スポーツ指導学科
資料請求 オープンキャンパス Facebook LINE@ twitter

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

学位:学士(スポーツ指導学)

 スポーツ指導学科は、生涯スポーツの育成発展に努めながら、スポーツを通して地域社会に貢献できる教養豊かなスポーツ指導者を育成することを目的としており、所定の期間在学し、学部・学科の教育理念、教育目標に沿って設定した授業科目を履修して、所定の単位数を修得し、卒業までに下記に示す姿勢や能力を身に付けた学生に卒業を認定し、学位規則に従い学士の学位を授与する。

  1. ①スポーツ健康分野に関する基礎的知識と技能の科学的視点からの理解およびそれを基にした専門知識、技能の修得
  2. ②スポーツマンシップおよびリーダーシップの修得
  3. ③スポーツマンシップおよびリーダーシップに基づく指導力の修得
  4. ④スポーツ健康分野の課題分析力の修得
  5. ⑤自立して行動できる姿勢、課題を発見し解決する能力

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 スポーツ指導学科は、生涯スポーツの育成発展に努めながら、スポーツを通して地域社会に貢献できる教養豊かなスポーツ指導者を育成することを目的としており、学生が卒業までにこの目的を達成するための教育課程を下記に示す教育課程編成・実施の方針に基づき提供する。  

  1. ①高大接続の観点から、大学教育への円滑な移行を促すため、初年次教育の充実を図る。
  2. ②「学科専門科目」に配置している「人のからだと健康」、「スポーツ理論」などを中心にスポーツ健康分野に関する基礎的知識と技能の科学的視点からの理解に関する科目を設定する。
  3. ③「学科専門科目」に配置している「健康運動指導演習」、「野外活動理論・演習」などを中心にスポーツマンシップおよびリーダーシップに基づく指導力に関する科目を設定する。
  4. ④「学科専門科目」に配置している「スポーツ統計学」、「測定と評価」などを中心にスポーツ健康分野の課題分析力の修得に関する科目を設定する。
  5. ⑤専門的な知識、技能および論理的思考力を育成することを目的として、スポーツ健康分野および教育に関する専門科目を設定し、本学科の教育目標を達成するための教育課程を体系的に編成する。
  6. ⑥演習、実習、インターンシップ等を通じた実践的・体験的な学びを重視し、能動的・自主的な学修の充実を図る。
  7. ⑦キャリア形成の観点から、「教養科目」に配置している「学びの技法Ⅰ」、「プロジェクト演習Ⅰ」、「キャリア科目」に配置している「キャリア形成論」、「短期インターンシップⅠ」などを中心に、自立して行動できる姿勢を養う科目を設定し、社会的・職業的自立に必要な能力・態度を育む。
  8. ⑧成績評価の公正さと透明性を確保するため、シラバスに記載する成績評価基準・方法等および学則、規程等に定める所定単位修得により学修成果を評価し、その客観性を担保するため、複層的な積み上げによる多面的・総合的な成績評価を実施する。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

スポーツ指導学科は、生涯スポーツの育成発展に努めながら、スポーツを通して地域社会に貢献できる教養豊かなスポーツ指導者を育成することを目的としている。

【求める学生像】

本学科は、上記のような人材を育成するため、本学科の目的に賛同し、本学科の教育に関心を持つ、以下のような人を受け入れる。

  1. ①スポーツ健康に関する知識と実技について強く関心を持っている人
  2. ②理論と実践を通じてスポーツ健康科学に取り組む能力の向上を目指している人
  3. ③スポーツ健康に関する活動について主体性を持って取り組んでいる人
  4. ④保健体育科教員またはスポーツ健康関連指導者等を目指している人
  5. ⑤スポーツ指導に関する体系的・実践的カリキュラムの下、スポーツによる健康・体力の増進、運動能力の向上、スポーツ指導に関する幅広い教養、専門知識、探求力を養い、身に付けた指導力、コミュニケーション能力、実践的能力、課題解決能力を生かし、リーダーシップを発揮して、生涯スポーツの育成発展に努め、スポーツ振興、地域社会の発展に貢献することのできる人

なお、本学科への入学を希望する人は、高等学校の教育課程等において、次のような姿勢、能力を身に付けていることを求める。

  1. ①学科の教育に適応できる基礎学力
    特に、資料を読み解き、考えを表現し、他者との円滑なコミュニケーションを図るために、国語の基礎的能力を要する。また、国際社会で活躍する人材を育成することを目的としているため、英語の基礎的能力を要する。
  2. ②部活動等を通じて得られた協同する姿勢
  3. ③ボランティア活動等を通じて得られた社会貢献への姿勢
  4. ④国内、海外のスポーツの動きに目を向ける姿勢

【入学者選抜について】

札幌国際大学は、上記の求める「学生像」を満たす人を選抜するため、本方針に基づき、多様な入学者選抜を行っており、スポーツ人間学部においてはそれに沿って学科別に入学者選抜を実施している。基本的には「AO入学」、「学校推薦入学」、「一般試験入学」、「大学入試センター試験利用入学」、「特別入学」であるが、詳細は2018(平成30)年度入学試験要項で公表する。

スポーツで培ってきた力をもとに健康・スポーツ業界で活躍する人材の育成。

学科の特色
スポーツと健康に関する専門知識・技能を学び、学校教育やスポーツ施設などで
より良い実践活動を行える人材を育成。
さらに地域社会の健康・スポーツに関する諸課題を解決する基礎的な力を身につけることを目指します。
自分のスポーツの経験に
理論付け
理論と実践を組み合わせて学ぶ効果的な科目構成により、これまでのスポーツの経験に意味付けを図ることができ、新たな視点を得られます。自分自身の競技力向上やより適切に指導できる能力が身につき、活躍のチャンスが広がります。
体育教員などの
資格に対応
保健体育科教員、健康・スポーツ関連指導者になるためのカリキュラムで、必要とされる資格の取得にも対応。目指す進路に合わせて手厚くサポートします。
指導者としての
実践的な能力をアップ
地域のスポーツ活動やインターンシップなど、スポーツや健康づくりに関わる分野を幅広く体験し、指導者に不可欠なコミュニケーション能力を高めます。

身につくチカラ

身につくチカラ

学びのキーワード

  • スポーツ
  • 健 康
  • 体 育
  • 科 学
  • コーチング
  • コミュニケーション

「カリキュラム」を見る

画像

カリキュラム平成29年度生用(予定)

学部共通科目
  • 体力トレーニング論
  • スポーツ心理学
  • スポーツ傷害と予防
  • 栄養学
  • 発育発達論
  • 生涯スポーツ論
  • 生涯スポーツ演習
  • スポーツ政策・行政論
  • スポーツ社会学
  • コーチング論
  • レクリエーション理論
  • レクリエーション実技
  • レクリエーション実習
  • 武道(剣道)
  • ダンス
  • テニス
  • ハンドボール
  • サッカー
  • バレーボール
  • バスケットボール
  • 冬季スポーツ
  • 野球・ソフトボール
  • 卓球
  • 基礎演習Ⅰ
  • 基礎演習Ⅱ
  • 応用演習Ⅰ
  • 応用演習Ⅱ
  • テーマ研究Ⅰ
  • テーマ研究Ⅱ
  • 卒業研究
学科専門科目 教職課程科目
  • 人のからだと健康
  • スポーツ理論
  • 運動生理学
  • 人体構造基礎
  • 運動機能と救急処置
  • 学校保健
  • スポーツ統計学
  • 衛生学及び公衆衛生学
  • 地域社会と健康
  • ストレングス・コンディショニング
  • 野外活動理論・演習
  • スポーツ医学と運動処方
  • 測定と評価
  • バイオメカニクス
  • 体力トレーニング演習
  • 運動生理学演習
  • 健康運動指導演習
  • 教師論
  • 教育原理
  • 教育行財政
  • 教育課程論
  • 道徳教育の研究
  • 保健体育科指導法Ⅰ
  • 保健体育科指導法Ⅱ
  • 保健体育科指導法Ⅲ
  • 保健体育科指導法Ⅳ
  • 特別活動
  • 教育方法論
  • 生徒指導論(進路指導を含む)
  • 教育相談(カウンセリングを含む)
  • 教職実践演習(中・高)
  • 教育実習(事前事後指導)
  • 教育実習Ⅰ
  • 教育実習Ⅱ
  • 介護等体験
  • 教育心理学
  • 発達心理学

取得目標資格

[国家資格]
  • 教育職員免許状「中学校教諭一種(保健体育)」「 高等学校教諭一種(保健体育)」
  • 社会教育主事任用資格
[日本レクリエーション協会認定]
  • レクリエーション・インストラクター
[日本体育協会公認スポーツ指導者資格]
  • スポーツリーダー
  • ジュニアスポーツ指導員(受験資格)
[日本トレーニング指導者協会認定]
  • トレーニング指導者(受験資格)
[日本ストレングス&コンディショニング協会(NSCAジャパン)認定]
  • ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(受験資格)
[財団法人 健康・体力づくり事業財団認定]
  • 健康運動指導士(受験資格)
就職率(平成28年度実績)
100%

注目の授業・ゼミナール

スポーツ傷害と予防
スポーツ傷害と予防写真 運動やスポーツを行っていると、時にはけがをしてしまうことがあります。医学の進歩で治療すればもとのようにスポーツを楽しむこともできるようになってきましたが、けがを予防することはとても重要です。この講義では、人間の身体の構造やけがの要因、年齢・性別・競技種目によるけがの発生要因などについて学習します。また、スポーツテーピングの演習を行い、スポーツ指導の現場でのけが予防に役立つ知識・技術を習得します。
教職特別ゼミ
教職特別ゼミ写真 本学科では多くの学生が教員を目指しており、合格するための教職特別ゼミを学科独自で行っています。1年次に一般教養、2年・3年次には教職教養、専門科目、集団面接、模擬授業などをゼミ形式で行っています。3月には大雪青少年交流の家で水泳を中心に実技指導も実施しています。2015年度は10名が中学や高校等の教職員に就職が決まり、体育教師や国立社会教育施設職員として活躍しています。
測定と評価
測定と評価写真 測定と評価の授業では、競技選手はもちろん、子どもやお年寄りまで様々な対象の体力や競技パフォーマンスを測定し、評価します。学校体育で問題になっている体力低下について、実際の測定を通じて分析します。競技スポーツの指導に必要なトレーニング効果を見るためにも適切な測定と評価は欠かせません。筋力の測定では、単に負荷重量や回数だけでなく、筋の厚さやスピードを測定し、パワーを計算します。体脂肪や自律神経なども測定し、コンディショニングの評価も行います。

ページの先頭に戻る

大学案内
  • jihee bnr
  • JACA bnr