観光ビジネス学科
資料請求 オープンキャンパス Facebook LINE@ twitter

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

学位:学士(観光学)

 観光ビジネス学科は、豊かな教養ともてなしの姿勢を培い、観光ビジネスについての専門的、実践的な知識を修得し、観光ビジネス分野で活躍する人材の育成を目的としており、所定の期間在学し、学部・学科の教育理念、教育目標に沿って設定した授業科目を履修して、所定の単位数を修得し、卒業までに下記に示す姿勢や能力を身に付けた学生に卒業を認定し、学位規則に従い学士の学位を授与する。

  1. ①観光学の基礎的知識、技能の修得
  2. ②観光ビジネス分野の専門知識、技能の修得
  3. ③観光ビジネス分野の実践的知識、技能の修得
  4. ④修得した知識、技能の活用能力
  5. ⑤自立して行動できる姿勢、課題を発見し解決する能力

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 観光ビジネス学科は、豊かな教養ともてなしの姿勢を培い、観光ビジネスについての専門的、実践的な知識を修得し、観光ビジネス分野で活躍する人材の育成を目的としており、学生が卒業までにこの目的を達成するための教育課程を下記に示す教育課程編成・実施の方針に基づき設定する。

  1. ①高大接続の観点から、大学教育への円滑な移行を促すため、初年次教育の充実を図る。
  2. ②「観光ビジネス論」、「観光企業研究」などを中心に観光ビジネスの基礎的知識の修得に関する科目を設定する。
  3. ③「ホテルビジネス実務」、「航空ビジネス実務」、「旅行ビジネス実務」などを中心に観光ビジネス分野の専門知識の修得に関する科目を設定する。
  4. ④「ホテル演習」、「航空演習」、「旅行演習」などを中心に観光ビジネス分野の実践的知識の修得に関する科目を設定し、能動的・自主的な学修の充実を図る。なお、観光学部共通科目に設定されている「観光実践演習」は観光企業との協同で実施している実践力を養う科目でもある。
  5. ⑤キャリア形成の観点から、キャリア科目を体系的に設定し、社会的・職業的自立に必要な能力・態度を育む。「観光学部共通科目」に配置している「観光ビジネスマナー」、「観光実践演習」などは自立して行動できる姿勢を養う科目である。加えて、「キャリア科目」に設定されている「短期インターンシップⅠ」などは企業の受入の承諾があって成立する科目であり、社会人としての礼儀、職務に対する勤勉性などが企業により評価されるため、事前に自主的に姿勢を整えることが不可欠である。
  6. ⑥成績評価の公正さと透明性を確保するため、シラバスに記載する成績評価基準・方法等および学則、規程等に定める所定単位修得により学修成果を評価し、その客観性を担保するため、複層的な積み上げによる多面的・総合的な成績評価を実施する。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

観光ビジネス学科は、豊かな教養ともてなしの姿勢を培い、観光ビジネスについての専門的、実践的な知識を修得し、観光ビジネス分野で活躍する人材の育成を目的としている。

【求める学生像】

本学科は、上記のような人材を育成するため、本学科の目的に賛同し、本学科の教育に関心を持つ、以下のような人を受け入れる。

  1. ①ホテルビジネスに関心があり、探究心を有している人
  2. ②航空ビジネスに関心があり、探究心を有している人
  3. ③旅行ビジネスに関心があり、探究心を有している人
  4. ④本学科の修学において知識の活用に意欲を有している人
  5. ⑤観光ビジネスに関する体系的・実践的カリキュラムの下、観光学についての幅広い教養、専門知識、探究力を養い、身に付けたもてなしの姿勢、論理的思考力、コミュニケーション能力、実践的能力、課題解決能力を生かして、観光産業、観光振興の発展に貢献することのできる人

なお、本学科への入学を希望する人は、高等学校の教育課程等において、次のような姿勢、能力を身に付けていることを求める。

  1. ①学科の教育に適応できる基礎学力
    特に、資料を読み解き、考えを表現し、他者との円滑なコミュニケーションを図るために、国語の基礎的能力を要する。また、国際社会で活躍する人材を育成することを目的としているため、英語の基礎的能力を要する。
  2. ②部活動等を通じて得られた協同する姿勢
  3. ③ボランティア活動等を通じて得られた社会貢献への姿勢
  4. ④国内、海外の観光の動きに目を向ける姿勢

【入学者選抜について】

札幌国際大学は、上記の求める「学生像」を満たす人を選抜するため、本方針に基づき、多様な入学者選抜を行っており、観光学部においてはそれに沿って学科別に入学者選抜を実施している。基本的には「AO入学」、「学校推薦入学」、「一般試験入学」、「大学入試センター試験利用入学」、「特別入学」であるが、詳細は2018(平成30)年度入学試験要項で公表する。なお、観光ビジネス学科では特別入学(観光産業子女入学)を実施している。

もてなしの心をモットーにビジネススキルを磨き、
北海道の観光ビジネスを元気にする人材を育成します。

学科の特色
旅行・ホテル・航空という観光の骨格である主要な観光ビジネス分野の学びから、
様々な観光ビジネス産業の発展に適応できるビジネススキル、マネジメント能力を授業・演習(ゼミ含む)・
インターンシップなどを通じて総合的・実践的に身に付けます。
観光ビジネス産業を学ぶ
演習が充実
座学で学んだ幅広い観光ビジネス産業の知識を、より現実的かつ実践的な学びへと繋げるための現場を視察する学び「演習」が充実しています。
インターンシップで
「就業力」を強化
自分の将来=キャリア形成を育むため国内外に100社以上の研修先を用意。この就業体験により、就業力と人間力に向けた成長が実感できます。
チームで取り組む
プロジェクト型学習
プロジェクト型学習とは、チームで取り組む課題解決型授業です。観光が抱える課題に多面的・客観的な考え方でアプローチし、主体的な学習能力を身に付けます。
グローバル化に向けた
観光英会話でのもてなし
活きた観光英会話による外国人対応ができるようグローバル化に向けたもてなし力を身に付けます。
少人数ゼミによる
興味関心分野への研究
2年次からスタートする少人数ゼミです。観光ビジネスの様々な研究テーマについて自ら選択し、専門的な知識と技能を学びます。
単位修得で
「観光ビジネス実務士」
資格を取得
観光ビジネスを専門的に学んだことの証(あかし)として、2年終了までに資格取得ができます。観光業界に大いに貢献できる人材へとつながります。

身につくチカラ

身につくチカラ

学びのキーワード

  • 訪日観光
    (国際化対応)
  • ホスピタリティ
    (もてなし)
  • サービス
  • ICT・IT技術革新
  • 観光産業
    (観光ビジネス)
  • 経営・
    マーケティング

「カリキュラム」を見る

観光ビジネス学科カリキュラム_画像

カリキュラム平成29年度生用(予定)

学部共通科目 観光ビジネス基礎科目
  • 観光概論
  • 観光事業論
  • 観光論特別講義
  • ホスピタリティ論
  • 観光サービス論
  • サービスの心理学
  • 北海道の観光
  • 観光政策経済入門
  • 観光マーケティング
  • 国際観光ビジネス
  • 世界遺産
  • 観光調査法入門
  • TOEIC
  • 観光英会話
  • 観光ICT
  • 観光ビジネスマナー
  • 観光実践演習
  • 2年演習(基礎)
  • 2年演習(応用)
  • 3年演習(基礎)
  • 3年演習(応用)
  • 4年演習(基礎)
  • 4年演習(応用)
  • 卒業研究
  • 経営学基礎
  • 観光ビジネス論
  • 観光地理
  • 観光企業研究
  • ビジネスコミュニケーション
  • 職業倫理
観光ビジネス専門科目
  • ホテルビジネス実務
  • ホテル演習
  • ホテル商品企画
  • ブライダルビジネス
  • 航空ビジネス実務
  • 航空演習
  • キャビンアテンダント実務
  • グランドスタッフ実務
  • 旅行ビジネス実務
  • 旅行演習
  • 旅行業法・約款
  • 国内旅行実務
  • 添乗実務論
  • 添乗演習

取得目標資格

[観 光 系]
  • 観光ビジネス実務士
  • 国内旅行業務取扱管理者
  • 総合旅行業務取扱管理者
  • ツアーコンダクター
  • 北海道観光マスター検定
  • ホテルビジネス実務検定
  • 航空検定
[ビジネス系]
  • 実践キャリア実務士
  • ビジネス実務マナー検定
  • サービス接遇検定
  • ビジネス能力検定
  • 秘書技能検定
  • 簿記能力検定
[語 学 系]
  • TOEIC、TOEFL
  • 観光英語検定
  • 実用英語技能検定
  • 旅行業英語検定
  • ビジネス英語検定
  • 観光英語検定
  • ボランティア通訳検定

  • 中国語検定
  • 韓国語検定
就職率(平成28年度実績)
100%

注目の授業・ゼミナール

プロジェクト演習Ⅰ・Ⅱ
プロジェクト演習Ⅰ・Ⅱ写真 観光に関する身近な課題に対して、学生が主体的に解決に向けて挑戦するプロジェクト演習。旅行会社とコラボした「学生ツアープラン造成による定山渓活性化プロジェクト」や「外国人ドライブ観光促進に向けたドライブmapの電子化プロジェクト」などチームで色々な挑戦が実践されています。
観光英会話
観光英会話写真 スマートフォンやタブレット端末など身近なICT(情報通信技術)を利用して集中的に観光に関連する基礎的な単語やフレーズをマスターするのがこの授業の特徴。また、フィールドワークで外国人観光客へのアンケート調査や観光情報を発信することで英語の表現力やプレゼンテーション力を鍛えます。
国際観光ビジネス
国際観光ビジネス写真 1.2年次で培った観光専門知識と語学力をいかした海外での3年次短期演習プログラム。観光入込が伸びている東南アジア圏をフィールドに、学生の力で北海道を発信など、躍動感あふれる国際観光ビジネス現場の最前線を視察したり、北海道観光に対するニーズ調査など国際的な視野を持ったビジネス能力を培います。
旅プロデュースに参加 実際に旅行プランを考えました!

ページの先頭に戻る

大学案内
  • jihee bnr
  • JACA bnr