幼児教育保育学科

幼児教育保育学科

楽しく学んで、力をつける2年間。
子どもの笑顔と成長のために積極的に動ける保育者に。

大好きな子どもたちと一緒に、生活や遊び、学びを創造しながら成長していけるのが保育者の仕事です。

そのために必要な力を、幅広く専門性の高い授業や子どもたちと接する豊富な機会
を通して、楽しく学びながら確実に身につけます。

○幼児教育保育学科ブログへ

学位授与方針 短期大学士(幼児教育)

子どもの成長・発達を援助するために必要な保育の理論や内容、技術を習得するとともに、社会人として必要な教養や基礎的な力を身につける。

入学者受け入れ方針

●「よき保育者になりたい」という“志”を持つ人

●保育者として求められる知識や技能を、自らの努力および仲間との協同を通して身につけていこうとする人

●子どもの健やかな成長・発達を援助する保育者としての責任と使命を自覚し、よりよい保育者を目指して自らの人間性や資質・能力を高め続けることができる人

教育課程編成方針

●2年間の学修により保育者として必要な基礎力を身につけられる科目を設定する。

●本学科の教育を特徴づける科目を設定する。

●理論、演習、実習のそれぞれの科目を適切に期別配置し、有機的に連関させる。

取得目標資格

●幼稚園教諭二種免許 ●保育士資格 ●こども音楽療育士

この学科の特色
幼児教育保育学科
  • 実習・演習を柱にしたカリキュラム
    2年間で保育者としての即戦力を身につけるために、本学付属幼稚園で早い段階から実習をスタートするほか、「子どもの広場」や「わくわくフェスティバル」などのイベントで子どもと積極的に関わることで、授業の内容をより深く理解できます。
  • 一人ひとりに目を配って基礎から指導
    学生一人ひとりに目を配りながら、子どものために自ら動く姿勢や、保護者の相談に対応できる能力など、現場で必要とされる基礎を徹底指導します。
  • 「こども音楽療育士」資格取得が可能
    道内では本学のみ「こども音楽療育士」の資格取得が可能です。
    音楽を通して障がいを持つ子どもの援助を行うための知識・技術を学ぶことで、保育者としてより多様なアプローチができるようになります。
開講予定科目
教養科目
◎基本
●学びの技法
●基本演習
●日本国憲法
●北海道論
●健康とスポーツⅠ
●健康とスポーツⅡ
●人間の心理
●現代社会論
●日本文化演習(茶道)
◎言語・発表
●外国語コミュニケーション(基礎)
●外国語コミュニケーション(応用)
●プレゼンテーション演習
◎情報
●情報処理演習(データ活用)
●情報処理演習(文書処理)
◎キャリア
●キャリア形成
●キャリア基礎演習
●ボランティア演習
専門科目
◎教育・保育の理論
●幼児教育総論
●教育課程総論
●教育原理
●保育原理
●教育心理学
●教育経営
●社会的養護
●保育者論
●児童家庭福祉
●児童家庭福祉Ⅱ
●社会福祉
●相談援助
●家庭支援論
●保育社会学
◎子ども理解
●発達心理学
●乳幼児心理学
●乳児保育(基礎)
●乳児保育(応用)
●臨床心理(カウンセリングを含む)
●子どもの保健Ⅰ(基礎)
●子どもの保健Ⅰ(応用)
●子どもの保健Ⅱ
●子どもの食と栄養(基礎)
●子どもの食と栄養(応用)
●障がい児保育(基礎)
●障がい児保育(応用)
●こども音楽療育概論
◎保育の内容・方法
●保育方法論
●情報教育
●社会的養護内容
●保育臨床
●保育相談支援
●児童文化
●保育内容総論
●保育内容(健康)
●保育内容(人間関係)
●保育内容(環境)
●保育内容(言葉)
●保育内容(身体表現)
●保育内容(造形表現)
●保育・教職実践実習(幼稚園)
●こども音楽療育演習
◎基礎技能
●基礎日本語
●日本語基礎表現法
●日本語応用表現法
●体育実技(基礎)
●体育実技(応用)
●子どもの音楽(基礎)
●子どもの音楽(応用)
●ピアノ実技(基礎)
●ピアノ実技(応用)
●器楽実技
●子どもの図画工作(基礎)
●子どもの図画工作(応用)
●総合表現演習(基礎)
●総合表現演習(応用)
◎実習
●幼稚園実習(基礎)
●幼稚園実習(応用)
●幼稚園実習指導
●保育実習Ⅰ
●保育実習Ⅱ(保育所)
●保育実習Ⅲ(施設)
●保育実習指導Ⅰ
●保育実習指導Ⅱ(保育所)
●保育実習指導Ⅲ(施設)
●こども音楽療育実習

注目の授業

[ピアノ実技(基礎・応用)]

ピアノ実技(基礎・応用)
子どもたちと関わる保育者として、豊かな感性を持って楽しくピアノ演奏できることは必要な技術です。
「ピアノ実技」では、初心者でも経験者でも対応できるよう、教員と学生のマンツーマンレッスンを行います。
目標に向かってそれぞれの進度に合わせて進めていくので、安心して取り組むことができます。

[子どもの図画工作(基礎・応用)]

子どもの図画工作(基礎・応用)
子どもの図画工作では、保育者自身が制作を楽しむ姿勢と、基礎的技能と実践的指導法を身につけることを目的に、作品制作を中心に授業を展開しています。
作品や授業プリントを各自で保管し実習時などに見直せるファイルの活用、学生同士が互いに発表して増やす折り紙や切り紙のレパートリー、子ども用の絵具・のり・はさみなどを使用することで身につく基礎的な道具・材料の扱い方などを特徴として取り組んでいます。

[保育相談支援]

保育相談支援
保育相談支援は、保護者支援のための具体的な方法を学ぶ科目です。
保護者とのコミュニケーションの取り方や、アドバイスの方法などをロールプレイ方式で学習します。
具体的な事例を用いて行い、わかりやすく、しっかり考えすすめるので、保護者対応の基礎力が身につきます。