地域連携センター

地域連携センター (旧 北海道地域・観光研究センター)トップページ

観光教育、地域・観光研究を推進し、我が国並びに北海道の地域・観光発展に資することを目的とした札幌国際大学の研究機関です。

沿革

  • 1980年 – 静修短期大学北海道生活研究所を設置
  • 1992年 – 北海道生活研究所の名称を北海道環境文化研究センターに変更
  • 2000年 – 北海道環境文化研究センターの名称を札幌国際大学地域総合研究センターに変更
  • 2003年 – 札幌国際大学地域総合研究センターを札幌国際大学北海道地域・観光研究センターに改組
  • 2016年 – 札幌国際大学北海道地域・観光研究センターを札幌国際大学地域連携センターに改組
** お知らせ **

平成28年2月9日(火)観光産業力強化セミナー開催される

~いま何が問われているか?北海道観光産業の飛翔に向けて~

当日は約120名の参加者で盛会のうちに終了しました。主な参加者の所属は、北海道経済産業局、北海道開発局、北海道運輸局、北海道庁、札幌市役所、帯広市や富良野市など行政の方を中心にご参加いただきました。また、北海道経済連合会、北海道商工会議所連合会、札幌商工会議所、北海道商工会連合会、(公社)北海道観光振興機構、(公益財団)はまなす財団、道銀地域総合研究所などのほか、ホテルや旅館経営者やその他多くの観光関連企業・団体の方にご参加賜りました。ここに厚く御礼申し上げます。なお、当日配布いたしました資料などは本HP上にPDFファイルの形で掲載しておりますのでご参照頂ければ幸甚に存じます。更に、当日の基調講演の内容、及びパネルディスカッションの要旨は、後日HP上に掲載するとともに、研究会(北海道・観光チャレンジ・フォーラム)の最近の討議メモなどと合わせ、札幌国際大学の北海道地域・観光研究センターの所報にも掲載する予定です。併せてご参照願います。なお、当日配布いたしました資料などは本HP上にPDFファイルの形で掲載しておりますのでご参照頂ければ幸甚に存じます。更に、当日の基調講演の内容、及びパネルディスカッションの要旨は、後日HP上に掲載するとともに、研究会(北海道・観光チャレンジ・フォーラム)の最近の討議メモなどと合わせ、札幌国際大学の北海道地域・観光研究センターの所報にも掲載する予定です。併せてご参照願います。

セミナー1

セミナー2

セミナー3

セミナー4

 

 

 

まち観フェア会場

平成26年度公開講座事業「まち観フェア2014」は、平成26年10月7日(火)に札幌駅北口 西コンコースにて実施いたしました。

多数の方にご来場いただき、盛況の内に終了いたしました。ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。


平成26年度「まち観フェア2014」報告書(26.10.8)

※ 過去の報告書

平成25年度「マチ観フェア」報告(25.9.26)

スポビズカフェ

■スポーツビジネス業界やスポーツ行政の関係者をはじめスポーツに関心のある市民や学生が、スポーツビジネスやスポーツについて、語り合う場を提供しています。

スポビズカフェとは

平成26年度札幌国際大学「スポビズ・カフェ」開催要項

*今年度は終了しました。(今年度のテーマと事業風景)

公開講座

■本学の教育・研究機能の社会への開放を目的に、市民を対象に学習機会提供事業を実施しています。
1. 今金町との地域連携事業
今金町地域資源発掘・再発見新聞記事(H25.9.8)
2. スポーツ・ツーリズムフェア事業報告
3. 美唄市との連携事業

今金町

研究

 ■地域に関する研究、北海道に関する研究を実施しています。

・天塩川流域地域の観光振興に関する調査研究

○地域連携センター (旧北海道地域・観光研究センター) 年報・テクニカルリポート

平成28年度 地域連携センター員

センター長 河本 洋一
副センタ―長 清田 岳臣
センター員 丹治 和典
川名 典人
朝地 信介
佐久間 章

 

地方自治体のためのワンストップサービス窓口

〒004-8602 札幌市清田区清田4条1丁目4-1

札幌国際大学地域連携センター

t-center@ad.siu.ac.jp

 

■相談・依頼内容

①地域連携、産学連携

②地域貢献

③協働事業

④共同研究、受託研究

⑤地域活性化

⑥その他、地方自治体のために資すること