資料請求 学科ブログ クラブ&サークル オープンキャンパス Facebook LINE@ twitter
短期大学部 幼児教育保育学科 「子どもが好き!」あなたのこの気持ちを一生の仕事に変えていくストーリーがここにあります。
短期大学部 幼児教育保育学科 「子どもが好き!」あなたのこの気持ちを一生の仕事に変えていくストーリーがここにあります。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

学位:短期大学士(幼児教育)

幼児教育保育学科は現代の保育に必要な理論や技術を身に付け、共感的な感性と知性に支えられた、人間性豊かな保育者を養成することを目的としており、所定の期間在学し、学科の教育理念、教育目標に沿って設定した授業科目を履修して、所定の単位数を修得し、卒業までに下記に示す姿勢や能力を身に付けた学生に卒業を認定し、学位規則に従い短期大学士の学位を授与する。

  1. 子どもの安全を守るための適切な配慮ができる学生
  2. 子どもの発達段階にあった保育ができる知識と技術を身に付けている学生
  3. 子どもの健やかな育ちのために、必要な保護者支援ができる学生
  4. 保育者の社会的な使命を自覚し、責任ある行動をとることができる学生
  5. 保育者に求められる態度・姿勢と、社会人に必要な教養を身に付けている学生
  6. 地域の国際化をふまえ、価値観の多様化を理解し、差別のない多文化共生の態度を身に付けている学生

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

幼児教育保育学科は、現代の保育に必要な理論や技術を身に付け、共感的な感性と知性に支えられた国際感覚と、人間性が豊かな保育者を養成することを目的としており、学生が卒業までにこの目的を達成するための教育課程を下記に示す教育課程編成・実施の方針に基づき設定する。

  1. 高大接続の観点から、短大教育への円滑な移行を促すため、初年次教育の充実を図る。
  2. 2年間の学修により保育者として必要な基礎力を身に付けることを目的として、子どもの健やかな成長を支えるための科目、子どもへの教育をおこなうための科目、保護者を支援するための科目、社会人として必要な教養を身に付けるための科目を設定する。
  3. 本学科の教育を特徴づけるため、学びの土台を育てる「子どもの遊び演習」、「ことばの力」や、学生の興味・関心をさらに高める「保育プロジェクト演習」、「表現課題演習(基礎)」などを設定する。
  4. 理論、演習、実習のそれぞれの科目を適切に配置し有機的に連関させることを目的として、自分が学んでいる科目がどのような意味をもち、どのような到達目標があるのかを自覚できる「カリキュラム・ステップ」を設定し、科目を配置する。
    ステップ0「学びへの期待を高める」
    ステップ1「保育という仕事を知る」
    ステップ2「子どもを知る」
    ステップ3「保育の方法を知る」
    ステップ4「保育者支援を知る」
    ステップ5「保育者としての仕上げをする」
  5. 演習、実習、インターンシップ等を通じた実践的・体験的な学びを重視し、能動的・自主的な学修の充実を図る。
  6. キャリア形成の観点から、キャリア科目を体系的に設定し、社会的・職業的自立に必要な能力・態度を育む。
  7. 成績評価の公正さと透明性を確保するため、シラバスに記載する成績評価基準・方法等および学則、規程等に定める所定単位修得により学修成果を評価し、その客観性を担保するため、複層的な積み上げによる多面的・総合的な成績評価を実施する。
  8. 地域社会の多文化化、国際化に対応し、様々な背景をもった人々との交流を図れるようにするため、英語力、コミュニケーション能力、多文化理解を促す科目を設定する。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

幼児教育保育学科は、現代の保育に必要な理論や技術を身に付け、共感的な感性と知性に支えられた、国際感覚と人間性が豊かな保育者を養成することを目的としている。

【求める学生像】

本学科は、上記のような人材を育成するため、本学科の目的に賛同し、本学科の教育に関心を持つ、以下のような人を受け入れる。

  1. 保育者としての社会的意義を理解し、子どもへの保育や保護者への支援を積極的に学びたいと強く望む人
  2. 保育者として求められる知識や技能を、自らの努力および仲間との協同を通して身に付けていこうとする人
  3. 保育には、子どもの生命の安全を守るという側面と、子どもの育ちを促すという側面がある。それらを学ぶ力が備わっている人
  4. 保育の現場では保育者同士の協力が必要であり、良き保育者となるために、仲間と一緒に学び合っていくことができる人
  5. 保育者としての責任と使命を知り、よりよい保育者を目指して自らの人間性や資質・能力を高め続けることができる人
  6. 子どもの健やかな育ちを支えるために向上心をもち、常に学び続ける意欲がある人
  7. 本学科の幼児教育保育に関する体系的・実践的なカリキュラムの下、身に付けた幅広い教養、専門的知識、技能、論理的思考力、言語力、コミュニケーション能力、表現力を生かし、幼児教育保育分野における課題を主体的に探究し、地域社会に貢献することのできる人
  8. 国際化が進む中で、自らのものと異なる文化や価値観を理解し、差別のない多文化共生を実現できる人

なお、本学科への入学を希望する人は、高等学校の教育課程等において、次のような姿勢、能力を身に付けていることを求める。

  1. 学科の教育に適応できる基礎学力
    特に、資料を読み解き、考えを表現し、他者との円滑なコミュニケーションを図るために、国語の基礎的能力を要する。また、保育分野において英語力が必要とされているため英語の基礎的能力も要する。
  2. 部活動等を通じて得られた協同する姿勢
  3. ボランティア活動等を通じて得られた社会貢献への姿勢
  4. 現代社会における保育の動きに目を向ける姿勢
2020年より「保育英語コース」と「保育総合コース」の2コース制となります。
保育英語コース 保育英語コース
保育総合コース 保育総合コース
子どもたちの「せんせい」へ 2年間でステップアップ 子どもたちの「せんせい」へ 2年間でステップアップ

STEP 0

子どもの遊び演習

遊びは成長に不可欠なもの。子どもと楽しく遊ぶには、自分がその楽しさを知らなければなりません。様々な遊びを体験し、楽しさを知るための授業です。

STEP 1

ピアノ基礎演習

初心者でも経験者でもそれぞれの進度に合わせて安心して取り組めるよう、教員と学生のマンツーマンレッスンの形態で行います。子どもたちと豊かな感性を持って、楽しく演奏できるように取り組みます。

STEP 2

幼児理解

幼児の生活や遊びの中で、幼児の発達や学び及びその過程で生じるつまずき、その要因を把握するための原理や対応の方法を学ぶ科目です。

STEP 3

教育と保育の方法

子どもの健やかな育ちを保障する保育の在り方を様々な角度から学びます。幼児理解に基づく保育を計画・実践し省察する力を携えた保育者を目指します。

STEP 4

社会福祉

子どもたちの保護者支援は保育者の大切な役割の一つです。この科目では、なぜ支援が必要とされているのか、広く社会の状況とかかわらせて考えます。

STEP 5

保育・教職実践演習

2年間の学びを通して、幼児を理解するための理論や方法が身についたかを振り返ります。自分の課題を見つけ改善に取り組みながら、保育者に必要な資質・能力を高めます。

カリキュラム2020年度生用(予定)

色分けは上記カリキュラムステップに対応
STEP 0 STEP 1 STEP 2 STEP 3 STEP 4 STEP 5

教養科目

基本
  • 学びの技法
  • 基本演習
  • 日本国憲法
  • 北海道論
  • 健康とスポーツⅠ
  • 健康とスポーツⅡ
  • 人間の心理
  • 現代社会論
  • 日本文化演習(茶道)
言語・発表
  • 外国語コミュニケーション(基礎)
  • 外国語コミュニケーション(応用)
  • プレゼンテーション演習
情報
  • 情報処理演習(データ活用)
  • 情報処理演習(文書処理)
キャリア
  • キャリア形成
  • キャリア基礎演習

専門科目

教育・保育の理論
  • 教師論
  • 保育の計画と評価
  • 教育課程総論
  • 教育原理
  • 保育原理
  • 保育の心理学Ⅱ
  • 教育経営
  • 社会的養護Ⅰ
  • 保育者論
  • 子ども家庭福祉
  • 子ども・家族と社会
  • 社会福祉
  • 子育て支援
  • 子ども家庭支援論
  • 諸外国の保育
子ども理解
  • 保育の心理学Ⅰ
  • 幼児理解
  • 子どもの発達と保育
  • 乳児保育Ⅰ
  • 乳児保育Ⅱ
  • 教育相談(カウンセリングを含む)
  • 子どもの保健
  • 子どもの健康と安全
  • 子どもの食と栄養(基礎)
  • 子どもの食と栄養(応用)
  • 特別支援教育・保育(基礎)
  • 特別支援教育・保育(応用)
  • 子ども音楽療育概論
保育の内容・方法
  • 子どもの遊び演習
  • 教育と保育の方法
  • 社会的養護Ⅱ
  • 保育臨床
  • 子ども家庭支援の心理学
  • 保育内容総論
  • 保育内容(健康)
  • 保育内容(人間関係)
  • 保育内容(環境)
  • 保育内容(言葉)
  • 保育内容(表現)
  • 保育プロジェクト演習
  • 保育・教職実践演習(幼稚園)
  • 子ども音楽療育演習
基礎技能
  • ことばの基礎
  • ことばの力
  • 体育実技(基礎)
  • 体育実技(応用)
  • 子どもの音楽(基礎)
  • 子どもの音楽(応用)
  • ピアノ基礎演習Ⅰ
  • ピアノ基礎演習Ⅱ
  • 子どもの図画工作
  • 身体表現
  • 造形表現
  • 表現課題演習(基礎)
  • 表現課題演習(応用)
実習
  • 幼稚園実習(基礎)
  • 幼稚園実習(応用)
  • 幼稚園実習指導
  • 保育実習Ⅰ
  • 保育実習Ⅱ(保育所)
  • 保育実習Ⅲ(施設)
  • 保育実習指導Ⅰ
  • 保育実習指導Ⅱ(保育所)
  • 保育実習指導Ⅲ(施設)
  • 子ども音楽療育実習

取得目標資格

  • 幼稚園教諭二種免許
  • 保育士資格
  • こども音楽療育士
  • 幼稚園教諭二種免許
  • 保育士資格
  • こども音楽療育士

CLOSE-UP授業

実践力を身につける

幼稚園実習(基礎)

本学付属幼稚園での実習と学内での保育実践の学びを関連させて、知識と技術を深めていきます。1年次6月から付属幼稚園での実習がスタートします。大学で学んだことを保育現場で実践し、振り返りを通して自分の課題を見つけ改善に取り組みます。子どもたちと実際にかかわったり、現場の先生の対応などを観察したりしながら保育への理解を深めます。

対応力を身につける

幼児理解

この科目では、保育の基本である幼児を理解するために、理論と方法を学びます。具体的には、幼児理解についての知識を身につけ、保育者としての考え方や基礎的態度を学びます。そして、幼児理解のための具体的な方法についても学びます。そうすることで、幼児の発達や学びの過程で生じるつまずき、その要因を把握するための原理や対応の方法を身につけます。

実技を身につける

ピアノ基礎演習

子どもにとって音楽は、日常生活の中にあふれていて楽しい活動です。保育者として、豊かな感性を持って楽しく音楽活動ができるように取り組みます。授業では、ピアノ初心者でも経験者でもそれぞれの進度に合わせて安心して取り組めるよう、教員と学生の個人レッスンの形態で行います。毎時間しっかりと練習を積み重ねていけば、必ず力が身につきます。

実践力を身につける

保育内容(健康)

子どもの健康をつくるものは「遊び」です!!子どもは、興味のある遊びに夢中になって取り組む中で、心や体が発達していきます。授業では、子どもがワクワクするような遊びや、楽しく体を動かす遊びのプログラムを体験し、その指導方法を学び、演習形式にて実践する力を身につけていきます。その他、幼児期の心や体の発達、運動の発達、基本的生活習慣や安全について学びます。

保育現場で動ける保育者に

学んだ知識や技術を身につけるために、「学び」「やってみる」ことを繰り返し自分のチカラにしていきます。
チカラをつけたら就職までしっかりサポート。

表現課題演習
わくわくフェスティバル
「もう一度会えたなら」

保育者として必要とされる企画力・表現力・実行力・調整力を養うため、2年次に全学生で取り組む本学科伝統のイベントが「わくわくフェスティバル」です。学年全体で表現活動に挑戦し、それぞれの部門が力を合わせて準備を重ね、2日間にわたって開催。毎年、子どもをはじめ卒業生や高校生、地域の皆さんが来場し、会場は笑顔と感動でいっぱいになります。

右へスライドしてください

イベントカレンダー

ページの先頭に戻る