーション(応用)
  • プレゼンテーション演習
◎情報
  • 情報処理演習(データ活用)
  • 情報処理演習(文書処理)
◎キャリア
  • キャリア形成
  • キャリア基礎演習
専門科目
◎教育・保育の理論
  • 幼児教育総論
  • 教育課程総論
  • 教育原理
  • 保育原理
  • 保育の心理学Ⅱ
  • 教育経営
  • 社会的養護
  • 保育者論
  • 児童家庭福祉Ⅰ
  • 児童家庭福祉Ⅱ
  • 社会福祉
  • 相談援助
  • 家庭支援論
  • 諸外国の保育
◎子ども理解
  • 保育の心理学Ⅰ
  • 乳幼児心理学
  • 子どもの発達と保育
  • 乳児保育(基礎)
  • 乳児保育(応用)
  • 臨床心理
    (カウンセリングを含む)
  • 子どもの保健Ⅰ(基礎)
  • 子どもの保健Ⅰ(応用)
  • 子どもの保健Ⅱ
  • 子どもの食と栄養(基礎)
  • 子どもの食と栄養(応用)
  • 障がい児保育(基礎)
  • 障がい児保育(応用)
  • こども音楽療育概論
  • 子どもの遊び演習
◎保育の内容・方法
  • 保育方法論
  • 情報教育
  • 社会的養護内容
  • 保育臨床
  • 保育相談支援
  • 保育内容総論
  • 保育内容(健康)
  • 保育内容(人間関係)
  • 保育内容(環境)
  • 保育内容(言葉)
  • 保育内容(表現)
  • 保育プロジェクト演習
  • 保育・教職実践演習
    (幼稚園)
  • 子ども音楽療育演習
◎基礎技能
  • ことばの基礎
  • ことばの力
  • 体育実技(基礎)
  • 体育実技(応用)
  • 子どもの音楽(基礎)
  • 子どもの音楽(応用)
  • ピアノ基礎演習Ⅰ
  • ピアノ基礎演習Ⅱ
  • 子どもの図画工作
  • 身体表現
  • 造形表現
  • 表現課題演習(基礎)
  • 表現課題演習(応用)
◎実習
  • 幼稚園実習(基礎)
  • 幼稚園実習(応用)
  • 幼稚園実習指導
  • 保育実習Ⅰ
  • 保育実習Ⅱ(保育所)
  • 保育実習Ⅲ(施設)
  • 保育実習指導Ⅰ
  • 保育実習指導Ⅱ(保育所)
  • 保育実習指導Ⅲ(施設)
  • こども音楽療育実習

免許・資格は中身が大切。
だからこそどのように学ぶかを考えてみませんか。

  • 28年の伝統を受け継ぐ学生主体の
    表現イベント「わくわくフェスティバル」
  • 冷暖房完備!いつでも思いっきり練習できる
    防音ピアノ練習室(15個室)
  • 子どもの遊び空間を再現!
    授業でも活用する遊びの演習室
  • 免許・資格を活かしてこそ本物の就職実績
    就職率100%、高い専門職比率97%

    ※就職者全員に占める保育職の割合

  • 高い授業満足度と学生との対話を深める仕組みが充実
わくわくフェスティバル「オズの魔法使い」写真
わくわくフェスティバル「オズの魔法使い」
付属幼稚園実習の様子写真
付属幼稚園実習の様子

取得目標資格

  • 幼稚園教諭二種免許
  • 保育士資格
  • こども音楽療育士
就職率(平成27年度実績)
100%
高い専門就職比率
97.0%

※就職者全員に占める保育職の割合

注目の授業・ゼミナール

子どもの遊び演習
子どもの遊び演習写真 子どもにとって「遊び」は成長のために欠かせない存在です。この授業では、学生自らが子どもの遊びを体験し、遊びを通して子どもと関わる機会を設け、実習に入る前の導入教育も果たします。子どもの玩具が揃う子どもの遊び演習室も新設されました。
保育プロジェクト演習
保育プロジェクト演習写真 教員の専門性に基づき『造形遊び』『保育臨床』『子育て支援』『子どもダンス』『応用ピアノ』『訪問演奏』『遊びの工夫』などから、学生が得意な分野を伸ばしていくことを目的に開設される少人数の授業です。
ことばの力
ことばの力写真 言葉は魔法の道具にもなるし、人を傷つける武器にもなります。この授業では、このような言葉の力を様々な事例をとおして理解し、保育者としてふさわしい、生きた言葉の使い手になるための基礎的な能力を身につけます。
表現課題演習
表現課題演習写真 オペレッタや音楽舞踊劇として定着してきた「わくわくフェスティバル」(2017年度より12月に実施)を支える新しい科目です。様々なテーマ(課題)を音楽や造形で発展させ、子どもと共に学生が表現空間を作り上げていく授業です。

「実習・演習/2年間の流れ」を見る

保育現場で動ける保育者に。

学んだ知識や技術を身につけるために、「学び」「やってみる」ことを繰り返し自分のチカラにしていきます。
チカラをつけたら就職までしっかりサポート。

幼稚園実習(基礎)
幼稚園実習写真 幼稚園実習写真 幼稚園実習写真

本学付属幼稚園で、1年次6月から実習をスタート。アドバイザーグループごとに子どもたちと実際に関わり、現場の先生の対応などを見て授業と関連づけながら、保育への理解を深めていきます。

子どもの遊び演習 「子どもの広場」
子どもの遊び演習写真 子どもの遊び演習写真

大学祭「清麗祭」で心理学科子ども心理専攻の学生とともに取り組むのが「子どもの広場」。ゲームコーナーや迷路などの遊びの場をつくり上げ、子どもたちを迎えます。

ピアノ基礎演習
ピアノ基礎演習写真 ピアノ基礎演習写真 ピアノ基礎演習写真

初心者でも心配ありません。個人レッスンと集団レッスンが毎週あり、独自教材「ゆびトレ」が基礎から応用まで対応しています。

保育・教職実践演習
保育・教職実践演習写真

実習がすべて終わり、振り返りの大切さを学びます。

保育・教職実践演習写真 保育・教職実践演習写真

2年間の学びを振り返り、それぞれの課題に応じたテーマに沿って演習を行います。卒業後、保育者として活躍できるように、現場で必要な実践力を高めていきます。

表現課題演習 わくわくフェスティバル「オズの魔法使い」
わくわくフェスティバル写真

♪オズ大王に会いに行こう♪…次に会うのはライオンさん

わくわくフェスティバル写真

保育者として必要とされる企画力・表現力・実行力・調整力を養うため、2年次に全学生で取り組む本学科伝統のイベントが「わくわくフェスティバル」です。学年全体で表現活動に挑戦し、

それぞれの部門が力を合わせて準備を重ね、2日間にわたって開催。毎年、子どもをはじめ卒業生や高校生や地域の皆さんが来場し、会場は笑顔と感動でいっぱいになります。

わくわくフェスティバル写真
最後を飾る全員合唱によるフィナーレ
わくわくフェスティバル写真
エメラルドの国の家来たち
わくわくフェスティバル写真
小さな子どもも楽しめる遊びのコーナー
わくわくフェスティバル写真
指揮者も学生です
わくわくフェスティバル写真
本当は優しい魔女たち

2年間の流れ

  • 1年次
  • 2年次

ページの先頭に戻る

大学案内
  • jihee bnr
  • JACA bnr