クラブ&サークル
札幌国際大学 札幌国際大学
オープンキャンパス 入試案内 受験生の方へ 将来をサポート(キャリア・就職支援)

NEWS & TOPICS

2018-11-07

【競技ダンス部】WDSF-PD世界10ダンス選手権・準決勝進出&アジアシングルダンス選手権・優勝

平成30年11月3日(土)にポルトガル・Vila Nova de Famalicãoで開催された、WDSF-PD世界10ダンス選手権において、大学院スポーツ健康指導研究科の久保田弓椰(パートナーは徳野夏海選手)が日本代表として派遣されました。
この世界10ダンス選手権は、通常別々に行われるラテン競技5種目・スタンダード競技5種目を10種目合計で世界各国の代表と競う大会で、長丁場を乗り切る体力と各種目に合わせた幅広い技術力が求められるものです。
この大会で久保田・徳野組はラテン・スタンダード種目ともに安定した力を発揮し、強豪ヨーロッパ勢が出場する中、アジア選手唯一の予選突破を果たし、上位12組による準決勝に進出しました。接戦の末惜しくも上位6組による決勝進出はなりませんでしたが、これまでのトレーニングの成果を存分に発揮し第8位となりました。

また、久保田組は10月20日(土)-21日(日)に台湾・台北市で開催されたADSF-PDアジアシングルダンス選手権にも日本代表として派遣されました。
アジアシングルダンス選手権とはラテン・スタンダードの計10種目を1種目ごとにアジア各国の代表と競う大会で、久保田組はスタンダードのワルツとクイックステップの2種目に出場し、見事両種目において金メダルを獲得しました。同時に開催された台北オープン・プロフェッショナル部門でも、ラテン部門第3位・スタンダード部門準優勝と両種目でメダルを獲得し、両部門でアジアトップクラスの力を示しました。

今月25日(日)には、日本最高峰の三笠宮杯全日本PDダンススポーツ選手権が東京で開催されます。久保田組はラテン部門での連覇とともに、今年に入り海外競技会で安定して上位に進出しているスタンダード部門でも頂点を期待できる位置にいます。みなさん、応援をお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界選手権10ダンス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アジアシングルスダンス選手権(ワルツ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アジアシングルスダンス選手権(クイックステップ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台北オープンラテン