大学院

大学院 スポーツ健康指導研究科

「スポーツ」を通じた健康・増進のために。

 スポーツ健康イメージ

スポーツを通じた健康の維持・増進に関する専門性の高い理論(科学的内容、指導技法および実践法など)を修得させ、これらをふまえた実践能力の高いスポーツ健康指導者を養成。北海道や道内の各自治体およびスポーツ・健康関連の公益団体などと連携し、地域社会で求められる 実践能力の向上も図ります。

特 色
  • スポーツ健康指導者に不可欠な知識を修得 「スポーツ健康基本科目」では、スポーツ健康指導者に不可欠な現代社会における健康の諸問題に関する基礎的理解や身体構造と運動機能に関する科目を配置しています。
  • 自己の人間形成に関わる思考や経験知も修得 「スポーツ健康指導科目」では、スポーツ健康指導に必要な理論、指導技法および実践法を修得するための科目を配置。自己の人間形成に関わる思考や経験知を修得するための科目も配置しています。
  • 子ども・高齢者への指導の実践能力を重視 身体機能の発達とトレーニング、加齢と体力の維持・増進の観点からの指導技法および実践法について、北海道や道内各自治体およびスポーツ・健康関連の公益団体などの実践的教育機会を通じて高めることを重視しています。
カリキュラム

スポーツ健康基本科目

[健康社会領域]

  • 人間学特論・ 健康社会学特論・ 解析統計学演習・ 健康体力特論・ 健康運動学特論

[身体の構造と運動機能領域]

  • スポーツ栄養学特論・運動発達特論・ 身体運動機能特論・人体構造学特論

 

スポーツ健康指導科目

[スポーツ健康指導領域]

  • コーチング特論・身体運動指導演習・ ジュニアスポーツ演習・ 健康増進プログラム演習・ 健康教育特論・地域調査法
  • キャリア形成特論・体力評価演習・高齢者スポーツ演習・ 運動技術演習・ キャリア形成演習・ 保健体育科教育特論・ 健康施策特論

 

研究指導演習科目

・ スポーツ健康テーマ演習・ スポーツ健康テーマ演習Ⅱ・ 課題研究・ 課題研究Ⅱ

人材養成像

◎スポーツ指導者 ◎ 健康運動指導者 ◎ 専修免許を有する保健体育教諭 ◎ スポーツ健康指導に関わる研究者など

修得できる資格

● 中学校教諭専修免許状(保健体育) ● 高等学校教諭専修免許状(保健体育)

中学校(保健体育)および高等学校(保健体育)の教科の指導要領と、修得したスポーツ健康領域に関する体系的な理論、指導技法および実践法からの視点に基づき、学校教育を通じたスポーツ健康領域の周知に大きく貢献することを目指します。またさらに、これを通じて、喫緊の課題である子どもの体力向上へ大きな貢献を果たすことも目指します。

■教育課程編成方針

■学位授与方針

■入学者受け入れ方針

■注目の授業・ゼミナール

■履修モデルと研究計画