スポーツ指導学科

スポーツ指導学科

 

スポーツで培ってきた力をもとに
健康・スポーツ業界で活躍する人材の育成

スポーツと健康に関する専門知識・技能を学び、学校教育やスポーツ施設などでより良い実践活動を行える人材を育成。
さらに地域社会の健康・スポーツに関する諸課題を解決する基礎的な力を身につけることを目指します。

○スポーツ指導学科ブログへ

学位授与方針 学士(スポーツ指導)

健康・スポーツ・コーチングに関する専門知識と技能を習得し、地域社会の健康・スポーツに関する諸課題を解決する基礎的な力を身につける。

入学者受け入れ方針

●健康・スポーツに関する知識と実技について強く関心を持っている人

●スポーツに強く関心があり、理論と実践を通じてその能力の向上を目指したい人

●保健体育科教員、あるいは健康・スポーツ関連指導者等を目指している人

教育課程編成方針

●基礎的な学習能力と幅広い視野を身につけるために、「共通科目」の教養科目、言語情報科目、キャリア科目および「学部共通科目」の学習スキル獲得型演習科目(基礎演習Ⅰ・Ⅱ)を配置する。

●「学部共通科目」および「学科専門科目」において、健康・スポーツ・コーチングに関する専門知識を習得するための科目を配置する。

●スポーツ技能と練習法を学習して技能を高め、さらに指導力向上につなげるために、「学部共通科目」のスポーツ技術科目(サッカー、バレーボール、バスケットボールなど)を配置する。

●課題を発見し、解決する能力を育むために、「学科専門科目」のスポーツ指導演習科目(体力トレーニング演習、健康運動指導演習など)および「学部共通科目」の課題解決型演習科目(応用演習Ⅰ・Ⅱ、テーマ研究Ⅰ・Ⅱ)、卒業研究を配置する。

取得目標資格

[国家資格] ●教育職員免許状「中学校教諭一種(保健体育)」「高等学校教諭一種(保健体育)」 ●社会教育主事任用資格

[日本レクリエーション協会認定] ●レクリエーション・インストラクター

[日本体育協会公認スポーツ指導者資格] ●スポーツリーダー ●ジュニアスポーツ指導員(受験資格)

[日本トレーニング指導者協会認定] ●トレーニング指導者(受験資格)

[日本ストレングス&コンディショニング協会(NSCAジャパン] ●ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(受験資格)
[財団法人 健康・体力づくり事業財団認定] ●健康運動指導士(受験資格)

この学科の特色
  • 自分のスポーツの経験に理論付け
    理論と実践を組み合わせて学ぶ効果的な科目構成により、これまでのスポーツの経験に意味付けを図ることができ、新たな視点を得られます。自分自身の競技力向上やより適切に指導できる能力が身につき、活躍のチャンスが広がります。
  • 体育教員などの資格に対応
    保健体育科教員、健康・スポーツ関連指導者になるためのカリキュラムで、必要とされる資格の取得にも対応。目指す進路に合わせて手厚くサポートします。
  • 指導者としての実践的な能力をアップ
    地域のスポーツ活動やインターンシップなど、スポーツや健康づくりに関わる分野を幅広く体験し、指導者に不可欠なコミュニケーション能力を高めます。
開講予定科目
学部共通科目
●体力トレーニング論
●スポーツ心理学
●スポーツ傷害と予防
●栄養学
●発育発達論
●生涯スポーツ論
●生涯スポーツ演習
●スポーツ政策・行政論
●スポーツ社会学
●コーチング論
●レクリエーション理論
●レクリエーション実技
●レクリエーション実習
●武道(剣道)
●ダンス
●テニス
●ハンドボール
●サッカー
●バレーボール
●バスケットボール
●冬季スポーツ
●野球・ソフトボール
●卓球
●基礎演習Ⅰ
●基礎演習Ⅱ
●応用演習Ⅰ
●応用演習Ⅱ
●テーマ研究Ⅰ
●テーマ研究Ⅱ
●卒業研究
学科専門科目
●人のからだと健康
●スポーツ理論
●運動生理学
●人体構造基礎
●運動機能と救急処置
●学校保健
●スポーツ統計学
●衛生学及び公衆衛生学
●地域社会と健康
●ストレングス・コンディショニング
●野外活動理論・演習
●スポーツ医学と運動処方
●測定と評価
●バイオメカニクス
●体力トレーニング演習
●運動生理学演習
●健康運動指導演習
教職課程科目
●教師論
●教育原理
●教育行財政
●教育課程論
●道徳教育の研究
●保健体育科指導法Ⅰ
●保健体育科指導法Ⅱ
●保健体育科指導法Ⅲ
●保健体育科指導法Ⅳ
●特別活動
●教育方法論
●生徒指導論(進路指導を含む)
●教育相談(カウンセリングを含む)
●教職実践演習(中・高)
●教育実習(事前事後指導)
●教育実習Ⅰ
●教育実習Ⅱ
●介護等体験
●教育心理学
●発達心理学

注目の授業・ゼミナール

[冬季スポーツ]

冬季スポーツ
北海道にある大学で学ぶからには、ウィンタースポーツを体験するのは当たり前です。
さらに、スポーツの指導者を目指すには複数の種目を体験することが重要であることから、この科目では「スケート」と「スノーボード」の2種目を体験します。
どちらの種目も半数以上の学生が初めて体験するにもかかわらず、全員が安全に滑れるようになるばかりか、指導法を身につけるところまで上達していきます。

[教職特別ゼミ]

教職特別ゼミ
本学科では多くの学生が教員を目指しており、合格するための教職特別ゼミを学科独自で行っています。
1年次に一般教養、2年・3年次には教職教養、専門科目、集団面接、模擬授業などをゼミ形式で行っています。
3月には大雪青少年交流の家で水泳を中心に実技指導も実施しています。2013年度は10名が中学や高校等の教職員に就職が決まり、体育教師や国立社会教育施設職員として活躍しています。

[測定と評価]

測定と評価
測定と評価の授業では,競技選手はもちろん、子どもやお年寄りまで様々な対象の体力や競技パフォーマンスを測定し、評価します。
学校体育で問題になっている体力低下について、実際の測定を通じて分析します。競技スポーツの指導に必要なトレーニング効果を見るためにも適切な測定と評価は欠かせません。
筋力の測定では,単に負荷重量や回数だけでなく、筋の厚さやスピードを測定し、パワーを計算します。体脂肪や自律神経なども測定し、コンディショニングの評価も行います。