資料請求 学科ブログ クラブ&サークル オープンキャンパス Facebook LINE@ twitter
観光学部 国際観光学科 舞台は世界 国際理解と語学を極め北海道の魅力を世界に発信
観光学部 国際観光学科 舞台は世界 国際理解と語学を極め北海道の魅力を世界に発信

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

学位:学士(観光学)

国際観光学科は、豊かな教養ともてなしの姿勢を培い、地域の観光振興、観光文化に資する国際観光についての専門的、実践的な知識を修得し、国際観光分野で活躍する人材の育成を目的としており、所定の期間在学し、学部・学科の教育理念、教育目標に沿って設定した授業科目を履修して、所定の単位数を修得し、卒業までに下記に示す姿勢や能力を身に付けた学生に卒業を認定し、学位規則に従い学士の学位を授与する。

  1. 観光学の基礎的知識、技能の修得
  2. 国際観光分野の専門知識、技能の修得
  3. 国際観光分野の実践的知識、技能の修得
  4. 修得した知識、技能の活用能力
  5. 自立して行動できる姿勢、課題を発見し解決する能力

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

国際観光学科は、豊かな教養ともてなしの姿勢を培い、地域の観光振興、観光文化に資する国際観光についての専門的、実践的な知識を修得し、国際観光分野で活躍する人材の育成を目的としており、学生が卒業までにこの目的を達成するための教育課程を下記に示す教育課程編成・実施の方針に基づき設定する。

  1. 高大接続の観点から、大学教育への円滑な移行を促すため、初年次教育の充実を図る。
  2. 「国際観光論」、「国際観光ビジネス」、「インバウンド概論」などを中心に国際観光の基礎的知識の修得に関する科目を設定する。
  3. 「アジア観光論」、「観光地形成」などを中心に国際観光の専門知識の修得に関する科目を設定する。
  4. 「海外観光研修」、「観光ボランティア」などを中心に国際観光の実践的知識の修得に関する科目を設定し、能動的・自主的な学修の充実を図る。
  5. キャリア形成の観点から、キャリア科目を体系的に設定し、社会的・職業的自立に必要な能力・態度を育む。「観光学部共通科目」に配置している「ホスピタリティ論」、「観光実践演習」などは自立して行動できる姿勢を養う科目である。加えて、「キャリア科目」に設定されている「インターンシップA」などは企業の受入の承諾があって成立する科目であり、社会人としての礼儀、職務に対する勤勉性などが企業により評価されるため、事前に自主的に姿勢を整えることが不可欠である。
  6. 成績評価の公正さと透明性を確保するため、シラバスに記載する成績評価基準・方法等および学則、規程等に定める所定単位修得により学修成果を評価し、その客観性を担保するため、複層的な積み上げによる多面的・総合的な成績評価を実施する。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

国際観光学科は、豊かな教養ともてなしの姿勢を培い、地域の観光振興、観光文化に資する国際観光についての専門的、実践的な知識を修得し、国際観光分野で活躍する人材の育成を目的としている。

【求める学生像】

本学科は、上記のような人材を育成するため、本学科の目的に賛同し、本学科の教育に関心を持つ、以下のような人を受け入れる。

  1. 世界の観光地に関心があり、探究心を有している人
  2. 国際観光ビジネスに関心があり、探究心を有している人
  3. 語学力を高め国際観光分野で活躍したい意欲を有している人
  4. 情報に関する技能を高め国際観光分野で活躍したい意欲を有している人
  5. 本学科の修学において知識の活用に意欲を有している人
  6. 国際観光に関する体系的・実践的カリキュラムの下、観光学についての幅広い教養、専門知識、探究力を養い、身に付けたもてなしの姿勢、論理的思考力、コミュニケーション能力、実践的能力、課題解決能力を生かして、観光産業、観光振興の発展に貢献することのできる人

なお、本学科へ入学を希望する人は高等学校の教育課程等において、次のような姿勢、能力を身に付けていることを求める。

  1. 学科の教育に適応できる基礎学力
    特に、資料を読み解き、考えを表現し、他者との円滑なコミュニケーションを図るために、国語の基礎的能力を要する。また、国際社会で活躍する人材を育成することを目的としているため、英語の基礎的能力を要する。
  2. 部活動等を通じて得られた協同する姿勢
  3. ボランティア活動等を通じて得られた社会貢献への姿勢
  4. 国内、海外の観光の動きに目を向ける姿勢

学科の特徴ある 学びユニット学科の特徴ある 学びユニット

北海道観光

北海道を魅力ある観光として発信できる知識を身につける。

科 目
北海道観光の歴史、北海道観光政策、北海道観光資源
目指す資格
札幌シティガイド検定、北海道観光マスター検定、北海道フードマイスター検定

インバウンド

訪日外国人旅行の特性や傾向を分析し、その観光戦略を立案する能力を身につける。

科 目
インバウンド概論、インバウンド政策、国際観光ビジネス
目指す資格
インバウンド実務主任者認定試験

全国通訳案内士

英語による観光ガイドや通訳を行うための能力を身につける。

科 目
通訳案内士Ⅰ~Ⅳ、海外観光研修、観光ボランティア
目指す資格
全国通訳案内士、ボランティア通訳ガイド

観光
コーディネーター

幅広い観光の知識に基づいた多言語対応のもてなし能力を身につける。

科 目
中国語、観光中国語、韓国語、観光韓国語、観光文化論
目指す資格
中国語検定、ハングル能力検定

学びのキーワード

  • 訪日外国人観光
  • 英語コミュニ
    ケーション
  • 観光・外国語
  • 国際観光ICT
  • 異文化交流
  • 海外留学

身につくチカラ

  • 世界の観光知識
  • 英 語 力
  • コミュニケーション力
  • 国 家 資 格 (旅行業務取扱管理者)
  • リーダーシップ
  • プレゼンテーション力

取得目標資格

北海道観光マスター検定

北海道を訪れる観光客に北海道全体に関する幅広い知識を持って接し、北海道の観光振興への意識とホスピタリティの向上を図ることを目的にしています。

総合旅行業務取扱管理者

国内と海外、両方の旅行業務を取り扱える国家資格。旅行業者等は営業所ごとに1人以上の有資格者を配置することが法律で定められています。

北海道各地ガイド検定

小樽、函館、十勝など北海道内で行われている地域ごとのガイド検定。各地域についての観光の知識を深め、ホスピタリティを高めるために実施されています。

旅程管理主任者

企画旅行に同行する主任添乗員に取得が義務付けられている資格。多様化する旅行者のニーズに的確に対応できる良質で高度な添乗実務を修得できます。

■その他の取得目標資格
  • 国内旅行業務取扱管理者
  • サービス接遇検定
  • 実践キャリア実務士
  • 観光ビジネス実務士
  • 図書館司書
  • 社会教育主事任用資格
  • TOEIC
  • 実用英語技能検定(2級)
  • 観光英語検定(2級)
  • 全国通訳案内士
■その他の取得目標資格
  • 国内旅行業務取扱管理者
  • サービス接遇検定
  • 実践キャリア実務士
  • 観光ビジネス実務士
  • 図書館司書
  • 社会教育主事任用資格
  • TOEIC
  • 実用英語技能検定(2級)
  • 観光英語検定(2級)
  • 全国通訳案内士

先生の授業拝見

先生も学生も国際色豊か!
語学や異文化が身近な存在に

先生のイメージ写真

「観光英会話」・英語の知識スキルの活用に自信を!

ただ英語を学ぶだけではなく、将来の仕事や生活に役立つ実践的な経験を積んでもらうことが授業のねらいです。大まかな意味を理解することから始めて、単語の意味の理解、発音練習、例文読解、リスニング、そして学生同士でペアを組んで例文の練習など。旅行やおもてなしに関するさまざまなテーマを設け、楽しみにながら取り組めるようにしています。

観光学部 国際観光学科
ジョン・トーマス講師
カナダ・ローレンシャン大学卒。JR北海道・外国のホスタピタリティー講師など。研究テーマは観光教育、高等教育のe・ラーニング。

授業写真イメージ

毎回、ネイティブの英語を体験できるほか、オーストラリア在住のホスピタリティ専門教師によるオンライン授業も導入。英語に対する恥ずかしさを少しずつ克服し、「使える英語」の習得を目標に努力してほしいと思っています。

国際観光学科イメージ写真

そうした中でこそ、本当に役立つスキルが身につくはずです。さらに、中国語の勉強を通じて、自分で考える力、必要な情報を探し出す力を養い、それを将来の仕事や人生に生かしてくれたらうれしいです。

観光学部 国際観光学科
陳 堯柏助教
アメリカ・ニューハンプシャー大学大学院で情報システムを学んだ後エンジニアに。研究の専門分野はITと英語コミュニケーション。

学生生活に身近な話題で中国語を楽しく学ぶ

「中国語Ⅱ」・学生生活に身近な話題で中国語を楽しく学ぶ

前期の「中国語Ⅰ」に引き焼き、観光業界で期待される実践コミュニケーション力の獲得を目指し、日常的な会話を例に単語・文法・発音を学んでいきます。学生生活でも気軽に中国語の練習ができるよう、アルバイトやスマートフォンに関連したセンテンスも紹介します。一方通行ではなく、みんなで意見交換しながら「あ、そうなんだ!」という発見をたくさん経験してもらいたいなと。

カリキュラム2020年度生用(予定)

観光学部共通科目

1年次
  • 観光概論
  • 観光論特別講義
  • ホスピタリティ論
  • 観光サービス論
  • 観光英会話
  • 観光実践演習
  • 旅行業法・約款
  • 国内旅行実務
  • 国内旅行運賃・料金
  • 国内観光資源
2年次
  • 観光事業論
  • 観光マーケティング
  • 観光統計
  • 観光調査法入門
  • 世界遺産
  • 地理学
  • 海外旅行実務
  • 観光ICT
  • 観光情報
  • 2年演習(基礎)
  • 2年演習(応用)
3年次
  • 観光と心のケア
  • 北海道観光
  • 観光政策行政
  • 観光と歴史文化
  • 観光英語
  • 上級観光英語
  • 温泉学概論
  • 観光とスポーツ
  • リゾート概論
  • 観光ガイド
  • インストラクター実習Ⅰ
  • インストラクター実習Ⅱ
  • オンライントラベル概論
  • オンライントラベル実習
  • インターネット旅行情報
  • 観光とMICE
  • 3年演習(基礎)
  • 3年演習(応用)
4年次
  • 4年演習(基礎)
  • 4年演習(応用)
  • 卒業研究

国際観光専門科目

1年次
  • 観光文化論
  • 観光ボランティア
  • 観光まちづくり論
2年次
  • 国際観光論
  • 海外観光研修
  • 通訳案内士Ⅰ
  • 通訳案内士Ⅱ
3年次
  • 観光経済論
  • 世界の観光地
  • 国際観光ビジネス
  • 北海道観光の歴史
  • 北海道観光政策
  • 観光交通
  • 北海道観光資源
  • 観光地形成
  • インバウンド概論
  • インバウンド政策
  • アジア観光論
  • 通訳案内士Ⅲ
  • 通訳案内士Ⅳ
  • 観光中国語
  • 観光韓国語

注目の授業・ゼミナール

観光ボランティア(1年~)

観光地でボランティア活動に実際に参加し、「人の交流」の重要性や注意点を実践的に学びます。中学生と一緒にイベントを企画したり、宣伝文をタブレット端末を使って複数の外国語に翻訳したり、SNSを使って世界に発信する作業にも取り組みます。

3年演習[基礎](3年~)

国際理解をテーマとする演習では、世界各地の観光資源や社会文化の特徴を調べたり、各国の衣・食・住を体験したり、札幌在住の外国人にインタビュー調査を行います。世界の様々な国に関する知識を増やし、グローバルな視野と感覚を養います。

海外体験A(1年~)

1週間の海外研修プログラムで、観光地調査と異文化体験を目的にオーストラリアのメルボルンで実施します。観光人材育成に取り組む職業専門学校での研修や、博物館、動物園、街中カフェで本場の英会話に挑戦など、刺激的な学びが満載です。

イベントカレンダー

ページの先頭に戻る