心理学科

心理学科 臨床心理専攻

 

「こころ」を学ぶことで、専門職としてはもちろん
コミュニケーション能力を生かして幅広い活躍を。

こころの働きや仕組みなど心理学の専門知識を身につけることで、人のこころを理解し援助につながる視点を養います。
コミュニケーション能力を高められるため、社会で活躍する可能性が広がるほか、カウンセラーなど専門職を目指すこともできます。
写真は、子どもの心理療法などで使用されるドールハウスの一部です。私たちの日常生活の中に、「こころ」は当たり前に存在します。しかし、「こころ」を見たことがありますかと問われると答えに窮します。
臨床心理学では、こうした「こころ」を研究し、心理的援助技能を学びます。

○心理学科ブログへ

学位授与方針 学士(人文学)

人文学領域における幅広い教養と心理学全般に関する基本的な知識を習得する。

心理学研究の方法論を理解し、客観的な物の見方や実証に基づく判断を重視する態度を身につける。

傾聴や共感的理解といった心理臨床の基本的態度を理解し、社会において自他の関係性を意識した対人コミュニケーションを行うことができる。

入学者受け入れ方針

●人間の心や社会に関するさまざまな問題に広く関心を持ち、学ぶ意欲が高い人

●自分を見つめるとともに、人へのいたわりの気持ちを持つことができる人

●地域における心のケアやカウンセリングなど対人援助の分野で活躍する意欲のある人

教育課程編成方針

●大学生に必要なスタディスキル(読解力・文章表現能力・プレゼンテーション能力)を身につけさせるために、「全学共通科目」として、教養科目、言語情報科目を設置する。

●社会人を意識したマナーを習得させるために、全学共通科目としてキャリア科目を、学部共通科目および臨床心理科目として外部実習科目(施設体験実習Ⅰ等)を設置する。

●心理学に関する基礎的な知識から心理臨床を含む多様な分野にわたる心理学および関連領域の知識を身につけるために学科基礎科目および臨床心理科目を構成する。

●実践的な調査研究の方法を理解し、研究実践を通して、心理学研究の技法を習得させるために、研究法に関する実習科目(心理学実験Ⅰ(基礎)、心理学実験Ⅱ(応用)、心理統計学、社会観察法、社会心理調査法)を設置する。

●心理臨床実践のための知識や技法について体験を通して理解させるために、心理臨床に関する実習科目(認知行動療法、遊戯・芸術療法、入門カウンセリング、応用カウンセリング)を設置する。

●現実社会における心理学および臨床心理学の活用方法について理解を深めさせるために、外部実習および研究実践に関する科目(施設体験実習Ⅱ、応用演習Ⅰ・Ⅱ、テーマ研究Ⅰ・Ⅱ、文献講読演習Ⅰ・Ⅱ、卒業研究)を設置する。

取得目標資格

[国家資格] ●教育職員免許状「中学校教諭一種(社会)」「高等学校教諭一種(公民)」 ●社会教育主事任用資格 ●児童指導員任用資格 ●図書館司書

[全国大学実務教育協会認定] ●カウンセリング実務士 ●園芸療法士 ●実践キャリア実務士

[日本心理学会認定] ●認定心理士

[日本心理学諸学会連合認定] ●心理学検定1級・2級

この学科の特色
  • 講義+研究+技術で能力アップ
    心理学の専門知識を学ぶ講義科目、心理学の研究方法を学ぶ実技科目、カウンセリングなど臨床心理学の技術を身につける実習科目の3つを柱にしたカリキュラムを編成。
    心理学を通して、社会で活用できる問題解決能力を高めます。
  • 体験を通して学ぶ授業が豊富
    教育や福祉などに関連する施設での実習や心理学の実験、カウンセリングのロールプレイなど、体験的に学べる機会が豊富です。
  • 臨床心理士など専門職の道を用意
    対人援助職を目指す学生をサポートし、認定心理士や心理学検定などの資格取得もバックアップ。
    本学大学院へ進学し、臨床心理士を目指す体制も整えています。
開講予定科目
学部共通科目
●人文学概論
●ガーデニング演習
●生活と園芸
●園芸療法論
●イネーブルガーデン実習
●心の障がい者の心理
●障がい者福祉
●フラワーアレンジメント
●身体表現演習
●基礎演習Ⅰ
●基礎演習Ⅱ
●応用演習Ⅰ
●応用演習Ⅱ
●テーマ研究Ⅰ
●テーマ研究Ⅱ
●卒業研究
学科基礎科目
●心理学概論
●教育心理学
●認知心理学
●発達心理学
●学習心理学
●パーソナリティ心理学
●社会福祉論
●精神保健
●家族心理学 
●色彩心理学
●社会心理調査法
●社会観察法
●心理学実験Ⅰ(基礎)
●心理学実験Ⅱ(応用)
●心理統計学
臨床心理専攻専門科目
●臨床心理学概論
●社会心理学概論
●発達臨床心理学
●心理療法論Ⅰ
●心理療法論Ⅱ
●対人関係論
●精神医学
●非行と犯罪の心理
●心理アセスメントⅠ(質問紙法)
●心理アセスメントⅡ(投影法)
●発達心理診断法
●入門カウンセリング
●応用カウンセリング
●認知行動療法
●遊戯・芸術療法
●施設体験実習Ⅰ
●施設体験実習Ⅱ
●文献講読演習Ⅰ
●文献講読演習Ⅱ

注目の授業・ゼミナール

[遊戯・芸術療法]

遊戯・芸術療法
心理療法で目指すことは、人のこころが生き生きと自由になることです。それは遊び心をどう持てるかにかかっています。

この授業では、大学付属の幼稚園で子どもと触れあったり、箱庭作品を制作する等の実践を通して、遊びの持つ創造性や治療的意味を体得していきます。
箱庭や絵画、コラージュ等の非言語的素材は、言葉だけでは限界があるこころの奥深い有り様を表現させてくれます。また、出来上がった作品を目の前にすることで、自分自身とも向き合えるでしょう。

[入門カウンセリング]

入門カウンセリング
ロールプレイ(役を演ずること)を通じて、カウンセリングにおける基礎的な知識だけではなく、カウンセリングを行うときの基本的な技能を体得することを目指します。

カウンセラー援助職を志望する人だけではなく、特にそのような志望のない人でも、日常の対人関係の持ち方を考え、より良質なものに変化させる、そのきっかけになるような授業です。
家族、友人、アルバイト仲間、部活の先輩や後輩、地域の人たちとコミュニケーションするときにどんな交流が起こっているのか、ロールプレイを繰り返しながら体験的に学習を重ねます。

[心理学実験]

心理学実験
心理学実験Ⅰ・Ⅱでは、心の働きを解明するための科学的な方法である実験を体験します。

刺激に対する反応を調べたり反応時間を測定したりしながら、結果の分析と考察を行います。
実験の体験や考察を通して科学的なものの考え方を身につけることが出来るだけでなく、データの分析やレポートの作成を通して、コンピュータの実践的な使い方を身につけることにもつながる授業です。