資料請求 学科ブログ クラブ&サークル オープンキャンパス Facebook LINE@ twitter
心理学科 子ども心理専攻 昨日できなかったことが、今日はできるようになっている。日々の成長に気づきながらやわらかな「こころ」に寄り添う。子どもたちの豊かな未来のために。
心理学科 子ども心理専攻 昨日できなかったことが、今日はできるようになっている。日々の成長に気づきながらやわらかな「こころ」に寄り添う。子どもたちの豊かな未来のために。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

心理学科は、教養教育によって培われる豊かな人間性を基盤に、心理学の基礎理論と臨床心理学的援助および幼児教育・保育の知識と技能を習得して、医療、福祉、教育、保育などの現場で、専門的対人援助が行える基礎力を有する人材の育成を目的としており、所定の期間在学し、学部・学科の教育理念、教育目標に沿って設定した授業科目を履修して、所定の単位数を修得し、卒業までに下記に示す姿勢や能力を身に付けた学生に卒業を認定し、学位規則に従い学士の学位を授与する。

子ども心理専攻

学位:学士(教育学)

子ども心理専攻は教養教育によって培われる豊かな人間性を基盤に、幼児教育・保育の知識と技能の修得を目的としており、所定の期間在学し、学部・学科の教育理念、教育目標に沿って設定した授業科目を履修して、所定の単位数を修得し、卒業までに下記に示す姿勢や能力を身に付けた学生に卒業を認定し、学位規則に従い学士の学位を授与する。

  1. 心理学領域における基礎的知識、技能の修得
  2. 幼児教育・保育領域における基礎的知識、技能の修得およびそれを基にした専門知識、技能の修得
  3. 人文学領域に関する教養の修得
  4. 修得した知識、技能の活用能力
  5. 自立して行動できる姿勢、課題を発見し解決する能力

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

心理学科は、教養教育によって培われる豊かな人間性を基盤に、心理学の基礎理論と臨床心理学的援助および幼児教育・保育の知識と技能を修得して、医療、福祉、教育、保育などの現場で、専門的対人援助が行える基礎力を有する人材の育成を目的としており、学生が卒業までにこの目的を達成するための教育課程を下記に示す教育課程編成・実施の方針に基づき設定する。

  1. 高大接続の観点から、大学教育への円滑な移行を促すため、初年次教育の充実を図る。
  2. 「心理学概論」、「心理調査概論」、「心理学統計法」、「心理学実験Ⅰ(基礎)」などの授業において心理学の基礎理論、方法を理解する。
  3. 「臨床心理学概論」、「発達心理学」、「教育・学校心理学」などの授業において臨床、幼児教育、保育分野の心理学的アプローチを理解する。
  4. 専門的な知識、技能および論理的思考力を育成することを目的として、各専攻に専攻専門科目を設定し、各専攻の教育目標を達成するための教育課程を体系的に編成する。
  5. 演習、実習、インターンシップ等を通じた実践的・体験的な学びを重視し、能動的・自主的な学修の充実を図る。
  6. キャリア形成の観点から、キャリア科目を体系的に設定し、社会的・職業的自立に必要な能力・態度を育む。
  7. 成績評価の公正さと透明性を確保するため、シラバスに記載する成績評価基準・方法等および学則、規程等に定める所定単位修得により学修成果を評価し、その客観性を担保するため、複層的な積み上げによる多面的・総合的な成績評価を実施する。

子ども心理専攻

子ども心理専攻は教養教育によって培われる豊かな人間性を基盤に、幼児教育・保育の知識と技能の修得を目的としており、学生が卒業までにこの目的を達成するための教育課程を下記に示す教育課程編成・実施の方針に基づき設定する。

  1. 高大接続の観点から、大学教育への円滑な移行を促すため、初年次教育の充実を図る。
  2. 「心理学概論」、「知覚・認知心理学」、「学習・言語心理学」、「心理学研究法」などの授業において心理学領域における基礎的知識を修得する。
  3. 「子どもの理解の理論と方法」、「児童文化」、「保育内容総論」などの授業において幼児教育・保育領域における基礎的知識と技能を修得する。
  4. 「保育内容研究(人間関係)Ⅰ」、「保育相談支援」、「乳児保育Ⅰ」、「幼稚園実習指導」などの授業において修得した知識、技能の活用能力を高める。
  5. 「幼稚園実習」、「保育実習Ⅰ」などの授業において自立して行動できる姿勢を身に付ける。
  6. 「人文学概論」、「障害者・障害児心理学」、「福祉心理学」などの授業において人文学領域に関する教養を身に付ける。
  7. 専門的な知識、技能および論理的思考力を育成することを目的として、子ども心理分野に関する専攻専門科目を設定し、本専攻の教育目標を達成するための教育課程を体系的に編成する。
  8. 演習、実習、インターンシップ等を通じた実践的・体験的な学びを重視し、能動的・自主的な学修の充実を図る。
  9. キャリア形成の観点から、キャリア科目を体系的に設定し、社会的・職業的自立に必要な能力・態度を育む。
  10. 成績評価の公正さと透明性を確保するため、シラバスに記載する成績評価基準・方法等および学則、規程等に定める所定単位修得により学修成果を評価し、その客観性を担保するため、複層的な積み上げによる多面的・総合的な成績評価を実施する。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

心理学科は、教養教育によって培われる豊かな人間性を基盤に、心理学の基礎理論と臨床心理学的援助および幼児教育・保育の知識と技能を修得して、医療、福祉、教育、保育などの現場で、専門的対人援助が行える基礎力を有する人材の育成を目的としている。

子ども心理専攻

子ども心理専攻は教養教育によって培われる豊かな人間性を基盤に、幼児教育・保育の知識と技能の修得を目指す人材の育成を目的としている。

【求める学生像】

本学科は、上記のような人材を育成するため、本学科・専攻の目的に賛同し、本学科・専攻の教育に関心を持つ、以下のような人を受け入れる。

子ども心理専攻

  1. 人間の心や社会に関するさまざまな問題に広く関心を持ち、学ぶ意欲が高い人
  2. 人間の発達に携わる者としての責任を自覚し、人との関わりの中で自己形成の努力ができる人
  3. 幼児教育や児童福祉の分野で活躍することを目指す人
  4. 大学の学びに必要な基礎的学力を備えている人
  5. 幼児教育・保育の知識、技能修得を目的とした体系的・実践的カリキュラムの下、保育の心理学、教育心理学等に関する幅広い教養、専門知識、技能を培うことを通じて身に付けた子どもの成長・発達を援助できる能力・技能を生かし、地域社会に貢献できる人

なお、本専攻への入学を希望する人は、高等学校の教育課程等において、次に示す姿勢、能力を身に付けていることを求める。

  1. 読む・書く・話す・聞くといったコミュニケーションに必要な言語運用能力(特に国語)
  2. 現代社会で起こっていることに興味・関心をもち、自分の経験や活動等を自らの言葉で表現できること。
子心チャンネル

学びのキーワード

  • 心理学
  • 体験に基づく理論
  • 実践力
  • 自己理解
  • 子ども理解
  • 自己表現

身につくチカラ

  • 豊かな教養
  • 豊かな社会性
  • 豊かな共感力
  • 豊かな実践力
  • 豊かな専門性
  • 豊かなコミュニケーション力

取得目標資格

幼稚園教諭一種

幼稚園教諭になるために必須の免許です。大学卒業で取得できる「一種免許状」は、幼稚園の園長など次代の保育界リーダーになるには欠かせません。

保育士

保育士としての就職に必須の資格です。幼稚園・保育所の一元化が図られるようになり、幼稚園教諭の免許とあわせて取得することが求められます。

こども音楽療育士(申請予定)

心・身体・音楽の相互関係についての知識、楽器の演奏と演奏指導の仕方などを習得し、障がいのある方々を対象にコミュニケーションを促します。

児童指導員任用資格

児童養護施設などで児童の成長を援助し、生活習慣や学習の指導、生活上のアドバイスなどを行います。指定科目を修了すると取得できます。

■その他の取得目標資格
  • 認定心理士
  • 園芸療法士
  • 社会教育主事任用資格
  • 図書館司書
  • 実践キャリア実務士
  • レクリエーション・インストラクター
■その他の取得目標資格
  • 認定心理士
  • 園芸療法士
  • 社会教育主事任用資格
  • 図書館司書
  • 実践キャリア実務士
  • レクリエーション・インストラクター

先生の授業拝見

声や楽器などを使ってグループワーク
保育者としての音楽力・表現力をつけます

みんなで音楽に合わせて
歌ったり動いたりするんですね

声や楽器、身体を使って活動することが必要な授業です。恥ずかしがる学生もいますが、特に歌は保育の仕事に必須です。声を出すと気持ちも明るくなりますし、やっているうちにできるようになっていくものです。授業では前回を振り返りつつ次へ。らせん状に少しずつレベルアップできるように心がけています。

将来につながるどんなことが
身につけられるのでしょうか

一つは、音楽をメインに子どもの表現を引き出すこと。もう一つは、グループワークで人とコミュニケーションをとる時、どう「私」を表現するか。コミュニケーションというと、自分を抑えて仲良くするイメージかもしれませんが、必要なことをどのように相手に伝えるのか、ということも重要です。将来、子どもや仕事仲間に伝えるための力を総合的に養ってほしいと思います。

「幼児と表現」

力をつけるために、
授業中気をつけるべきことは何ですか

集中し、全部の感覚を鋭くすることでしょうか、きちんと聞いて、見て、それを正しく判断して表現する。メチャクチャなのと創造性豊かということの違いが分かる目を養ってほしいですね。指揮をしたり、先生役をする機会もありますが、それもとても大切。人前に立ってどう伝えていくかを考える習慣をつけてほしいので、授業中の私の動きを見ることも参考になります。音楽を通したコミュニケーションで人とつながっていくのは楽しいですよ。

人文学部/心理学科 子ども心理専攻
村中 幸子講師

国立音楽大学卒。
ジュネーヴなどで学んだダルクローズリトミック(音楽教育)が専門分野。日本ジャック=ダルクローズ協会会長

カリキュラム2020年度生用(予定)

人文学部共通科目

1年次
  • 人文学概論
2年次
  • 基礎演習Ⅰ
  • 基礎演習Ⅱ
3年次
  • 応用演習Ⅰ
  • 応用演習Ⅱ
4年次
  • 卒業研究
  • テーマ研究Ⅰ
  • テーマ研究Ⅱ

心理学科基礎科目

1年次
  • 心理学概論
  • 社会福祉論
  • 心理学実験Ⅰ(基礎)
2年次
  • 教育・学校心理学
  • 知覚・認知心理学
  • 発達心理学
  • 学習・言語心理学
  • 色彩心理学
  • 心理学実験Ⅱ(応用)
  • 心理学統計法
  • 障害者・障害児心理学
3年次
  • 感情・人格心理学
  • 健康・医療心理学
  • 社会・集団・家族心理学
  • 心理調査概論
  • 福祉心理学

子ども心理専攻専門科目

1年次
  • 保育の心理学
  • 子どもの理解と援助
  • 児童文化
  • 教職入門
  • 教育原理
  • 子ども心理フィールドワークⅠ
  • 子ども心理フィールドワークⅡ
  • 音楽Ⅰ(歌唱・理論基礎)
  • 子どもの図画工作(基礎)
  • 保育表現(身体・言葉)
  • 保育内容総論
  • 幼児と健康
  • 幼児と環境
  • 特別支援教育
2年次
  • 保育内容指導法
  • 子ども家庭支援の心理学
  • 子ども家庭福祉
  • 保育原理
  • 社会的養護Ⅰ
  • 教育方法論
  • 子どもの保健
  • 子どもの健康と安全
  • 子ども家庭支援論
  • 音楽Ⅱ(ピアノ基礎)
  • 音楽Ⅱ(ピアノ応用)
  • 子どもの図画工作(応用)
  • 運動Ⅰ
  • 運動Ⅱ
  • レクリエーション理論(子ども)
  • 幼児と人間関係
  • 幼児と言葉
  • 幼児と表現
  • 乳児保育Ⅰ
  • 乳児保育Ⅱ
  • 障がい児保育Ⅰ
  • 障がい児保育Ⅱ
3年次
  • 教育課程論Ⅰ
  • 子ども理解の理論と方法
  • 子どもの食と栄養(基礎)
  • 子どもの食と栄養(応用)
  • 音楽Ⅰ(歌唱・理論応用)
  • レクリエーション実技(子ども)
  • 保育内容(人間関係)
  • 保育内容(健康)
  • 保育内容(環境)
  • 保育内容(言葉)
  • 保育内容(表現)
  • 社会的養護Ⅱ
  • 子育て支援
  • 保育実習指導Ⅰ
  • 保育実習指導Ⅱ
  • 保育実習指導Ⅲ
  • 保育実習Ⅰ
  • 保育実習Ⅱ
  • 保育実習Ⅲ
4年次
  • 教育課程論Ⅱ
  • 教育行財政
  • 教育相談
  • 保育・教職実践演習(幼稚園)
  • 幼稚園実習指導
  • 幼稚園実習
  • レクリエーション実習(子ども)

注目の授業

子ども心理
フィールドワークⅠ

保育施設に出向いて行う観察演習や、子どもに関わる行事等へのボランティア参加を通し、子どもとの接し方や保育の業務を学びます。また、実習時に使用する名札やグッズの制作も行います。

子どもの理解と援助

子どもの思いに寄り添うことが保育では重要です。目に見えないと思われる子どもの「こころ」を保育者はどのように捉えているのでしょう。保育現場の子どもの可愛い表情や泣いたり葛藤したりする映像を通して考えていく授業です。

保育内容指導法

本実習を想定した2年次後期の授業です。付属幼稚園へ出向き保育や子どもの姿を記録し考察すること、またこれまで学んできた子どもの発達の特性や保育の原理を基に指導計画を立て実践を試みることなど、実習に必要な力を身につけます。

イベントカレンダー

ページの先頭に戻る