地域連携センター

地域・産学連携センター

観光教育、地域・観光研究を推進し、我が国並びに北海道の地域・観光発展に資することを目的とした札幌国際大学の研究機関です。

札幌国際大学産学官連携方針

札幌国際大学は建学の礎にある「自立」、教育の基本的考え方にある「社会への貢献」に基づき、学生、大学、社会の良好な関係構築に努めてきました。今後も、この方向性を維持し、より良い関係構築を目指します。なお、本学が目指す産学官連携の柱を以下に示します。

  1. 地域が抱える諸課題の解決に向けた連携-地域共創を目指す-
     北海道に根差す私立大学として、地域共創は大きなテーマであり、北海道が抱える諸課題に本学は地域と共に取り組むことが必要だと考えています。学生と教職員が様々な機会を通じて、地域の諸課題解決に向け力を発揮する機会を提供します。
  2. 学生の教育機会充実のための連携-学生の自立を促す-
     建学の礎にある社会で自立できる人材を育成するためには、大学内の教育に加え、社会との関わりが肝要と考えます。学生には様々な機会を通じて自己研鑚の機会を提供します。
  3. 点検、検証を通じた産学官連携活動の充実、強化-
     産学官の連携による各般の取組については、関係者の意見や評価などを踏まえ、実施結果を点検、検証した上で、課題や成果を明らかにし、課題の解決とともに、成果を拡大するよう努めていくことが必要であり、こうした一連の作業を系統立って実施していくため、自己点検サイクルを確立します。

 札幌国際大学短期大学部産学官連携方針

札幌国際大学短期大学部は建学の礎にある「自立」、教育の基本的考え方にある「社会への貢献」に基づき、学生、大学、社会の良好な関係構築に努めてきました。今後も、この方向性を維持し、より良い関係構築を目指します。なお、本学が目指す産学官連携の柱を以下に示します。

  1. 地域が抱える諸課題の解決に向けた連携-地域共創を目指す-
     北海道に根差す私立大学として、地域共創は大きなテーマであり、北海道が抱える諸課題に本学は地域と共に取り組むことが必要だと考えています。学生と教職員が様々な機会を通じて、地域の諸課題解決に向け力を発揮する機会を提供します。
  2. 学生の教育機会充実のための連携-学生の自立を促す-
     建学の礎にある社会で自立できる人材を育成するためには、大学内の教育に加え、社会との関わりが肝要と考えます。学生には様々な機会を通じて自己研鑚の機会を提供します。
  3. 点検、検証を通じた産学官連携活動の充実、強化-
     産学官の連携による各般の取組については、関係者の意見や評価などを踏まえ、実施結果を点検、検証した上で、課題や成果を明らかにし、課題の解決とともに、成果を拡大するよう努めていくことが必要であり、こうした一連の作業を系統立って実施していくため、自己点検サイクルを確立します。

沿革

  • 1980年 – 静修短期大学北海道生活研究所を設置
  • 1992年 – 北海道生活研究所の名称を北海道環境文化研究センターに変更
  • 2000年 – 北海道環境文化研究センターの名称を札幌国際大学地域総合研究センターに変更
  • 2003年 – 札幌国際大学地域総合研究センターを札幌国際大学北海道地域・観光研究センターに改組
  • 2016年 – 札幌国際大学北海道地域・観光研究センターを札幌国際大学地域連携センターに改組
  • 2018年 – 札幌国際大学地域連携センターを札幌国際大学地域・産学連携センターに改組

  《地域連携協定先一覧》

企  業
札幌国際観光(株)
【産学連携】平成28年4月1日~
(株)知床グランドホテル
【産学連携】平成28年4月1日~
(株)北樹
【産学連携】平成28年4月1日~
(株)シィービーツアーズ
【産学連携】平成25年9月25日~
(株)北海道日本ハムファイターズ
【産学連携(スポーツ産業の振興)】平成20年9月25日~
鶴雅グループ
【共同事業(観光人材養成講座)】平成18年10月25日~
加森観光(株)
【産学連携(地域経済振興)】平成16年4月26日~
山三ふじや(株)
【産学連携(地域振興)】平成16年3月19日~
行  政
蘭越町
【地域連携】平成29年11月1日~
留寿都村
【地域連携】平成29年5月1日~
浦河町
【地域連携】平成28年4月15日~
斜里町
【地域連携】平成26年8月4日~
今金町
【地域連携】平成24年10月16日~
清田区
【地域振興】平成21年10月1日~
美唄市
【地域活性化、人材育成】平成21年7月15日~
公益法人
一般社団法人北海道コンサドーレスポーツクラブ
【産学連携】平成28年5月28日~
一般社団法人北海道商工会議所連合会
【人材育成に関する連携】平成27年4月2日~
社団法人 千歳観光連盟
【観光振興】平成16年3月19日~
高  校
北海道斜里高等学校
【高大連携】平成26年8月4日~
北海道ニセコ高等学校
【高大連携】平成16年1月16日~

(一部抜粋)※平成20年以降に協定締結されたもの。

平成30年度 地域・産学連携センター員

センター長   綱島 洋一
副センタ―長  八反田 元子

センター員
青木 哲朗   千葉 里美   川名 典人   大柳 幸彦   国田 賢治   佐久間 章     斗澤 元希   原  一将   阿南 浩司   後藤 ゆり    河本 洋一   朝地 信介     石田 英麻子

地方自治体のためのワンストップサービス窓口

〒004-8602 札幌市清田区清田4条1丁目4-1
札幌国際大学地域・産学連携センター   t-center@ad.siu.ac.jp  
■相談・依頼内容
①地域連携、産学連携
②地域貢献
③協働事業
④共同研究、受託研究
⑤地域活性化
⑥その他、地方自治体のために資すること

過去の取り組み

1、平成26年度公開講座事業「まち観フェア2014」(平成26年10月7日(火)に札幌駅北口 西コンコースにて実施)

まち観フェア会場

 ※ 過去の報告書

セミナー1 セミナー2 セミナー3 セミナー4
平成26年度「まち観フェア2014」報告書(26.10.8)
平成25年度「マチ観フェア」報告(25.9.26)

 

 

2、スポビズカフェ

スポーツビジネス業界やスポーツ行政の関係者をはじめスポーツに関心のある市民や学生が、スポーツビジネスやスポーツについて、語り合う場を提供しています。

スポビズカフェスポビズカフェとは
■平成26年度札幌国際大学「スポビズ・カフェ」開催要項
■事業風景

 

 

 

3、公開講座

本学の教育・研究機能の社会への開放を目的に、市民を対象に学習機会提供事業を実施しています。

公開講座

1. 今金町との地域連携事業
    今金町地域資源発掘・再発見新聞記事(H25.9.8)
2. スポーツ・ツーリズムフェア事業報告
3. 美唄市との連携事業

 

今金町

 

4、研究

地域に関する研究、北海道に関する研究を実施しています。

研究

・天塩川流域地域の観光振興に関する調査研究

 

 

○地域連携センター (旧北海道地域・観光研究センター) 年報・テクニカルリポート