国際観光学科

国際観光学科

 

北海道の魅力を観光に上手に活用するための総合力を養成
地域から世界まで幅広く活躍する多彩な人づくりを目指します。

観光の国際化に的確に対応し、多くの方に何度も北海道を訪れていただくよう、地域の様々な資源の観光への活用に向けて、幅広い視点から考え企画する力や実践する力を身につけるため、フィールドワークを重視しながら学びます。

○国際観光学科ブログへ

学位授与方針 学士(観光学)

ホスピタリティ・マインド(おもてなしの心)を持ち、観光政策・経済、地域振興、国際観光に関する観光分野の専門的知識と技能を習得するとともに、観光地域が抱える諸課題を観光地域の人々とともに考え、解決する能力、及び、社会人として自立できる能力を身につける。

入学者受け入れ方針

●北海道の観光地域が抱える諸課題を観光地域の人々と共に考え、解決する意欲がある人

●卒業後、地方自治体、公益団体、NPO等観光振興の国際化の仕事に就きたいと考えている人

教育課程編成方針

●基礎的な学習能力と社会人として自立できる能力を身につけるために、「共通科目」の教養科目、言語情報科目、キャリア科目及び「学部共通科目」の知識・技能獲得型演習科目(2年演習基礎・応用)を配置する。

●北海道の観光地域が抱える諸課題を、観光地域の人々とともに考え、解決する知識・意欲を習得するために、「国際観光基礎科目」(観光マネジメント・ニューツーリズム)及び「観光政策経済科目」(観光経済論、国際観光経済論)、「国際観光科目」(北海道の観光政策、観光地形成)などを配置する。

●観光振興の国際化に関する実践的技能、態度を習得するために、「国際観光基礎科目」(観光ICT)及び「観光政策経済科目」(観光統計)、「国際観光科目」(国際観光演習)などを配置する。

●課題を発見し、解決する能力を育むために、「教養科目」プロジェクト演習Ⅰ・Ⅱ、及び「学部共通科目」の課題解決型演習科目(3年、4年演習 基礎・応用)、卒業研究を配置する。

取得目標資格

●北海道観光マスター検定 ●北海道地域ガイド検定(小樽、函館、十勝など) ●総合旅行業務取扱管理者 ●国内旅行業務取扱管理者 ●旅程管理主任者 ●サービス接遇検定 ●実践キャリア実務士  ●観光ビジネス実務士 ●図書館司書 ●社会教育主事任用資格 ●TOEIC ●実用英語技能検定(2級) ●観光英語検定(2級) ●通訳案内士

この学科の特色
  • 地域の魅力を知る実践的な教育
    様々な資源を観光に活用し、ふれあいや交流を通じて、観光客はもちろんのこと、地域も元気になるよう、市町村の協力を得てフィールドワークを重視した教育を実施し、社会で活躍するためのキャリアアップに努めます。
  • 問題解決型の主体的な学び
    将来観光を中心に地域と深くかかわる主体的な人材を養成するため、ゼミナール(演習科目)や全学部で実施されるプロジェクト演習を中心とした様々な授業で、自ら学ぶ姿勢を身につけます。
  • 「コクサイ」ならではの学部横断的な教育で総合力を修得
    生活や文化も観光資源として重要になっているほか、スポーツツーリズムなどのニューツーリズムにも対応するなど、多様な視点から観光について考える必要があることから、スポーツ人間学部や人文学部の関連科目の履修も含め総合力や展開力を高めていきます。
  • グローバルな視点で行動し、交流できる力を育成
    観光の国際化が今後より進んでいくことから、国際的な視点を持って考え行動し、自分自身の言葉で情報を発信できる力に磨きをかけます。
開講予定科目
学部共通科目
●観光概論
●観光事業論
●観光論特別講義
●ホスピタリティ論
●観光サービス論
●サービスの心理学
●北海道の観光
●観光政策経済入門
●観光マーケティング
●国際観光ビジネス
●世界遺産
●観光調査法入門
●TOEIC
●観光ビジネスマナー
●観光実践演習
●観光英会話
●2年演習(基礎)
●2年演習(応用)
●3年演習(基礎)
●3年演習(応用)
●4年演習(基礎)
●4年演習(応用)
●卒業研究
国際観光基礎科目
●観光マネジメント
●観光交通
●地誌概論
●観光文化論
●観光産業と起業
●ニューツーリズム
●温泉文化論
●観光ICT
観光政策経済科目
●観光政策総論
●観光経済論
●観光地ビジネス
●観光統計
●東アジア観光論
●国際観光経済論
国際観光科目
●観光まちづくり論
●観光ボランティア
●観光地形成
●北海道の観光政策
●国際観光論
●国際観光特別講義
●国際観光演習

注目の授業・ゼミナール

国際観光演習
国際観光演習

この授業では、三笠市住友奔別炭鉱跡でフィールドワークを行い、廃墟と言われてきた産業遺産の空間を公園として整備するために不可欠な植生調査を、環境省職員、地元住民やNPO、そしてベルギーの産炭地からの留学生と一緒に行いました。

2~4年演習
2~4年演習

多様なテーマで、フィールド調査や情報発信などを実践。
また観光振興やまちづくりの現場を体験し、地域の人々とのふれあいを通じて、グループワークやプレゼンテーションなどの技術やノウハウも修得。

観光マネジメント
観光マネジメント

将来、観光産業で管理者(経営層)として活躍するために、基本的な経営管理について学ぶ授業。
そのまとめとして、毎年、道内観光産業の経営者をゲストにお迎えしています。
開業当初のお話や、ときには海外進出の実際の現場で起こったこと、現状やこれから解決すべき課題など、そのゲストならではの「生の声」を聞いて、地域と世界の架け橋になる観光産業の将来を考えます。