資料請求 学科ブログ クラブ&サークル オープンキャンパス Facebook LINE@ twitter
心理学科 子ども心理専攻 昨日できなかったことが、今日はできるようになっている。日々の成長に気づきながらやわらかな「こころ」に寄り添う。子どもたちの豊かな未来のために。
心理学科 子ども心理専攻 昨日できなかったことが、今日はできるようになっている。日々の成長に気づきながらやわらかな「こころ」に寄り添う。子どもたちの豊かな未来のために。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

心理学科は、教養教育によって培われる豊かな人間性を基盤に、心理学の基礎理論と臨床心理学的援助および幼児教育・保育の知識と技能を習得して、医療、福祉、教育、保育などの現場で、専門的対人援助が行える基礎力を有する人材の育成を目的としており、所定の期間在学し、学部・学科の教育理念、教育目標に沿って設定した授業科目を履修して、所定の単位数を修得し、卒業までに下記に示す姿勢や能力を身に付けた学生に卒業を認定し、学位規則に従い学士の学位を授与する。

子ども心理専攻

学位:学士(教育学)

子ども心理専攻は教養教育によって培われる豊かな人間性を基盤に、幼児教育・保育の知識と技能の修得を目的としており、所定の期間在学し、学部・学科の教育理念、教育目標に沿って設定した授業科目を履修して、所定の単位数を修得し、卒業までに下記に示す姿勢や能力を身に付けた学生に卒業を認定し、学位規則に従い学士の学位を授与する。

  1. 心理学領域における基礎的知識、技能の修得
  2. 幼児教育・保育領域における基礎的知識、技能の修得およびそれを基にした専門知識、技能の修得
  3. 人文学領域に関する教養の修得
  4. 修得した知識、技能の活用能力
  5. 自立して行動できる姿勢、課題を発見し解決する能力

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

心理学科は、教養教育によって培われる豊かな人間性を基盤に、心理学の基礎理論と臨床心理学的援助および幼児教育・保育の知識と技能を修得して、医療、福祉、教育、保育などの現場で、専門的対人援助が行える基礎力を有する人材の育成を目的としており、学生が卒業までにこの目的を達成するための教育課程を下記に示す教育課程編成・実施の方針に基づき設定する。

  1. 高大接続の観点から、大学教育への円滑な移行を促すため、初年次教育の充実を図る。
  2. 「心理学概論」、「心理調査概論」、「心理学統計法」、「心理学実験Ⅰ(基礎)」などの授業において心理学の基礎理論、方法を理解する。
  3. 「臨床心理学概論」、「発達心理学」、「教育・学校心理学」などの授業において臨床、幼児教育、保育分野の心理学的アプローチを理解する。
  4. 専門的な知識、技能および論理的思考力を育成することを目的として、各専攻に専攻専門科目を設定し、各専攻の教育目標を達成するための教育課程を体系的に編成する。
  5. 演習、実習、インターンシップ等を通じた実践的・体験的な学びを重視し、能動的・自主的な学修の充実を図る。
  6. キャリア形成の観点から、キャリア科目を体系的に設定し、社会的・職業的自立に必要な能力・態度を育む。
  7. 成績評価の公正さと透明性を確保するため、シラバスに記載する成績評価基準・方法等および学則、規程等に定める所定単位修得により学修成果を評価し、その客観性を担保するため、複層的な積み上げによる多面的・総合的な成績評価を実施する。

子ども心理専攻

子ども心理専攻は教養教育によって培われる豊かな人間性を基盤に、幼児教育・保育の知識と技能の修得を目的としており、学生が卒業までにこの目的を達成するための教育課程を下記に示す教育課程編成・実施の方針に基づき設定する。

  1. 高大接続の観点から、大学教育への円滑な移行を促すため、初年次教育の充実を図る。
  2. 「心理学概論」、「知覚・認知心理学」、「学習・言語心理学」、「心理学研究法」などの授業において心理学領域における基礎的知識を修得する。
  3. 「子どもの理解の理論と方法」、「児童文化」、「保育内容総論」などの授業において幼児教育・保育領域における基礎的知識と技能を修得する。
  4. 「保育内容研究(人間関係)Ⅰ」、「保育相談支援」、「乳児保育Ⅰ」、「幼稚園実習指導」などの授業において修得した知識、技能の活用能力を高める。
  5. 「幼稚園実習」、「保育実習Ⅰ」などの授業において自立して行動できる姿勢を身に付ける。
  6. 「人文学概論」、「障害者・障害児心理学」、「福祉心理学」などの授業において人文学領域に関する教養を身に付ける。
  7. 専門的な知識、技能および論理的思考力を育成することを目的として、子ども心理分野に関する専攻専門科目を設定し、本専攻の教育目標を達成するための教育課程を体系的に編成する。
  8. 演習、実習、インターンシップ等を通じた実践的・体験的な学びを重視し、能動的・自主的な学修の充実を図る。
  9. キャリア形成の観点から、キャリア科目を体系的に設定し、社会的・職業的自立に必要な能力・態度を育む。
  10. 成績評価の公正さと透明性を確保するため、シラバスに記載する成績評価基準・方法等および学則、規程等に定める所定単位修得により学修成果を評価し、その客観性を担保するため、複層的な積み上げによる多面的・総合的な成績評価を実施する。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

心理学科は、教養教育によって培われる豊かな人間性を基盤に、心理学の基礎理論と臨床心理学的援助および幼児教育・保育の知識と技能を修得して、医療、福祉、教育、保育などの現場で、専門的対人援助が行える基礎力を有する人材の育成を目的としている。

子ども心理専攻

子ども心理専攻は教養教育によって培われる豊かな人間性を基盤に、幼児教育・保育の知識と技能の修得を目指す人材の育成を目的としている。

【求める学生像】

本学科は、上記のような人材を育成するため、本学科・専攻の目的に賛同し、本学科・専攻の教育に関心を持つ、以下のような人を受け入れる。

子ども心理専攻

  1. 人間の心や社会に関するさまざまな問題に広く関心を持ち、学ぶ意欲が高い人
  2. 人間の発達に携わる者としての責任を自覚し、人との関わりの中で自己形成の努力ができる人
  3. 幼児教育や児童福祉の分野で活躍することを目指す人
  4. 大学の学びに必要な基礎的学力を備えている人
  5. 幼児教育・保育の知識、技能修得を目的とした体系的・実践的カリキュラムの下、保育の心理学、教育心理学等に関する幅広い教養、専門知識、技能を培うことを通じて身に付けた子どもの成長・発達を援助できる能力・技能を生かし、地域社会に貢献できる人

なお、本専攻への入学を希望する人は、高等学校の教育課程等において、次に示す姿勢、能力を身に付けていることを求める。

  1. 読む・書く・話す・聞くといったコミュニケーションに必要な言語運用能力(特に国語)
  2. 現代社会で起こっていることに興味・関心をもち、自分の経験や活動等を自らの言葉で表現できること。

学びのキーワード

  • 自己理解
  • 子ども理解
  • 自己表現
  • 実践力
  • 体験に基づく理論
  • 心理学

身につくチカラ

  • 豊かな教養
  • 豊かな社会性
  • 豊かな共感力
  • 豊かな実践力
  • 豊かな専門性
  • 豊かなコミュニケーション力

取得目標資格

幼稚園教諭

幼稚園教諭になるために必須の資格です。大学卒業で取得できる「一種免許状」は、幼稚園の園長など次代の保育界リーダーになるには欠かせません。

保育音楽療育士

心・身体・音楽の相互関係についての知識、楽器の演奏と演奏指導の仕方などを習得し、障がいのある方々を対象にコミュニケーションを促します。

保育士

保育士としての就職に必須の資格です。幼稚園・保育所の一元化が図られるようになり、幼稚園教諭の資格とあわせて取得することが求められます。

児童指導員任用資格

児童養護施設などで児童の成長を援助し、生活習慣や学習の指導、生活上のアドバイスなどを行います。指定科目を修了すると取得できます。

■その他の取得目標資格
  • 社会教育主事任用資格
  • 図書館司書
  • 園芸療法士
  • 実践キャリア実務士
  • 認定心理士
■その他の取得目標資格
  • 社会教育主事任用資格
  • 図書館司書
  • 園芸療法士
  • 実践キャリア実務士
  • 認定心理士

主な就職内定先〈過去3年間〉

(学)明石学園 広島わかば幼稚園、(学)あけぼの学園 認定こども園あけぼの、(学)江別若葉学園 元江別わかば幼稚園、(学)大藤学園 認定こども園 北野しらかば幼稚園、(学)北野学園 札幌きたの幼稚園、(学)桐友学園 岩見沢めぐみ幼稚園、(学)坂本学園 大地太陽森の家保育園、(学)札幌大蔵学園 札幌幼稚園、(学)白水学園 認定こども園新琴似幼稚園、(学)清明学園 認定こども園さつなえのもり、(学)高龍寺学園 認定こども園 国の華幼稚園、(学)西野学園、(学)東学園 美晴の家保育園、(学)ふれ愛チャイルド ときわみなみの幼稚園、(学)北海大谷学園 札幌大谷幼稚園、(学)北海道カトリック学園 苫小牧聖母幼稚園、(学)北海道キリスト教学園 認定こども園ひばりが丘明星幼稚園、(学)北邦学園 認定こども園いちい幼稚園、(学)北邦学園 東橋いちい認定こども園、(学)マーガレット学園 認定こども園 マーガレット幼稚園・マーガレット保育園、(学)リズム学園 恵庭幼稚園、(学)和学園 ふくずみ幼稚園、(学)札幌国際大学付属幼稚園、(公財)さっぽろ青少年女性活動協会、(福)池田光寿会 児童養護施設十勝学園、(福)小樽さくら保育会 さくら保育園、(福)札幌からまつの会 しずく保育園、(福)札幌東勤労者医療福祉協会 勤医協ぽぷら保育園、(福)札幌福祉会 札幌北野保育園、(福)札幌療育会 ノビロ学園、(福)千歳洋翔会 アルプス保育園 アルプス認定こども園、(福)北翔会、(福)夢工房 しらゆき夢保育園、(福)札幌福祉会 札幌北野保育園、(福)桃の花メイト会 宮の沢桃の花保育園、(学)浅利教育学園 認定こども園千歳春日保育園、(福)星光福祉会 北の星東札幌保育園、(福)宮の沢福祉会 宮の沢さくら保育園、札幌市(福祉コース)、札幌市(保育士)、富士ゼロックス北海道㈱、北海道セキスイハイム㈱、㈱ユナイテッドアローズ

就職率

(2017年度 心理学科 子ども心理専攻実績) 100%

子ども心理専攻は、
こんな人たちのための学びの場です。

  • 子どもが好き
  • 幼稚園教諭や保育士になりたい
  • 子育て支援の担い手になりたい
  • 障がい児を支援したい
  • 心理学をベースに子どもを学びたい
  • 子どもにかかわる
    多様な仕事から進路を選択したい
  • 4年間で高い専門性を身につけたい

子ども心理専攻だから、
こんな特徴・魅力があります。

心理学科で
保育が学べる!
全道で唯一、幼稚園教諭・保育士を目指しながら心理学も学べます。心理学を通して子どもの問題への興味・関心を引き出し、教育・保育の専門性へ導きます。
保育音楽療育士
も全道唯一
障がいのある方々を対象に、音や音楽を使った活動でコミュニケーションを促し、サポートできる人材のための資格。取得できるのは道内で本学のみです。
実習とゼミが中心
1年次前期のボランティア実習から4年次の幼稚園実習まで、多彩な経験により子どもの発達をめぐる問題意識が向上。それがテーマ研究につながります。
ボランティアで
スキルアップ
幼稚園や児童会館のほか保育・療育等児童福祉施設が行う行事、北海道警察の子ども向け防犯活動など、子どもとふれあえるボランティアの機会が豊富。
多彩な進路
教育・保育職のほか公務員や児童指導員、また大学院へ進学して臨床心理士を目指すなど、卒業後には多彩な進路があります。本専攻卒業生は、北海道内はもちろん、東北地方をはじめ全国各地で活躍しています。
7年連続 就職率100%(2017年度実績) 7年連続 就職率100%(2017年度実績)

カリキュラム2019年度生用(予定)

学部共通科目

  • 人文学概論
  • 基礎演習Ⅰ
  • 基礎演習Ⅱ
  • 応用演習Ⅰ
  • 応用演習Ⅱ
  • 卒業研究
  • テーマ研究Ⅰ
  • テーマ研究Ⅱ

学科基礎科目

心理学の諸領域概説
  • 心理学概論
  • 社会福祉論
  • 学習・言語心理学
  • 色彩心理学
  • 発達心理学
  • 教育・学校心理学
  • 知覚・認知心理学
  • 障害者・障害児心理学
  • 福祉心理学
  • 社会・集団・家族心理学
  • 感情・人格心理学
  • 健康・医療心理学
心理学研究法
  • 心理学実験Ⅰ(基礎)
  • 心理学統計法
  • 心理学実験Ⅱ(応用)
  • 心理調査概論

子ども心理専門科目

保育・教育理論
  • 教職入門
  • 教育原理
  • 保育の心理学Ⅰ
  • 児童文化
  • 保育の心理学Ⅱ
  • 保育原理
  • 保育相談支援
  • 児童家庭福祉
  • 教育行財政
  • 教育課程論Ⅰ
  • 家庭支援論
  • 社会的養護
  • 教育相談
  • 相談補助
  • 教育課程論Ⅱ
  • 子ども理解の理論と方法
  • 社会的養護内容
  • メディア教育論
保育内容・方法
  • 保育内容総論
  • 保育内容研究(健康)Ⅰ
  • 保育内容研究(健康)Ⅱ
  • 保育内容研究(表現)Ⅰ
  • 障がい児教育総論
  • 乳児保育Ⅰ
  • 子どもの保健(基礎)
  • 子どもの食と栄養(基礎)
  • 子どもの食と栄養(応用)
  • 保育内容研究(言葉)Ⅰ
  • 乳児保育Ⅱ
  • 子どもの保健(応用)
  • 子どもの保健Ⅱ
  • 教育方法論
  • 障がい児保育Ⅰ
  • 保育内容研究(環境)Ⅰ
  • 保育内容研究(人間関係)Ⅰ
  • 生活Ⅰ
  • 保育内容研究(言葉)Ⅱ
  • 保育内容研究(表現)Ⅱ
  • 障がい児保育Ⅱ
  • 保育内容研究(環境)Ⅱ
  • 保育内容研究(人間関係)Ⅱ
  • 生活Ⅱ
保育表現技術
  • 音楽Ⅰ(歌唱・理論基礎)
  • 音楽Ⅱ(ピアノ基礎)
  • 音楽Ⅱ(ピアノ応用)
  • 子どもの図画工作(基礎)
  • 運動Ⅰ
  • 音楽Ⅰ(歌唱・理論応用)
  • 子どもの図画工作(応用)
  • 運動Ⅱ
  • 体育実技(基礎)
  • 体育実技(応用)
  • 日本語表現法研究Ⅰ
  • 日本語表現法研究Ⅱ
実 習
  • 子どもボランティアⅠ
  • 子どもボランティアⅡ
  • 保育内容指導法
  • 保育実習指導Ⅰ
  • 保育実習Ⅰ
  • 保育実習指導Ⅱ・Ⅲ
  • 保育実習Ⅱ・Ⅲ
  • 幼稚園実習指導
  • 幼稚園実習
  • 保育・教職実践演習(幼稚園)

臨床心理専門科目

臨床系概論
  • 臨床心理学概論
  • 社会心理学概論
  • 精神疾患とその治療
  • 対人関係論
臨床演習
  • 心理的アセスメントⅠ(質問紙法)
  • カウンセリング実習
  • 心理的アセスメントⅡ(投影法)
  • 発達心理診断法
  • 心理演習
  • 心理学実習Ⅲ(遊戯・芸術療法)

注目の授業・ゼミナール

子ども理解の理論と方法

2歳頃、物の取り合いがよく見られますが、3歳を過ぎると譲り合うようになり、5歳頃には一緒に使えるようになります。この科目では、このような変化の背景にある心の発達を学びます。

テキストの事例や子どものいろいろな姿の映像などをもとに、子どもの思いやその支援の方法などを考えます。グループワークが多いので、それぞれの見方や意見を話し合い、経験を共有することができます。

実習後は授業の受け止め方が変わり、自分なら子どもをどうとらえるか、というように、具体的に考えられるようになりました。

講義の内容と実習での経験がつながり、知識が役に立つこと、それをもとに行動すること、両方の大切さを実感しました。

子どもボランティアⅠ

1年前期の科目です。3年次以降の本実習を見据え、入学直後から子どもと関わる経験を積むことを目的としています。近隣の保育施設へ出向いて行う観察演習や、子どもの施設のボランティア参加を通し、子どもとの接し方や保育の業務などを学びます。

児童文化

子どもの生活や遊びは文化に支えられています。普段何気なく通り過ぎていく年中行事の意味や、絵本の楽しみが遊びまでつながることなどについて、文化的側面から考えてみます。また自らも楽しむことを通して、子どもたちに伝えたい文化とは何かについて思考し、子どもとともに暮らすこと・遊ぶことの実践力を身につけます。

保育の心理学Ⅱ

子どもの思いに寄り添うことが保育では重要です。目に見えないと思われる子どもの「こころ」を保育者はどのように捉えているのでしょう。保育現場の子どもの可愛い表情や泣いたり葛藤したりする映像を通して考えていく授業です。

音楽劇ゼミ

3年次から卒業までの2年間、子ども向け音楽劇の創作・上演をテーマに活動します。子どもの視線に立って物語を創作し、楽曲も自作。保育現場に移動上演できる規模の舞台を作って上演を繰り返し、最後には活動レポートをまとめます。

イベントカレンダー

ページの先頭に戻る

大学案内
  • jihee bnr
  • JACA bnr