最新の卒業生インタビュー

河村 理加 さん

生徒たちと同じ目線になり、
その気持ちが分かる「先生」であり続けたいです。
河村理加さん

練成会グループ

河村 理加 さん 【人文学部/現代文化学科4年】

教職課程を履修していたため4年次に教育実習を経験し、やはり教育職を目指したいという気持ちが固まりました。
企業説明会に参加し、人を育てることに重きを置いた指導理念に引かれ、小学生から高校生向けの学習塾を運営するこの企業を受験、講師として採用されました。
これからは「先生」と呼ばれるにふさわしい存在でいなければと思いますし、自分ももっと勉強していかなければと気を引き締めています。
同時に、生徒と同じ目線になり、気持ちが分かる「先生」であり続けたいとも思っています。
大学は自由な時間が多いので、それをどう使うかは自分次第。
勉強でも遊びでも、自分を磨けるものに出会えれば、振り返った時に良かったと思える大学生活になるはずです。

(2014年度取材)