現代文化学科
資料請求 オープンキャンパス Facebook LINE@ twitter

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

学位:学士(人文学)

現代文化学科は言語・文化・コミュニケーションをキーワードに、コミュニケーション能力を高め、他者の歴史・文化・宗教・習慣に対する理解を深めることで、グローバルに活躍できる人材を育成することを目的としており、所定の期間在学し、学部・学科の教育理念、教育目標に沿って設定した授業科目を履修して、所定の単位数を修得し、卒業までに下記に示す姿勢や能力を身に付けた学生に卒業を認定し、学位規則に従い学士の学位を授与する。

  1. ①文化領域における基礎的知識の修得
  2. ②言語、コミュニケーション領域における基礎的技能の修得
  3. ③上記①、②を基にした専門知識、技能の修得
  4. ④国際社会に関する教養の修得
  5. ⑤修得した知識、技能の活用能力
  6. ⑥自立して行動できる姿勢、課題を発見し解決する能力

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

現代文化学科は言語・文化・コミュニケーションをキーワードに、コミュニケーション能力を高め、他者の歴史・文化・宗教・習慣に対する理解を深めることで、グローバルに活躍できる人材を育成することを目的としており、学生が卒業までにこの目的を達成するための教育課程を下記に示す教育課程編成・実施の方針に基づき設定する。

  1. ①高大接続の観点から大学教育への円滑な移行を促すため初年次教育の充実を図る。
  2. ②「学びの技法Ⅰ」、「基礎演習Ⅰ」等の授業において現代文化への問題意識を高め、考察力、発信力を身に付ける。
  3. ③「現代文化論Ⅰ」、「日本文化特講」等の授業において現代、日本、社会、文化といった多元的視点から現代文化の諸相を理解する。
  4. ④「国際関係論」、「日本史概論」、「博物館概論」、「メディア文化論Ⅰ」、「英語コミュニケーション論」等の授業において現代文化に関わる専門知識と技能を修得する。
  5. ⑤「現代文化フィールドワークⅠ」、「プロジェクト演習Ⅰ」、「応用演習Ⅰ」、「テーマ研究Ⅰ」、「卒業研究」等の授業において実践力、課題発見・課題解決力を修得する。
  6. ⑥演習、実習、フィールドワーク、インターンシップ等を通じた実践的・体験的な学びを重視し、能動的・自主的な学修の充実を図る。
  7. ⑦キャリア形成の観点から、キャリア科目を体系的に設定し、社会的・職業的自立に必要な能力・態度を育む。
  8. ⑧成績評価の公正さと透明性を確保するため、シラバスに記載する成績評価基準・方法等および学則、規程等に定める所定単位修得により学修成果を評価し、その客観性を担保するため、複層的な積み上げによる多面的・総合的な成績評価を実施する。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

現代文化学科は、言語・文化・コミュニケーションをキーワードに、コミュニケーション能力を高め、他者の歴史・文化・宗教・習慣に対する理解を深めることで、グローバルに活躍できる人材を育成することを目的としている。

【求める学生像】

本学科は、上記のような人材を育成するため、本学科の目的に賛同し、本学科の教育に関心を持つ、以下のような人を受け入れる。

  1. ①人間、言語、文化、社会、歴史、コミュニケーションなど、人文学に関わる様々な事象や問題について、幅広く興味・関心を持ち、意欲的に学ぼうとする人
  2. ②学外・学内のフィールド調査やグループ研究で共同して取り組み、互いに学び合う姿勢を持った人
  3. ③自身の教養や経験を実社会で積極的に生かし、社会に還元していこうとする人
  4. ④本学科の体系的・実践的なカリキュラムの下、歴史・文化・宗教・習慣についての幅広い教養、専門知識・探求力を養い、現代社会、歴史理解、異文化・国際交流等に関する課題を発見し、解決する能力を身に付け、国際社会・地域社会の発展に貢献することのできる人

なお、本学科への入学を希望する人は、高等学校の教育課程等において、次のような姿勢、能力を身に付けていることを求める。

  1. ①基本的な言語運用能力を身につけ、文化、社会、歴史についての基礎的学力を身に付けていること。
  2. ②現代社会で起こっていることに興味・関心をもち、自分の経験や活動などを自らの言葉で表現できること。

【入学者選抜について】

札幌国際大学は、上記の求める「学生像」を満たす人を選抜するため、本方針に基づき、多様な入学者選抜を行っており、人文学部においてはそれに沿って学科別に入学者選抜を実施している。基本的には「AO入学」、「学校推薦入学」、「一般試験入学」、「大学入試センター試験利用入学」、「特別入学」であるが、詳細は2018(平成30)年度入学試験要項で公表する。

現代社会で生きていくために必要な知識を習得する場と
実践力を鍛える場を提供します。

学科の特色
歴史、言語、国際情勢、伝統、サブカルチャー、さらにさまざまな観点から
現代日本の文化を見つめなおすために、多彩な系統の講義、少人数での演習、
そして学科独自のフィールドワークを展開し、現代文化を語る“知の力”を育てます。
一人ひとりの目標に
沿った少人数教育
一人ひとりの学生の目標に沿った教育を目指し、1年次から4年次まで、基礎的知識の習得と専門性の追求を兼ね備えた演習を展開します。
多彩な系統科目を
展開
歴史や言語、国際情勢、伝統とサブカルチャーなど、さまざまな観点から現代文化を考えるために、多彩な科目を用意して、個々の学生の関心に応えるとともに、より深く学ぶための演習も展開しています。
フィールドワーク、
インターンシップで
実践力を養成
学科独自の文化を考えるフィールドワーク、博物館や語学を生かしたインターンシップを展開します。考える力と行動する力のバランスの取れた実践力を身につけます。
より専門的な資格の
取得を徹底して支援
教職、学芸員、図書館司書など、“知の力”を具体的に社会の中で生かす資格の取得を支援し、将来の目標実現のためにさまざまなサポートを行います。

身につくチカラ

身につくチカラ

「カリキュラム」を見る

現代文化学科でできること

現代文化学科でできること_画像

カリキュラム平成29年度生用(予定)

学部共通科目
  • 人文学概論
  • ガーデニング演習
  • 生活と園芸
  • 園芸療法論
  • イネーブルガーデン実習
  • 心の障がい者の心理
  • 障がい者福祉
  • フラワーアレンジメント
  • 身体表現演習
  • 基礎演習Ⅰ
  • 基礎演習Ⅱ
  • 応用演習Ⅰ
  • 応用演習Ⅱ
  • テーマ研究Ⅰ
  • テーマ研究Ⅱ
  • 卒業研究
学科基礎科目
  • 現代文化論Ⅰ
  • 現代文化論Ⅱ
  • 現代思想
  • 日本文化特講
  • 日本文学
  • 政治学概論
  • 社会学概論
  • 法学概論
  • 経済学概論
  • 文化財の保護と活用
  • 社会言語学
  • 日本語学概論
  • 日本語教育論
  • 日本語研究Ⅰ
  • 日本語研究Ⅱ
  • 現代文化フィールドワークⅠ
  • 現代文化フィールドワークⅡ
学科専門科目/英語コミュニケーション系
  • 英語コミュニケーション論
  • TOEIC
  • ConversationⅠ
  • ConversationⅡ
  • 語彙とアクティブリスニング
  • 語彙とアクティブライティング
  • カレントイングリッシュ
  • イングリッシュスキルズ
  • 実践ビジネス英語
  • 通訳演習
  • 英語フィールドワーク
学科専門科目/国際教養系
  • 比較文化論
  • 文化人類学
  • 社会思想史
  • 国際協力論
  • 国際関係論
  • 世界史概論
  • アジアの歴史
  • 欧米の歴史
  • 北米の地誌
  • 国際教養演習
学科専門科目/博物館・考古学系
  • 博物館概論
  • 博物館資料論
  • 博物館経営論
  • 博物館教育論
  • 博物館展示論
  • 博物館資料保存論
  • 博物館実習
  • 博物館マネジメント演習
  • 視聴覚情報・メディア論
  • 考古学
  • 先史文化論
  • 北海道の考古学と文化遺産
  • 北方民族論
  • 考古学実習
  • 考古学資料演習
学科専門科目/日本文化・メディア系
  • 和の精神史
  • 日本史概論
  • 近現代日本史
  • 現代民俗学
  • マンガ学
  • ポップ・カルチャー論
  • 消費社会論
  • 生活文化論
  • 社会意識論
  • フィールドワーク取材法
  • 日本文化演習
  • メディア文化論Ⅰ
  • メディア文化論Ⅱ
  • 映像表現演習
  • 編集デザイン演習
図書館司書について
人類が生み出してきた膨大な知。多くの場合「本」という形になっています。司書は図書館のプロフェッショナルとして、この「本」という人類の知のデータバンクと利用者の間に立ち、つなげる役割を果たす存在です。そのためには、広い教養をもちながら、相手が何を望んでいるのか「想像力」を働かせることが必要です。最近では、知を生み出す人を守るという、「人」にかかわる側面も大きくなりました。本が好きで調べ物が好き、そして何よりいろんな人の役にたちたい方。その気持ちを、本学が大事にしてきた「教養」で磨いて、カタチにしてみませんか?
博物館の専門的職員を目指す
カリキュラムのしくみ_画像
博物館資料の収集、保管、展示および調査研究、その他これと関連する事業を行う「博物館法」に定められた、博物館に置かれる専門的職員が学芸員です。博物館などで資料・作品の価値や意味を広く伝えていく役割を担います。学芸員の資格を取得するために、本学は博物館実習のための教育用博物館として「博物館・アイヌ文化資料展示室」を学内に設置。博物館実習の一環として学生が開閉館業務、受け付け、温湿度管理、展示解説、特別展企画、展示用模型製作などを行い、一般公開を含めて運営にあたっています。

取得目標資格教養の証としての資格

[国家資格]
  • 学芸員
  • 図書館司書
  • 教育職員免許状「中学校教諭一種(社会)」「高等学校教諭一種(公民)」
  • 社会教育主事任用資格
[民間資格]
  • 2級考古調査士
[全国大学実務教育協会認定]
  • 実践キャリア実務士
  • 園芸療法士
[受験を奨励する検定試験]
  • 実用英語技能検定
  • TOEIC/TOEFL
  • 実用フランス語技能検定
  • 中国語コミュニケーション能力検定
  • 韓国語能力試験
  • 日本語教育能力検定
就職率(平成28年度実績)
89.5%

注目の授業・ゼミナール

現代文化フィールドワークⅠ
現代文化フィールドワークⅠ写真 この科目では隔年で国内と海外でフィールドワークを行います。事前にしっかり調べ、それを基にして現地で調査します。事後には調査内容を報告書にまとめます。体験的プログラムを通してそこにある文化に直接触れます。
考古学
考古学写真 考古学とは、発掘で出土した「もの」から人々の歴史を描く学問です。本講義では、その基礎となる考え方や考古学がどのようなものかを理解してもらうことを目的とし、ビデオやプリントなどを用いて考古学における年代決定、時期区分、遺物の取り扱い等について具体的に学びます。特に北海道の地でアイヌ文化がどのように生まれたのかを地域の視点で読み解いていきます。
現代文化論Ⅱ
現代文化論Ⅱ写真 日本の現代文化は、さまざまな文化が複雑に組み合わされることによって成り立っています。ヨーロッパと日本は何が同じで何が違うのでしょうか。同じ東アジアの中でも中国や韓国と日本は何が同じで何が違うのでしょうか。遠い国の近い部分、近い国の遠い部分を考えていきます。
日本文化特講
日本文化特講写真 「日本」は「日本」と呼ばれる前になんと呼ばれていたかわかりますか。答えは「倭」です。なぜ「倭」から「日本」に変化したのか、そこには日本文化が生まれる際に、「外国の目」を意識するという思考が見え隠れしています。この科目では日本文化(日本人の考え方・見方)は、外との関わりの中で生まれ、時代とともに変化する側面があることを学びます。日本文化の代表といわれる風呂の文化も幕末・明治以降の欧米人との接触の中で大きく変化するのです。なぜでしょうか。

ページの先頭に戻る

大学案内
  • jihee bnr
  • JACA bnr