心理学科

心理学科 子ども心理専攻

 

心理学の専門知識を活用し、現場のニーズに
対応できる幼児教育・保育の担い手を育てます。

心理学をベースに子どもの教育や保育を学ぶことで、子どものこころをより深く理解し、適切な支援ができる能力を身につけます。
子育てに関する時代の変化を見据え、幼稚園や保育所などで必要とされる知識と技術、人間力を備えた質の高い人材を養成します。

○心理学科ブログへ

学位授与方針 学士(教育学)

人文学領域における幅広い教養と心理学研究の方法論を理解し、客観的なものの見方や実証に基づく判断を重視する態度を身につける。

現代の保育・幼児教育現場で求められる知識と技術を習得し、一人ひとりの個性と人格を尊重する関わりができる。

保育者・幼児教育者の使命と責任を自覚し、より良い保育・幼児教育を追求する態度を身につける。

入学者受け入れ方針

●人間の心や社会に関するさまざまな問題に広く関心を持ち、学ぶ意欲が高い人

●人間の発達に携わる者としての責任を自覚し、人との関わりの中で自己形成の努力ができる人

●幼児教育や児童福祉の分野で活躍することを目指す人

教育課程編成方針

●大学生に必要なスタディスキル(読解力・文章表現能力・プレゼンテーション能力)を身につけさせるために、「全学共通科目」として、教養科目、言語情報科目を設置する。

●心理学に関する基礎的な知識や心理学研究の基本的な方法を理解させるために「学科基礎科目」を構成する。

●保育・幼児教育の原理、乳幼児の発達と援助のあり方、子育て支援の現状と課題を理解させるとともに、子育て支援の援助法を習得させるために、「子ども心理科目(保育・教育理論)」を構成する。

●保育・幼児教育の基礎技能、および障がいのある子どもの支援法を習得させるために、「子ども心理科目(保育内容・方法)」を構成する。

●保育現場で求められる知識と技術を理解・習得させるために「子ども心理科目(保育表現技術)」を構成するとともに、保育者・教育者として必要な態度の習得や保育・幼児教育の実践力の向上のために「子ども心理科目(実習)」(子どもボランティア・保育実習・幼稚園実習)を構成する。

●保育・幼児教育に関する諸問題を論理的に捉え、多角的・科学的にアプローチする方法を身につけさせるために、学科共通科目の課題解決型演習科目(応用演習Ⅰ・Ⅱ、テーマ研究Ⅰ・Ⅱ)、卒業研究を設置する。

取得目標資格

[国家資格] ●幼稚園教諭一種免許 ●保育士 ●社会教育主事任用資格 ●児童指導員任用資格 ●図書館司書

[全国大学実務教育協会認定] ●保育音楽療育士 ●園芸療法士 ●実践キャリア実務士

[日本心理学会認定] ●認定心理士

この学科の特色
  • 心理学の知識に基づいて子どものこころを理解
    保育の学びを重ねながら、心理学の専門性を高めることにより、個々の子どもの理解が深まります。保育の現場で出会う、育ちにくさを持った子どもや保護者に対する支援が行える力の獲得を目指します。
  • 実習や少人数ゼミで確実にレベルアップ
    幼稚園や保育所での実習、子どものためのイベントのボランティアなど、実際に子どもたちとふれあう機会がいっぱい。体験から得た疑問や課題は少人数ゼミなどでしっかりと考えていきます。
  • 現場の信頼とニーズに対応した人材養成
    短期大学部の保育者養成の長い歴史と多くの先輩に支えられた人材育成は就職に強さを発揮。
    これから必要度が増す幼稚園教諭一種免許も取得できます。
開講予定科目
学部共通科目
●人文学概論
●ガーデニング演習
●生活と園芸
●園芸療法論
●イネーブルガーデン実習
●心の障がい者の心理
●障がい者福祉
●フラワーアレンジメント
●身体表現演習
●基礎演習Ⅰ
●基礎演習Ⅱ
●応用演習Ⅰ
●応用演習Ⅱ
●テーマ研究Ⅰ
●テーマ研究Ⅱ
●卒業研究
学科基礎科目
●心理学概論
●教育心理学
●認知心理学
●発達心理学
●学習心理学
●パーソナリティ心理学
●社会福祉論
●精神保健
●家族心理学
●色彩心理学
●社会心理調査法
●社会観察法
●心理学実験Ⅰ(基礎)
●心理学実験Ⅱ(応用)
●心理統計学
子ども心理専攻専門科目
●教育課程論Ⅰ
●教育課程論Ⅱ
●保育内容指導法
●子ども理解の理論と方法
●保育の心理学Ⅰ
●保育の心理学Ⅱ
●相談援助
●児童文化
●児童家庭福祉
●保育原理
●社会的養護
●教職入門
●教育原理
●教育行財政
●教育方法論
●メディア教育論
●子どもの保健Ⅰ(基礎)
●子どもの保健Ⅰ(応用)
●子どもの保健Ⅱ
●子どもの食と栄養(基礎)
●子どもの食と栄養(応用)
●家庭支援論
●子どもボランティアⅠ
●子どもボランティアⅡ
●日本語表現法研究Ⅰ
●日本語表現法研究Ⅱ
●生活Ⅰ
●生活Ⅱ
●音楽Ⅰ(歌唱・理論基礎)
●音楽Ⅰ(歌唱・理論応用)
●音楽Ⅱ(ピアノ基礎)
●音楽Ⅱ(ピアノ応用)
●子どもの図画工作(基礎)
●子どもの図画工作(応用)
●体育実技(基礎)
●体育実技(応用)
●運動Ⅰ
●運動Ⅱ
●保育内容総論
●保育内容研究(人間関係)Ⅰ
●保育内容研究(人間関係)Ⅱ
●保育内容研究(健康)Ⅰ
●保育内容研究(健康)Ⅱ
●保育内容研究(環境)Ⅰ
●保育内容研究(環境)Ⅱ
●保育内容研究(言葉)Ⅰ
●保育内容研究(言葉)Ⅱ
●保育内容研究(表現)Ⅰ
●保育内容研究(表現)Ⅱ
●乳児保育Ⅰ
●乳児保育Ⅱ
●社会的養護内容
●保育相談支援
●障がい児保育Ⅰ
●障がい児保育Ⅱ
●障がい児教育総論
●教育相談
●保育・教職実践演習(幼稚園)
●幼稚園実習指導
●幼稚園実習
●保育実習指導Ⅰ
●保育実習指導Ⅱ
●保育実習指導Ⅲ
●保育実習Ⅰ
●保育実習Ⅱ
●保育実習Ⅲ

注目の授業・ゼミナール

[保育の心理学Ⅱ]
保育の心理学Ⅱ

目にはみえない「こころ」を保育者はどのように捉えているのでしょう。

実際の保育現場のビデオをみながら「保育の心理学Ⅰ」で学んだ理論をより実践的に深めていきます。

子どもの可愛い表情や動きをみて思わず微笑んだり、泣く姿や思い通りにならず葛藤している姿をみてドキドキしたりするなど、その場に居るような気持ちで子どもの「こころ」に近付き理解していく、子どもの「こころ」をみつめる授業です。

[教育課程論Ⅱ]
教育課程論Ⅱ

幼児期の教育が環境を通して、遊びを通して、計画的に行われること等、教育課程論Ⅰで学びますが、この授業では教育課程の理論(例えば、児童中心主義や系統主義)を学習し、理論を踏まえた実践のための計画作りに取組みます。

長期的な視野に立つ計画、質の高い教材と体験、デューイ、ブルーナ、倉橋惣三等の保育論を学び、その成果を活かして作り上げる君たちの幼稚園カリキュラムは「生きる力の基本育てをするカリキュラム作り」ができるでしょうか。

[子どもボランティアⅠ・Ⅱ]
子どもボランティアⅠ・Ⅱ

近隣の保育園や付属幼稚園での観察演習を通して子どもたちとの接し方や保育者の業務などを学び、また学内で行われる音楽療育ワークショップ、安心子育て応援倶楽部など、大勢の親子が集まる行事にボランティア参加します。

さらに実習や就職を見据え、ペープサート、パネルシアター・紙芝居などの制作・発表を通し、作り方、演じ方などの実践力を身に付ける1年次の科目です。