資料請求 学科ブログ クラブ&サークル オープンキャンパス Facebook LINE@ twitter
人文学部 現代文化学科 歴史、文化、言語、コミュニケーションをさまざまな観点から見つめなおし、現代文化を語る“知の力”を育てます。
人文学部 現代文化学科 歴史、文化、言語、コミュニケーションをさまざまな観点から見つめなおし、現代文化を語る“知の力”を育てます。

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

学位:学士(人文学)

現代文化学科は言語・文化・コミュニケーションをキーワードに、コミュニケーション能力を高め、他者の歴史・文化・宗教・習慣に対する理解を深めることで、グローバルに活躍できる人材を育成することを目的としており、所定の期間在学し、学部・学科の教育理念、教育目標に沿って設定した授業科目を履修して、所定の単位数を修得し、卒業までに下記に示す姿勢や能力を身に付けた学生に卒業を認定し、学位規則に従い学士の学位を授与する。

  1. 文化領域における基礎的知識の修得
  2. 言語、コミュニケーション領域における基礎的技能の修得
  3. 上記①、②を基にした専門知識、技能の修得
  4. 国際社会に関する教養の修得
  5. 修得した知識、技能の活用能力
  6. 自立して行動できる姿勢、課題を発見し解決する能力

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

現代文化学科は言語・文化・コミュニケーションをキーワードに、コミュニケーション能力を高め、他者の歴史・文化・宗教・習慣に対する理解を深めることで、グローバルに活躍できる人材を育成することを目的としており、学生が卒業までにこの目的を達成するための教育課程を下記に示す教育課程編成・実施の方針に基づき設定する。

  1. 高大接続の観点から大学教育への円滑な移行を促すため初年次教育の充実を図る。
  2. 「学びの技法Ⅰ」、「基礎演習Ⅰ」等の授業において現代文化への問題意識を高め、考察力、発信力を身に付ける。
  3. 「現代文化論」、「現代思想」、「メディア・リテラシー論」等の授業において現代、日本、社会、文化といった多元的視点から現代文化の諸相を理解する。
  4. 「国際関係論」、「近現代日本史」、「博物館概論」、「社会言語学」、「ConversationⅠ・Ⅱ」等の授業において現代文化に関わる専門知識と技能を修得する。
  5. 「プロジェクト演習Ⅰ」、「応用演習Ⅰ」、「テーマ研究Ⅰ」、「卒業研究」等の授業において実践力、課題発見・課題解決力を修得する。
  6. 演習、実習、フィールドワーク、インターンシップ等を通じた実践的・体験的な学びを重視し、能動的・自主的な学修の充実を図る。
  7. キャリア形成の観点から、キャリア科目を体系的に設定し、社会的・職業的自立に必要な能力・態度を育む。
  8. 成績評価の公正さと透明性を確保するため、シラバスに記載する成績評価基準・方法等および学則、規程等に定める所定単位修得により学修成果を評価し、その客観性を担保するため、複層的な積み上げによる多面的・総合的な成績評価を実施する。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

現代文化学科は、言語・文化・コミュニケーションをキーワードに、コミュニケーション能力を高め、他者の歴史・文化・宗教・習慣に対する理解を深めることで、グローバルに活躍できる人材を育成することを目的としている。

【求める学生像】

本学科は、上記のような人材を育成するため、本学科の目的に賛同し、本学科の教育に関心を持つ、以下のような人を受け入れる。

  1. 人間、言語、文化、社会、歴史、コミュニケーションなど、人文学に関わる様々な事象や問題について、幅広く興味・関心を持ち、意欲的に学ぼうとする人
  2. 学外・学内のフィールド調査やグループ研究で共同して取り組み、互いに学び合う姿勢を持った人
  3. 自身の教養や経験を実社会で積極的に生かし、社会に還元していこうとする人
  4. 本学科の体系的・実践的なカリキュラムの下、歴史・文化・宗教・習慣についての幅広い教養、専門知識・探究力を養い、現代社会、歴史理解、異文化・国際交流等に関する課題を発見し、解決する能力を身に付け、国際社会・地域社会の発展に貢献することのできる人

なお、本学科への入学を希望する人は、高等学校の教育課程等において、次に示す姿勢、能力を身に付けていることを求める。

  1. 基本的な言語運用能力を身につけ、文化、社会、歴史についての基礎的学力を身に付けていること。
  2. 現代社会で起こっていることに興味・関心をもち、自分の経験や活動などを自らの言葉で表現できること。

学科の特色学科の特色

現代文化領域、歴史文化領域、多言語文化領域での多彩な授業、フィールドワーク、少人数の専門ゼミを通じて、
問題意識を高め、自ら考え、表現する力を身につけます。

英語を学ぶための4年間の
充実したサポート

まずはTOEIC600点以上を目指して強力にサポート

国内外で展開する
フィールドワーク

発掘調査を行う考古学実習や海外日本語教育実習

他では見られない
多彩な授業内容

博物館マネジメント演習、マンガ学、近現代日本史、現代民俗学 など

取得目標資格

学芸員

「博物館法」に定められた博物館に置かれる専門的職員。博物館などで資料・作品の価値や意味を広く伝えていく役割を担います。

教育職員免許状

「中学校教諭1種(社会)」「高等学校教諭1種(公民)」教職課程の科目を履修し、教育実習を含む所定の単位を修得すると取得できます。

図書館司書

本という人類の知のデータバンクと利用者の間に立ち、つなぐ役割を果たす図書館のプロフェッショナル。公的な図書館への就職に必要な資格です。

社会教育主事任用資格

社会教育主事は、都道府県および市町村の教育委員会事務局に置かれる専門的職員で、社会教育を行う者に対する専門的技術的な助言・指導を行う役割を担います。

■その他の取得目標資格
  • 2級考古調査士 
  • 実践キャリア実務士
  • 園芸療法士 
  • 実用英語技能検定
  • TOEIC/TOEFL
  • 実用フランス語技能検定
  • 中国語コミュニケーション能力検定
  • 韓国語能力試験
  • 日本語教育能力検定
■その他の取得目標資格
  • 2級考古調査士 
  • 実践キャリア実務士
  • 園芸療法士 
  • 実用英語技能検定
  • TOEIC/TOEFL
  • 実用フランス語技能検定
  • 中国語コミュニケーション能力検定
  • 韓国語能力試験
  • 日本語教育能力検定

主な就職内定先〈過去3年間〉

(福)ノテ福祉会、青山商事㈱、旭川日産自動車㈱、出光リテール販売㈱、イムノサイエンス㈱、岩見沢市、花王カスタマーマーケティング㈱、北門信用金庫、札幌商工会議所、生活協同組合コープさっぽろ、二幸産業㈱、日糧製パン㈱、ネッツトヨタ道都㈱、、ヤマギシリフォーム工業㈱、陸上自衛隊、練成会グループ、㈱JTB札幌ビジネスセンター、㈱KDDIエボルバ、㈱KSP・EAST、㈱あいプラン、㈱アレフ、㈱イエローハット荒井、㈱エイジェック、㈱岡村製作所、㈱桐井製作所、㈱サマンサタバサジャパンリミテッド、㈱シズナイロゴス、㈱シティビルサービス札幌、㈱セノン、㈱タスク、ANAホリデイ・イン札幌すすきの、㈱ベネッセスタイルケア、㈱北洋銀行、㈱丸千代山岡家、㈱ミュゼプラチナム、㈱夢真ホールディングス、㈱リラィアブル、㈱ワールドストアパートナーズ、㈱和らいふ

就職率

(2017年度 現代文化学科実績) 92.9%

現代文化学科の学び

学科コア知識※少人数による(ゼミ)演習科目 現代文化学科必須科目 フィールドワーク科目 インターンシップ科目
現代文化領域 世界に誇るモノ、伝統的なコト、流行と変化「現代文化」は、今と未来の日本を知るためのガイドブック 歴史文化領域 かつて起きた出来事、かつて生きた人々「歴史」は、“今”のあり様を見通すための望遠鏡 多言語文化領域 文化としてのことば、道具としてのコトバ「言語」は、グローバルな世界を生きるための羅針盤

カリキュラム2019年度生用(予定)

学部・学科の学びを広く理解する
  • 人文学概論
  • 哲学概論
  • 政治学概論
  • 日本語のしくみ
  • 地誌概論
  • 社会学概論
  • 現代思想
  • 日本史概論
  • 世界史概論
  • 人文地理学
  • 法学概論
  • 自然地理学
  • 経済学概論
  • 宗教学
  • 生命と倫理
現代の日本や日本人のあり方について深く理解する
  • 現代文化論
  • マンガ学
  • 現代民俗学
  • メディア・リテラシー論
  • 比較文化論
  • ポップ・カルチャー論
  • メディア文化論
  • 文化人類学
  • 現代文化フィールドワーク演習
  • 和の精神史
  • 日本文学
  • 消費社会論
  • 生活文化論
  • 社会思想史
  • 北方民族論
歴史・文化について深く理解する
  • 先史文化論
  • アジアの歴史
  • 近現代日本史
  • 文化財の保護と活用
  • 考古学
  • 文化資源学
  • 博物館マネジメント演習
  • 欧米の歴史
  • 歴史地理学
  • 北海道の考古学と文化遺産
  • 歴史文化フィールドワーク演習
  • 日本史演習
  • 考古学実習
  • 文化情報アーカイブス論
  • 考古学資料演習
  • デジタル・アーカイブス論
多言語、多文化について深く理解する
  • conversationⅠ
  • conversationⅡ
  • TOEIC入門※集中
  • 英語フィールドワーク
  • TOEICⅠ
  • 日本語研究Ⅰ(音声)
  • 日本語研究Ⅱ(語彙と文法)
  • 多言語文化フィールドワーク演習
  • 学科フィールドワークⅠ
  • TOEICⅡ
  • TOEIC集中講座※集中
  • 実用英語Ⅰ(外国の文化と歴史)
  • 外国語としての日本語
  • 社会言語学
  • 学科フィールドワークⅡ
  • TOEICⅢ
  • リーディングⅠ
  • 実用英語Ⅱ(国際教養)
  • 国際関係論
  • アカデミックライティングⅠ
  • 認知言語学
  • 多文化交流Ⅰ
  • TOEICⅣ
  • リーディングⅡ
  • 実用英語Ⅲ(国際協力)
  • アカデミックライティングⅡ
  • 多文化交流Ⅱ
問題意識を高め、自ら考え、表現する
  • 学びの技法Ⅰ
  • 学びの技法Ⅱ
  • 基礎演習Ⅰ
  • 基礎演習Ⅱ
  • 応用演習Ⅰ
  • 応用演習Ⅱ
  • テーマ研究Ⅰ
  • テーマ研究Ⅱ
  • 卒業研究
学芸員資格に関する必修科目
  • 博物館概論
  • 博物館資料論
  • 博物館資料保存論
  • 博物館展示論
  • 博物館経営論※集中
  • 博物館教育論
  • 博物館情報・メディア論
  • 博物館実習(通年)
図書館司書に関する必修科目
  • 図書館概論
  • 図書館制度・経営論
  • 図書館情報技術論
  • 図書館サービス概論
  • 図書館情報資源概論
  • 情報サービス論
  • 情報資源組織論
  • 児童サービス論
  • 情報サービス論
  • 情報資源組織演習Ⅰ
  • 図書館基礎特論
  • 図書・図書史
  • 情報サービス演習Ⅱ
  • 情報資源組織演習Ⅱ
  • 図書館情報資源特論
教職課程に関する主な科目(社会、公民)
  • 教育原理
  • 教師論
  • 特別活動
  • 教育課程論
  • 教育相談(カウンセリングを含む)
  • 生徒指導論(進路指導を含む)
  • 教育行財政(教職)
  • 教育方法論
  • 道徳教育の研究
  • 介護等体験
  • 社会科・公民科指導法Ⅰ
  • 社会科・公民科指導法Ⅱ
  • 発達心理学
  • 社会科・地理歴史科指導法Ⅰ
  • 社会科・地理歴史科指導法Ⅱ
  • 教育実習Ⅰ
  • 教育実習Ⅱ
  • 教育実習(事前事後指導)
  • 教育実践演習(中・高)

歴史を学びたい!

「日本史好きです!!」

日本史が好きです!
レキ女・・・」の私の
趣味をさらに
深めてくれる授業が
オモシロイ!!

そう、それに、
本が好きだから
図書館司書の
資格もとります!

「私たち学芸員のタマゴです!」

学内の博物館で
実習ができるのが
面白い!!

学芸員の
資格を取る勉強を
しています。

発掘実習も
充実!!

札幌国際大学
博物館

現代文化を学びたい!

「マンガも学問だったんだ!!」

「マンガ」にも文化が
あるってことを知りました!!
深く考えることの楽しさに
目覚めました。

多言語文化を学びたい!

「世界各国で写真を撮りまくってきました!!」

異なる文化を肌で感じたくて
インド、ネパール、タイなどを旅し、
その土地の生活や人々の姿に感動。
自分の学びにつなげます。
大学で学んでいて良かった!

「英語をやりたい!!」

英語をやりたい
という気持ちを
先生たちが
引張ってくれました。
今、英語を話すのが
楽しくて
仕方がありません。
海外留学に
挑戦します!!

イベントカレンダー

ページの先頭に戻る

大学案内
  • jihee bnr
  • JACA bnr