短期大学部 総合生活キャリア学科

資料請求 オープンキャンパス Facebook LINE@ twitter

学科ブログ

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

学位:短期大学士(総合生活)

総合生活キャリア学科は自立した職業人を養成するため、現代生活を主体的に創造する知識と技術を身に付けるとともに、自ら課題を見つけ解決する、多様な場で活躍できる実務能力を持った人材を育成することを目的としており、所定の期間在学し、学科の教育理念、教育目標に沿って設定した授業科目を履修して、所定の単位数を修得し、卒業までに下記に示す姿勢や能力を身に付けた学生に卒業を認定し、学位規則に従い短期大学士の学位を授与する。

  1. ①生活創造と就業に必要な基礎的知識、技能およびそれを基にした専門知識、技能を修得した学生
  2. ②広い視野と社会人としての教養を持ち、自らの職業生活・社会生活のあり方を設計できる学生
  3. ③多様な人々と協働するためのコミュニケーション能力および課題を発見し解決する能力を身に付け北海道に貢献できる学生

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

総合生活キャリア学科は、自立した職業人を養成するため、現代生活を主体的に創造する知識と技術を身に付けるとともに、自ら課題を見つけ解決する、多様な場で活躍できる実務能力を持った人材を育成しており、学生が卒業までにこの目的を達成するための教育課程を下記に示す教育課程編成・実施の方針に基づき設定する。

  1. ①高大接続の観点から、短大教育への円滑な移行を促すため、初年次教育の充実を図る。
  2. ②建学の礎(自由・自立・自省の精神)による人間形成を重んじ、学科の教育目的に応じて自主、自律、協同の精神修得のための科目を設定する。
  3. ③質保証の基礎固めのため学科スタンダードを設定し、1年次の早期に、必修教養科目で基礎知識や技能を身につける。
  4. ④学科教育の2本柱を明確化するため4セメスターにわたり、生活・キャリア科目を配置し、教養教育の中心軸とする。
  5. ⑤体験を通して学習させるアクティブラーニング(フィールドワーク、インターンシップ、教室内PBL、課題解決演習等)を通して、生活とキャリアについて学習する。記憶して覚える学習ではなく、体験と経験を通して気づき、定着する深い学びを設定する。
  6. ⑥教養科目群に3つのコースユニットを設定し、コースの学びの方向性を意識する。コースの特色を明確にし、多様な学びの中に一つ芯を通す。
  7. ⑦成績評価の公正さと透明性を確保するため、シラバスに記載する成績評価基準・方法等および学則、規程等に定める所定単位修得により学修成果を評価し、その客観性を担保するため、複層的な積み上げによる多面的・総合的な成績評価を実施する。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

総合生活キャリア学科は自立した職業人を養成するため、現代生活を主体的に創造する知識と技術を身に付けるとともに、自ら課題を見つけ解決する、多様な場で活躍できる実務能力を持った人材を育成することを目的としている。

【求める学生像】

本学科は、上記のような人材を育成するため、本学科の目的に賛同し、本学科の教育に関心を持つ、以下のような人を受け入れる。

  1. ①自立した職業人を目指し、職業知識と実務能力を身につける意欲のある人
  2. ②現代生活において、自由で主体的に生きるための豊かな知識と教養を身につける意欲のある人
  3. ③国際化する社会で自己を豊かに表現し地域と積極的にかかわる意欲のある人
  4. ④本学科の体系的・実践的なカリキュラムに基づく実際的な専門教育と職業教育の下、幅広い教養、専門的知識、技能、論理的思考力、コミュニケーション能力、創造力、課題探求力・解決力を身に付け、多様な人々と協働し、自立した専門職業人として生活・文化の向上および地域社会の発展に貢献することのできる人

なお、本学科への入学を希望する人は、高等学校の教育課程等において、次のような姿勢、能力を身に付けていることを求める。

  1. ①学科の教育に適応できる基礎学力
    特に資料を読み解き、考えを表現し、他者との円滑なコミュニケーションを図るために、国語の基礎的能力を要する。また、国際化への対応ができる人材を育成することを目的としているため、英語の基礎的能力も要する。
  2. ②働く意欲を持ち、卒業後は就職をしようという姿勢を身に付けている人
  3. ③何かに挑戦し、取り組んだ経験がある人(スポーツ、音楽、生徒会、委員、英検・情報・商業等の資格取得)

【入学者選抜について】

札幌国際大学短期大学部は、上記の求める「学生像」を満たす人を選抜するため、本方針に基づき、多様な入学者選抜を行っており、学科別に入学者選抜を実施している。基本的には「AO入学」、「学校推薦入学」、「一般試験入学」、「大学入試センター試験利用入学」、「特別入学」であるが、詳細は2018(平成30)年度入学試験要項で公表する。

  • 総合生活コース
  • オフィスキャリアコース
  • 英語キャリアコース

幅広い授業・社会体験を通して視野を広げて実社会へ。
        学びの先に描く将来像。私らしい生き方を考える。

学科の特色
幅広い知識を得られる授業やフィールドワークなどの実体験に即した豊富なカリキュラムを用意し、
学生自身が視野を広げ、希望の将来を選択する上で役立てられる教育環境づくりに努めています。
生活者として、職業人として、自立して生きていくための実務能力の向上を図ります。
基礎教育をベースに
ユニット制を導入した、
多彩な教育カリキュラム
短大ならではの教養教育が充実。基礎能力を確実につける「学科スタンダード」の上に、それぞれが進路に合わせてユニット型の専門教育を選択し、積み上げます。学びの目標や達成度を明確化するため、さまざまな資格・検定に対応する授業も配置しています。
PBLやインターンシップで、
実社会を経験する機会を準備
「課題解決演習」などでのグループワーク、様々な授業で実施するプレゼンテーションなど、授業での体験を通して、現代社会が求めるコミュニケーション力を強化します。実社会でも、異なる年齢層の人たちと関わり学びの成果を確認。各自の課題に取り組み、足りない部分を見つけて補強し、さらに経験を広げていきます。
それぞれが、
自分の「生き方」を考える
2年間に
社会で生きていくための知恵や力を身につけ、仕事や私生活で豊かな生活を送ることができるよう、「生活」と「キャリア」に関する科目を必修としています。自分のライフスタイルやビジネスキャリアを考えて、将来をイメージしながら2年間の学習計画を立てられるよう、サポート態勢を学科で整えています。

身につくチカラ

身につくチカラ

学びのキーワード

  • 深く考える
  • 自ら学ぶ
  • 広く見る

「学びのフローチャート」を見る

学びのフローチャート

「カリキュラム」を見る

自らのキャリアを考えるためのカリキュラム

1年前期で『短大生』としてのベースをつくる―学科スタンダードの確立

社会で必要な基礎能力を学生全員に
大学での学びは高校までとは違うので、戸惑うこともたくさんあるでしょう。また、短期大学は2年間と短いため、その期間で必要な力を確実に身につけることは簡単ではありません。総合生活キャリア学科では、スムーズに高校から大学へ接続するため、また、短期間で効率よく学びを深めていけるように、必須となる基礎的な力を育てる科目を必修科目とし、ベースをつくります。これを学科スタンダードと呼んでいます。これは、短大での学びに役立つだけでなく、卒業後、社会で活躍するための基礎能力となります。
早期にベースを作る初年次教育の充実
学生ごとに将来の目標や学びたい科目は異なりますが、学科スタンダードはどの学生にも必要な基礎能力の学習機会を提供します。そのためには、できるだけ早期にスタンダードを確立することが重要。新カリキュラムでは、入学直後の1年前期に学科スタンダード科目を配置、その後の教育・学習につなげます。また、入学前課題やオリエンテーション、履修指導などの初年次教育で、学習者の不安を解消し、自信を持って短大生活を送ることができるようサポートを行っています。
学科スタンダート科目群

3つのコースユニット・12の専門ユニット

短期間で効率よく学ぶユニット制の導入
新カリキュラムの重要なポイントは「体系化」。目標とする方向性や、科目のつながりを意識しながら学びを積み上げていくための仕組みづくりを考慮しました。その実現に向け、導入を決めたのがユニット制。ユニットとは、分野や内容の上でつながりを持つ3~5科目を一つにまとめた科目群のことです。主専攻として、3つの、異なる学びの方向に深化する科目をまとめた「コースユニット」、副専攻として目指す分野を意識し、求められる人材となるための知識やスキル、資格の取得を目指す科目をまとめた「専門ユニット」を準備します。
組み合わせで広がる将来の可能性
興味や適性を考えたコースユニットの選択で、将来活躍したいフィールドを広く展望することができます。さらに、関連する科目を順序良く効果的に積み上げ、具体的な力をつけるのが専門ユニット。これらを複数組み合わせることにより、各自が希望する未来像を大きく描きながら、着実に望む力を手にできるよう工夫された教育システムです。
コースユニット・専門ユニット

カリキュラム平成29年度生用(予定)

教養科目 社会常識
◎生活
  • 現代生活論
  • 生活文化
  • 食生活論
  • 衣生活論
  • 住生活論
  • 消費生活
◎PBL
  • インターンシップⅠ
  • インターンシップⅡ
  • 国際フィールドワーク
  • 国内フィールドワーク
  • 課題解決演習Ⅰ
  • 課題解決演習Ⅱ
◎現代社会
  • 現代生活と経済
  • オフィス総論
  • ビジネス実務総論
  • カレントトピックス
  • 北海道論
  • 世界の中の日本
  • 異文化生活
  • 女性と人生
  • 哲学
  • ボランティア
  • 現代生活と福祉
  • 社会保障
◎キャリア
  • キャリア形成
  • キャリア基礎演習
  • キャリア演習
  • キャリア特別講義
スキルを身につける
◎スタディスキルズ
  • 学びの技法
  • 基本演習
  • 日本語基礎表現法
  • 日本語応用表現法
  • プレゼンテーション基礎
  • プレゼンテーション応用
  • コンピュータリテラシー
  • Basic English
◎ビジネス実務
  • ベーシックスキルズ
  • 職場のコミュニケーション
  • コンピュータ統計
  • オフィス実務Ⅰ
  • オフィス実務Ⅱ
  • オフィス演習
  • ビジネス文書
  • ビジネス実務
◎コミュニケーション
  • Basic Conversation
  • Conversation
  • Office English
  • Customer Service English
  • English Presentation
  • Travel English
  • Food & English
  • 韓国語(初級)
  • 韓国語(中級)
◎食と健康
  • 調理実習(基本)
  • 調理実習(応用)
  • 健康とスポーツⅠ
  • 健康とスポーツⅡ
専門科目
  • 業界知識
  • マーケティング
  • サービスの心理学
  • ビジネスマネジメント
  • 秘書演習
  • 簿記入門
  • 簿記演習
  • 生活と銀行
  • 情報処理
  • 情報処理演習
  • 情報特別演習
  • 食品と栄養
  • 北海道のフードビジネス
  • レシピ研究と実践
  • 英語検定Ⅰ
  • 英語検定Ⅱ
  • TOEIC
  • エアラインサービス演習
  • ファッションビジネス
  • カラーデザイン
  • 色彩演習
  • ブライダル実務
  • ブライダル演習
  • 医療事務
  • 医療事務特別演習
  • 健康・医学
  • 医薬・販売
  • メディカル秘書実務
  • 調剤コンピュータ演習
  • 登録販売者演習

取得目標資格

[単位を修得することによって取得できる資格]
  • 実践キャリア実務士
  • 図書館司書
  • ビジネス実務士
  • 情報処理士
  • 上級秘書士
  • 上級秘書士(メディカル秘書)
[授業内で取得を目指す資格]
  • 日本漢字能力検定
  • 日商PC検定
  • 秘書技能検定
  • 調剤薬局事務
  • 医療事務
  • 登録販売者
  • 実用英語技能検定
  • TOEIC
  • 簿記検定(日商・全経)
  • 日商リテールマーケティング(販売士)検定
  • ビジネス文書検定
  • 色彩検定
[科目に関連する資格]
  • ファッション販売能力検定
  • 食生活アドバイザー
  • ビジネス能力検定(ジョブパス)
就職率(平成28年度実績)
100%

総合生活コース

自立した生活者として、よりよい人間生活を創造する能力を身につけるコースです。心身の健康を守るための食品、住まい、衣服などの基本的学習をもとに、子どもや高齢者など多様な世代が共同して生きるための福祉や文化にも目を向けます。また、それらの知識を関連分野の仕事に応用し地域社会で活躍することを目指します。

注目の授業・ゼミナール

ブライダル演習
ブライダル演習写真 人生の一大イベントであるブライダルについて、演習形式で学びます。挙式や披露宴、ブライダルのトレンド、ドレスやマナーなどブライダルに関する基本的な知識を学習します。さらに演習授業としてグループによるブライダルプロデュースや市内ホテルを会場にした模擬披露宴を行うことで、ウェディングプランナーの仕事や結婚式場の業務について理解を深めます。模擬披露宴は毎年、受講生が新婦役を務めています。
食生活論
食生活論写真 食は生涯において人間生活の基本となるものです。本科目では食生活の基本的機能と意義を理解し、食品、栄養、健康に関する学習を行います。食生活の現状や問題点を把握し、望ましい食生活のあり方について考察することを目標にしています。この他、食分野では「食品と栄養」「調理実習」など講義・演習・実習を通して、現代生活を健康に心豊かにおくるための知識と実践力を身につけるよう総合的・体系的に学習します。

オフィスキャリアコース

職場で「即戦力」となるため、ビジネスマナーや対人関係など、ビジネスシーンで活用できる実践力を身につけます。特に、人と情報のコミュニケーターとしての実務能力、コミュニケーション能力を磨きます。また、企業や社会の実態を学び、実際のビジネス活動を模した演習を行うことで、社会人として必要な思考力を伸ばし、あらゆる現場で活躍できる人材を養成する教育を実施します。

注目の授業・ゼミナール

医療事務
医療事務写真 医療事務資格の取得を目指し、実践的な学習を行います。医療機関における健康保険分に該当する費用の請求書である「診療報酬明細書(レセプト)」の作成にあたっての専門的な知識と医療事務の実務を学び、資格取得に挑戦します。また、「調剤薬局事務」ユニット、「登録販売者」ユニットで、医療機関(病院、クリニック、薬局など)で働く知識と技術を広く身につけることが可能です。
オフィス実務Ⅰ・Ⅱ
オフィス実務写真 学生から社会人へと成長していくプロセスにおいて、人間関係を良好にするためのコミュニケーション力を磨く必要性があります。このコミュニケーション力を構成する要素として、好感の持てる態度、敬語遣い、聴く・話す力が重要です。この授業では、まず敬語力を身につけて、来客応対や電話応対などのビジネスマナーをロールプレイングで学びます。授業には事務職に必要な基本エッセンスがたくさん盛り込まれています。

英語キャリアコース

ますます国際化する社会にあって、英語の実用的な能力を伸ばし、異文化への理解を深め、外国語でもコミュニケーションが取れる人材になることを目指すコースです。「聞く・話す」英語力を養成するとともに、オフィス、販売接客などの現場で役立つ知識・スキルを学ぶことができます。学習成果の証明として検定取得も、積極的に応援しています。

注目の授業・ゼミナール

エアラインサービス演習
エアラインサービス演習写真 英語力をもっとも活かせる職業のひとつである、グランドスタッフなど、航空業界への就職を目指すベースになる授業です。質の高い「サービス」について学び、ホスピタリティマインドと、それを実践できる能力を身につけます。業界の現状・求められる人材像について深く学ぶため、航空業に関わる方からお話を聞いたり、現場である新千歳空港を見学・視察することもあります。
English Presentation
English Presentation写真 3期にわたり学んできた「使える」英語力の集大成として、興味・関心のあるテーマを選び、英語でプレゼンテーションをする授業です。簡単な英語で自分の考えをわかりやすく、誰にでも聞き取りやすく伝えることを目標に、ネイティブスピーカーの教員の指導のもと繰り返し発音練習をします。説得力のある話し方を学び、英語でも、プレゼンテーション能力の補強をします。

ページの先頭に戻る

大学案内
  • jihee bnr
  • JACA bnr