資料請求 学科ブログ クラブ&サークル オープンキャンパス Facebook LINE@ twitter
観光学部 国際観光学科 舞台は世界 国際理解と語学を極め北海道の魅力を世界に発信
観光学部 国際観光学科 舞台は世界 国際理解と語学を極め北海道の魅力を世界に発信

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

学位:学士(観光学)

国際観光学科は、豊かな教養ともてなしの姿勢を培い、地域の観光振興、観光文化に資する国際観光についての専門的、実践的な知識を修得し、国際観光分野で活躍する人材の育成を目的としており、所定の期間在学し、学部・学科の教育理念、教育目標に沿って設定した授業科目を履修して、所定の単位数を修得し、卒業までに下記に示す姿勢や能力を身に付けた学生に卒業を認定し、学位規則に従い学士の学位を授与する。

  1. 観光学の基礎的知識、技能の修得
  2. 国際観光分野の専門知識、技能の修得
  3. 国際観光分野の実践的知識、技能の修得
  4. 修得した知識、技能の活用能力
  5. 自立して行動できる姿勢、課題を発見し解決する能力

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

国際観光学科は、豊かな教養ともてなしの姿勢を培い、地域の観光振興、観光文化に資する国際観光についての専門的、実践的な知識を修得し、国際観光分野で活躍する人材の育成を目的としており、学生が卒業までにこの目的を達成するための教育課程を下記に示す教育課程編成・実施の方針に基づき設定する。

  1. 高大接続の観点から、大学教育への円滑な移行を促すため、初年次教育の充実を図る。
  2. 「国際観光論」、「国際観光ビジネス」、「インバウンド概論」などを中心に国際観光の基礎的知識の修得に関する科目を設定する。
  3. 「アジア観光論」、「観光地形成」などを中心に国際観光の専門知識の修得に関する科目を設定する。
  4. 「海外観光研修」、「観光ボランティア」などを中心に国際観光の実践的知識の修得に関する科目を設定し、能動的・自主的な学修の充実を図る。
  5. キャリア形成の観点から、キャリア科目を体系的に設定し、社会的・職業的自立に必要な能力・態度を育む。「観光学部共通科目」に配置している「ホスピタリティ論」、「観光実践演習」などは自立して行動できる姿勢を養う科目である。加えて、「キャリア科目」に設定されている「インターンシップA」などは企業の受入の承諾があって成立する科目であり、社会人としての礼儀、職務に対する勤勉性などが企業により評価されるため、事前に自主的に姿勢を整えることが不可欠である。
  6. 成績評価の公正さと透明性を確保するため、シラバスに記載する成績評価基準・方法等および学則、規程等に定める所定単位修得により学修成果を評価し、その客観性を担保するため、複層的な積み上げによる多面的・総合的な成績評価を実施する。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

国際観光学科は、豊かな教養ともてなしの姿勢を培い、地域の観光振興、観光文化に資する国際観光についての専門的、実践的な知識を修得し、国際観光分野で活躍する人材の育成を目的としている。

【求める学生像】

本学科は、上記のような人材を育成するため、本学科の目的に賛同し、本学科の教育に関心を持つ、以下のような人を受け入れる。

  1. 世界の観光地に関心があり、探究心を有している人
  2. 国際観光ビジネスに関心があり、探究心を有している人
  3. 語学力を高め国際観光分野で活躍したい意欲を有している人
  4. 情報に関する技能を高め国際観光分野で活躍したい意欲を有している人
  5. 本学科の修学において知識の活用に意欲を有している人
  6. 国際観光に関する体系的・実践的カリキュラムの下、観光学についての幅広い教養、専門知識、探究力を養い、身に付けたもてなしの姿勢、論理的思考力、コミュニケーション能力、実践的能力、課題解決能力を生かして、観光産業、観光振興の発展に貢献することのできる人

なお、本学科へ入学を希望する人は高等学校の教育課程等において、次のような姿勢、能力を身に付けていることを求める。

  1. 学科の教育に適応できる基礎学力
    特に、資料を読み解き、考えを表現し、他者との円滑なコミュニケーションを図るために、国語の基礎的能力を要する。また、国際社会で活躍する人材を育成することを目的としているため、英語の基礎的能力を要する。
  2. 部活動等を通じて得られた協同する姿勢
  3. ボランティア活動等を通じて得られた社会貢献への姿勢
  4. 国内、海外の観光の動きに目を向ける姿勢

学科の特徴ある 学びユニット学科の特徴ある 学びユニット

北海道観光

北海道を魅力ある観光として発信できる知識を身につける。

科 目
北海道観光の歴史、北海道観光政策、北海道観光資源
目指す資格
札幌シティガイド検定、北海道観光マスター検定、北海道フードマイスター検定

インバウンド

訪日外国人旅行の特性や傾向を分析し、その観光戦略を立案する能力を身につける。

科 目
インバウンド概論、インバウンド政策、国際観光ビジネス
目指す資格
インバウンド実務主任者認定試験

全国通訳案内士

英語による観光ガイドや通訳を行うための能力を身につける。

科 目
通訳案内士Ⅰ~Ⅳ、海外観光研修、観光ボランティア
目指す資格
全国通訳案内士、ボランティア通訳ガイド

観光
コーディネーター

幅広い観光の知識に基づいた多言語対応のもてなし能力を身につける。

科 目
中国語、観光中国語、韓国語、観光韓国語、観光文化論
目指す資格
中国語検定、ハングル能力検定

学びのキーワード

  • 英語コミュニ
    ケーション
  • もてなし
  • 観光と健康
  • 海外留学
  • 観光コミュニ
    ケーション
  • 観光ICT

身につくチカラ

  • 世界の観光知識
  • 英 語 力
  • コミュニケーション力
  • 国 家 資 格 (旅行業務取扱管理者)
  • リーダーシップ
  • プレゼンテーション力

取得目標資格

北海道観光マスター検定

北海道を訪れる観光客に北海道全体に関する幅広い知識を持って接し、北海道の観光振興への意識とホスピタリティの向上を図ることを目的にしています。

総合旅行業務取扱管理者

国内と海外、両方の旅行業務を取り扱える国家資格。旅行業者等は営業所ごとに1人以上の有資格者を配置することが法律で定められています。

北海道地域ガイド検定

小樽、函館、十勝など北海道内で行われている地域ガイド検定。各地域についての観光の知識を深め、ホスピタリティを高めるために実施されています。

旅程管理主任者

企画旅行に同行する主任添乗員に取得が義務付けられている資格。多様化する旅行者のニーズに的確に対応できる良質で高度な添乗実務を修得できます。

■その他の取得目標資格
  • 国内旅行業務取扱管理者
  • サービス接遇検定
  • 実践キャリア実務士
  • 観光ビジネス実務士
  • 図書館司書
  • 社会教育主事任用資格
  • TOEIC
  • 実用英語技能検定(2級)
  • 観光英語検定(2級)
  • 全国通訳案内士
■その他の取得目標資格
  • 国内旅行業務取扱管理者
  • サービス接遇検定
  • 実践キャリア実務士
  • 観光ビジネス実務士
  • 図書館司書
  • 社会教育主事任用資格
  • TOEIC
  • 実用英語技能検定(2級)
  • 観光英語検定(2級)
  • 全国通訳案内士

主な就職内定先〈過去3年間〉

(一財)札幌市交通事業振興公社、(一社)北海道商工会議所連合会、ANA新千歳空港㈱、アイングループ、青い森信用金庫、イオン北海道㈱、海上保安庁、九州観光旅館連絡会、クラランス㈱、クリナップ㈱、クロスホテルズ㈱、京王観光㈱、志戸平温泉㈱、札幌中央信用組合、ハートランドフェリー㈱、北海道PKホテルマネジメント㈱、北海道警察、北海道スバル㈱、北海道旅客鉄道㈱、ルートイングループ、ルフトハンザ航空、㈱AIR DO、JTB札幌ビジネスセンター、㈱JTB北海道、㈱あいプラン、㈱一条工務店、㈱エイチ・アイ・エス、㈱加森観光本社、㈱キャスト、㈱京都吉兆、㈱近畿日本ツーリスト東北、㈱グランビスタホテルアンドリゾート、㈱京急イーエックスイン、㈱札幌東急ホテルズ、㈱ジェイアイエヌ、㈱四季の旅、㈱第一滝本館、㈱タスク ANAホリデイ・イン札幌すすきの、㈱ツルハ、㈱東横イン、㈱阪急交通社、㈱ホクレン商事、㈱マリークヮントコスメチックスジャパン、㈱柳月、㈱湯の川プリンスホテル、鶴雅グループ、日本郵政グループ 日本郵便㈱

就職率

(2017年度 観光学部実績) 98.1%

これが国際観光学科の教育

海外への関心を育てる
さまざまな留学制度や海外を経験するチャンスを利用し、
学生の興味や関心に基づく積極的なチャレンジを応援します。

中国へ合計2年留学。
主体性が強まりました。

交換留学制度で約1年、中国へ。学ぶことが面白く、とことんやってみようと個人でさらに1年留学。帰国後は海外と日本の関係に興味が強まり、留学経験や中国語の力をアピールして中国に関わる商社に内定しました。

観光学部 国際観光学科 4年
Sさん [札幌丘珠高校出身]

留学先では、その国に興味がある人が世界中から集まってきています。そのため、留学先の国の人だけでなく、世界中に友人ができる可能性があります。留学先の国に興味があるという点で、友達になりやすいといえるでしょう。どんな出会いが待っているでしょうか。楽しみですね。

アメリカなどで英語力を磨き、
視野を広げました。

留学に興味があり、環境が整っていたことがこの学科に進学した理由。大学の制度でハワイなどへ留学したほか、個人でもフィリピンやアメリカなどで学びました。視野が広がり、物事の考え方も大きく変わりました。

観光学部 国際観光学科 4年
Fさん [北星学園大学附属高校出身]

留学でホームステイを行うと、より一層その国の文化に触れることができます。それだけでなく、人生観が変わるような出会いがあることも。Fさんはホストファミリーに出会って何事もポジティブにとらえることの大切さを教えてもらい、実践するようになったそうです。

これからの訪日観光客インバウンド=外国人個人観光客(FIT)への
対応力を高める楽しい演習

国際観光演習です!

2017年、訪日観光客は2800万人
を突破しました。今後は数が増え
るだけでなく、質も大きく変化し
ていきます。
団体旅行客から個人観光客へシフトし、
外国人個人観光客(Foreign
Individual Tourist = FIT)への対応力が
問われる時代です。その対応力を自分で
外国を旅行することで養う授業が国際観光演習です!

まず、事前授業。
これからの国際観光について学び、この授業でどういう力を養うのかを理解します。それは、日常生活に潜む外国人観光客に使いづらいポイントに気づく力、です。
そして、研修計画立案。
個人旅行に近づけるため、研修プログラムの一部を自分で組み立てます。

計画を実行します!
外国の観光教育の現場も見学!
おいしいものもたくさんあって楽しい!

結果報告。
鉄道に乗れなかったトラブルや、行きたかったお店が閉まっていたり、そこで感じた不安などを報告。
これらは今後、自分自身がFITに応対する際に、共感して問題解決に当たれる対応力につながっていきます!

カリキュラム2019年度生用(予定)

学部共通ユニット

観光基礎
  • 観光概論
  • 観光論特別講義
  • 観光実践演習
  • 観光事業論
  • 地理学
  • 世界遺産
  • 観光調査法入門
  • 観光情報
  • 北海道観光
  • 観光政策行政
  • 観光と歴史文化
  • 観光とMICE
観光コミュニケーション
  • 学びの技法Ⅰ
  • 学びの技法Ⅱ
  • インターンシップA
  • 2年演習(基礎)
  • インターンシップB
  • 2年演習(応用)
  • インターンシップC
  • 3年演習(基礎)
  • インターンシップD
  • 3年演習(応用)
  • 4年演習(基礎)
  • 4年演習(応用)
英語コミュニケーション
  • 英語Ⅰ
  • 英語Ⅱ
  • 観光英会話
  • 英語Ⅲ
  • 英語Ⅳ
  • 観光英語
  • 上級観光英語
オンライントラベル
  • 情報機器操作
  • プログラミング
  • 表計算基礎
  • 表計算応用
  • オンライントラベル概論
  • インターネット旅行情報
  • オンライントラベル実習
観光ICT
  • 観光ICT
  • 観光統計
  • 観光マーケティング
もてなし
  • ホスピタリティ論
  • 観光サービス論
  • 観光と心のケア
海外研修
  • 海外体験A
  • 海外体験B
  • 海外体験C
観光と健康
  • 観光概論
  • 観光と心のケア
  • 温泉学概論
  • 観光とスポーツ
  • リゾート概論
旅行業務取扱管理者資格
  • 旅行業法・約款
  • 国内旅行実務
  • 国内旅行運賃・料金
  • 国内旅行資源(海外旅行実務)
  • 海外旅行実務
インストラクター
  • 観光ガイド
  • インストラクター実習Ⅰ
  • インストラクター実習Ⅱ

国際観光学科ユニット

北海道観光
  • 学びの技法Ⅰ
  • 学びの技法Ⅱ
  • 2年演習(基礎)
  • 2年演習(応用)
  • 3年演習(基礎)
  • 観光経済論
  • 北海道観光の歴史
  • 北海道観光政策
  • 観光まちづくり論
  • 3年演習(応用)
  • 観光地形成
  • 北海道観光資源
  • 4年演習(基礎)
  • 4年演習(応用)
インバウンド
  • 学びの技法Ⅰ
  • 学びの技法Ⅱ
  • 観光文化論
  • 2年演習(基礎)
  • 観光交通
  • 2年演習(応用)
  • 3年演習(基礎)
  • インバウンド概論
  • アジア観光論
  • 3年演習(応用)
  • インバウンド政策
  • 国際観光ビジネス
  • 4年演習(基礎)
  • 4年演習(応用)
通訳案内士
  • 学びの技法Ⅰ
  • 学びの技法Ⅱ
  • 観光ボランティア
  • 通訳案内士Ⅰ
  • 通訳案内士Ⅱ
  • 通訳案内士Ⅲ
  • 通訳案内士Ⅳ
  • 4年演習(基礎)
  • 4年演習(応用)
観光コーディネーター
  • 学びの技法Ⅰ
  • 中国語Ⅰ
  • 韓国語Ⅰ
  • 海外体験A
  • 学びの技法Ⅱ
  • 海外体験B
  • 観光文化論
  • 海外体験C
  • 国際観光論
  • 海外観光研修
  • 世界の観光地
  • 観光中国語
  • 観光韓国語
  • 4年演習(基礎)
  • 4年演習(応用)

注目の授業・ゼミナール

観光まちづくり論

地域外からヒトや知識・人脈などの応援を仰ぎ地域を元気にすることは、観光の大きな役割です。この講義では、まちづくりの第一線で活躍する教員の経験をもとに、「観光まちづくり」という考え方に沿って、観光によって“まちの力”を磨く動きを学びます。

「観光」をもてなす側から見るのは新鮮。地域振興の事例を学ぶことで、旅行会社や町役場で生きる知識が身につきます。

日本全国を飛び回っている吉岡先生。先生の実体験や自治体のPRムービーを交えた講義に私たちも興味津々です。

受講生の中にはNPO法人の方や、先生のお知り合いも。さまざまな視点で授業を学べるので視野が広がります。

毎回「コメントシート」で授業の要点や疑問点をていねいに復習します。安心して次の課題にチャレンジできます。

イベントカレンダー

ページの先頭に戻る

大学案内
  • jihee bnr
  • JACA bnr