地域連携センター

地域連携センター (旧 北海道地域・観光研究センター)トップページ

観光教育、地域・観光研究を推進し、我が国並びに北海道の地域・観光発展に資することを目的とした札幌国際大学の研究機関です。

沿革

  • 1980年 – 静修短期大学北海道生活研究所を設置
  • 1992年 – 北海道生活研究所の名称を北海道環境文化研究センターに変更
  • 2000年 – 北海道環境文化研究センターの名称を札幌国際大学地域総合研究センターに変更
  • 2003年 – 札幌国際大学地域総合研究センターを札幌国際大学北海道地域・観光研究センターに改組
  • 2016年 – 札幌国際大学北海道地域・観光研究センターを札幌国際大学地域連携センターに改組

《地域連携協定先一覧》
 【連携先】        【協定年月日】
 留寿都村         平成29年  5月  1日
 浦河町          平成28年  4月15日
 今金町          平成26年  4月22日
 美唄市          平成26年  4月  1日
 札幌市清田区       平成21年10月  5日
 ✻平成20年以降に協定締結されたもの。

 

まち観フェア会場

平成26年度公開講座事業「まち観フェア2014」は、平成26年10月7日(火)に札幌駅北口 西コンコースにて実施いたしました。

多数の方にご来場いただき、盛況の内に終了いたしました。ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。


※ 過去の報告書
セミナー1
セミナー2
セミナー3
セミナー4
平成26年度「まち観フェア2014」報告書(26.10.8)

平成25年度「マチ観フェア」報告(25.9.26)

スポビズカフェ

■スポーツビジネス業界やスポーツ行政の関係者をはじめスポーツに関心のある市民や学生が、スポーツビジネスやスポーツについて、語り合う場を提供しています。

スポビズカフェとは

平成26年度札幌国際大学「スポビズ・カフェ」開催要項

*今年度は終了しました。(今年度のテーマと事業風景)

公開講座

■本学の教育・研究機能の社会への開放を目的に、市民を対象に学習機会提供事業を実施しています。
1. 今金町との地域連携事業
今金町地域資源発掘・再発見新聞記事(H25.9.8)
2. スポーツ・ツーリズムフェア事業報告
3. 美唄市との連携事業

今金町

研究

 ■地域に関する研究、北海道に関する研究を実施しています。

・天塩川流域地域の観光振興に関する調査研究

○地域連携センター (旧北海道地域・観光研究センター) 年報・テクニカルリポート

平成29年度 地域連携センター員

センター長 丹治 和典
副センタ―長 清田 岳臣
センター員 河本 洋一
川名 典人
朝地 信介
佐久間 章

 

地方自治体のためのワンストップサービス窓口

〒004-8602 札幌市清田区清田4条1丁目4-1

札幌国際大学地域連携センター

t-center@ad.siu.ac.jp

 

■相談・依頼内容

①地域連携、産学連携

②地域貢献

③協働事業

④共同研究、受託研究

⑤地域活性化

⑥その他、地方自治体のために資すること