スポーツビジネス学科

スポーツビジネス学科

 

スポーツに関わる現場の声や体験から
ビジネス・経営の視点と知識をリアルに学びます。

ビジネス(経営学的・職業的理解)に関する知識を修得し、それを基に、スポーツや健康に関する諸課題の解決と地域貢献に寄与できる人材を養成します。
さまざまなスポーツビジネス現場を体験できる環境を整え、大きな可能性を有するスポーツ分野でのビジネスチャンスを探ります。

○スポーツビジネス学科ブログへ

学位授与方針 学士(スポーツビジネス)

スポーツビジネスに関する課題に関心を持ち、課題を解決するための専門的知識を習得する。
社会人としての使命感や責任感と礼儀、規律、豊かな人間性を身につけ、社会の一員として適切な行動ができる。
スポーツを通して対人能力およびコミュニケーション能力を獲得し、地域社会振興のために適切に行動ができる。

入学者受け入れ方針

●スポーツが好きで、スポーツの現場を支えること、学ぶことに強い興味を持っている人

●地域社会の様々な人々と明るく触れ合えるボランティア精神を持っている人

●スポーツ産業やスポーツ関連産業などスポーツ振興に将来的に関わっていく意欲のある人

教育課程編成方針

●責任ある社会人としての教養および実務(実践)能力を身につけるために、全学共通科目として教養科目、言語情報科目、キャリア科目を設置する。

●スポーツを通して対人能力およびコミュニケーション能力を獲得するために、学部共通科目に体育学を核としてさまざまなスポーツ種目の科目を配置する。

●課題探求力、課題解決力、表現能力、コミュニケーション能力、知識の活用能力など、社会人として求められる基本的な能力を育成するために、全学年に発表や討論などを実践的に学ぶ、少人数による必修の演習科目を配置する。特に3年次、4年次の必修の演習科目「応用演習Ⅰ・Ⅱ」「テーマ研究Ⅰ・Ⅱ」では、地域社会・企業・キャンパス内の実践的な課題解決に学生が主体的に取り組む学習を進める。

●学科専門科目は、1年次に経営・流通に関する必修科目を配置し、経営学の基礎を固めた上で、スポーツビジネスの諸領域に関する専門的科目を学べるように編成する。

●スポーツ施設の経営管理に関する資格と小売・流通業界で重視される資格という2種類の資格取得をめざす履修モデルを用意し、1年次からの計画的な履修による資格取得を支援する。

取得目標資格

[日本体育協会公認スポーツ指導者資格] ●スポーツリーダー ●アシスタントマネジャー(受験資格)

[日本レクリエーション協会認定] ●レクリエーション・インストラクター

[国家資格] ●社会教育主事任用資格

[日本商工会議所] ●販売士3級・2級 ●簿記3級・2級

[全国大学実務教育協会認定] ●実践キャリア実務士

この学科の特色
  • ビジネス社会に役立つ人間教育の実践
    ビジネスマナーと人間関係を大切にする資質を身につけます。
  • ビジネス・経営の専門的知識を修得
    「スポーツ・健康」に関する問題意識を常に持ち、実践に役立つ職業的理解・経営学的理論を修得します。
  • スポーツビジネス現場を体験
    野球やサッカーなどのプロスポーツビジネスや北海道ならではの冬季アウトドアスポーツビジネス等、それぞれのビジネスフィールドでのインターンシップ研修・ボランティア活動を推奨。現場での活動を通して実践力を養成します。
  • 多様なアプローチからスポーツビジネスを追究
    実業界で豊富な経験をもつ教員が、キャリアを意識した実践的な指導を展開。また、現在スポーツ業界で活躍中の実務者を招いた特別講義を行うなど、多様な学びからスポーツビジネスを捉えます。
開講予定科目
学部共通科目
●体力トレーニング論
●スポーツ心理学
●スポーツ傷害と予防
●栄養学
●発育発達論
●生涯スポーツ論
●生涯スポーツ演習
●スポーツ政策・行政論
●スポーツ社会学
●コーチング論
●レクリエーション理論
●レクリエーション実技
●レクリエーション実習
●武道(剣道)
●ダンス
●テニス
●ハンドボール
●サッカー
●バレーボール
●バスケットボール
●冬季スポーツ
●野球・ソフトボール
●卓球
●基礎演習Ⅰ
●基礎演習Ⅱ
●応用演習Ⅰ
●応用演習Ⅱ
●テーマ研究Ⅰ
●テーマ研究Ⅱ
●卒業研究
学科専門科目
●基礎経営学
●経営管理論
●流通入門
●流通論
●簿記・会計
●マーケティング
●ベンチャービジネス
●ライフスタイル論
●スポーツ経営学
●スポーツビジネス論
●スポーツビジネス特講
●スポーツイベント論
●プロスポーツ経営論
●民間スポーツ施設経営論
●スポーツツーリズム
●地域スポーツ経営論
●スポーツ組織論

注目の授業・ゼミナール

[ゼミ活動]
ゼミ活動

高校になくて大学にあるもの。それがゼミナール(ゼミ)です。
指導教員のもと、自分の関心のあるテーマについて、調査研究を進めます。言わば、「小さな教室」というイメージです。
スポーツ人間学部では3年次からゼミに分かれ、卒業までの2年間を調査研究活動に取り組みます。とりわけ、スポーツビジネス学科は個性的なゼミがいっぱいです。

原ゼミの特徴は、フィールドワークです。道内のみならず道外へも遠征し、スポーツ施設の調査に取り組んでいます。

[スポーツビジネス特講]
スポーツビジネス特講

スポーツビジネス特講は、スポーツ企業の経営戦略等について理解を図る講義です。
従って、スポーツメーカー、フィットネスクラブ、プロスポーツ球団、大規模スポーツ施設などの経営を事例として学習を深めています。

特徴は、全15回の講義の中で5回程、スポーツビジネス現場の従事者による講演を実施していることです。現場の声を基にした実践的課題の追究が、スポーツビジネスの理論を構築します。

[スポーツイベント論]
スポーツイベント論

授業を通して理論を学びながら、実際にイベントを企画する能力を養います。
イベントの企画・計画・実施・評価などの基本的な知識を身につけながら、オリンピックやプロスポーツ、地域のスポーツイベントなどの事例とともに理解を深めます。

また、毎回の授業で段階を踏んでイベントの企画書を作成し、最後の授業では企画したスポーツイベントを実際に実施。理論と実践を組み合わせ、スポーツイベントはもとよりプロジェクトの「実践力」を身につけます。