現代文化学科

現代文化学科

キーワードは、「文化の理解」「文化の継承」「文化の発信」
過去から現在につながる文化の流れ、現代という時代に芽吹くオリジナルの文化、文化と文化の交流から生まれる新たな関わりを知り、自ら考える力を育てよう!

(考古学実習)

歴史、言語、国際情勢、伝統、サブカルチャー、さらにさまざまな観点から現代日本の文化を見つめなおすために、多彩な系統の講義、少人数での演習、そして学科独自のフィールドワークを展開し、現代文化を語る“知の力”を育てます。

○現代文化学科ブログへ

学位授与方針 学士(人文学)

人間、言語、歴史、社会、コミュニケーションなどの人文学に関わるさまざまな文化的事象を、「日本」に根ざしつつ、より広く捉えるための基礎的知識を習得する。
学んだ知識と培った教養を、実践を通して社会に還元できる力を身につける。

入学者受け入れ方針

●人間、言語、文化、社会、歴史、コミュニケーションなど、人文学に関わるさまざまな事象や問題について、幅広く興味・関心を持ち、意欲的に学ぼうとする人

●学外・学内のフィールド調査やグループ研究で共同して取り組み、互いに学びあう姿勢をもった人

●自身の教養や経験を実社会で積極的に活かし、社会に還元していこうとする人

教育課程編成方針

●初年次から、考察力・発信力を身につけるための基礎トレーニングを中心とした演習を展開する。

●現代、日本、世界、文化、日本語をキーワードにして学科基礎科目を構成する。

●英語、国際、メディア、歴史、博物館、日本文化をキーワードにして学科専門科目を編成する。

●実践力を養うフィールド調査やインターンシップを取り入れて展開する。

●より深く現代文化を考えるために、3~4年生向けに演習(ゼミ)を展開する。

取得目標資格

[国家資格] ●学芸員 ●図書館司書 ●教育職員免許状「中学校教諭一種(社会)」「高等学校教諭一種(公民)」 ●社会教育主事任用資格

[民間資格] ●2級考古調査士

[全国大学実務教育協会認定] ●実践キャリア実務士 ●園芸療法士

[受験を奨励する検定試験] ●実用英語技能検定 ●TOEIC/TOEFL ●実用フランス語技能検定 ●中国語コミュニケーション能力検定 ●韓国語能力技能検定 ●日本語教育能力検定

この学科の特色
  • 一人ひとりの目標に沿った少人数教育
    一人ひとりの学生の目標に沿った教育を目指し、1年次から4年次まで、基礎的知識の習得と専門性の追求を兼ね備えた演習を展開します。
  • 多彩な系統科目を展開
    歴史や言語、国際情勢、伝統とサブカルチャーなど、さまざまな観点から現代文化を考えるために、多彩な科目を用意して、個々の学生の関心に応えるとともに、より深く学ぶための演習も展開しています。
  • フィールドワーク、インターンシップで実践力を養成
    学科独自の文化を考えるフィールドワーク、博物館や語学を生かしたインターンシップを展開します。考える力と行動する力のバランスの取れた実践力を身につけます。
  • より専門的な資格の取得を徹底して支援
    教職、学芸員、図書館司書など、“知の力”を具体的に社会の中で生かす資格の取得を支援し、将来の目標実現のためにさまざまなサポートを行います。
開講予定科目
学部共通科目
●人文学概論
●ガーデニング演習
●生活と園芸
●園芸療法論
●イネーブルガーデン実習
●心の障がい者の心理
●障がい者福祉
●フラワーアレンジメント
●身体表現演習
●基礎演習Ⅰ
●基礎演習Ⅱ
●応用演習Ⅰ
●応用演習Ⅱ
●テーマ研究Ⅰ
●テーマ研究Ⅱ
●卒業研究
学科基礎科目
●現代文化論Ⅰ
●現代文化論Ⅱ
●現代思想
●日本文化特講
●日本文学
●政治学概論
●社会学概論
●法学概論
●経済学概論
●文化財の保護と活用
●社会言語学
●日本語学概論
●日本語教育論
●日本語研究Ⅰ
●日本語研究Ⅱ
●現代文化フィールドワークⅠ
●現代文化フィールドワークⅡ
学科専門科目/英語コミュニケーション系
●英語コミュニケーション論
●TOEIC
●ConversationⅠ
●ConversationⅡ
●語彙とアクティブリスニング
●語彙とアクティブライティング
●カレントイングリッシュ
●イングリッシュスキルズ
●実践ビジネス英語
●通訳演習
●英語フィールドワーク
学科専門科目/国際教養系
●比較文化論
●文化人類学
●社会思想史
●国際協力論
●国際関係論
●世界史概論
●アジアの歴史
●欧米の歴史
●北米の地誌
●国際教養演習
学科専門科目/博物館・考古学系
●博物館概論
●博物館資料論
●博物館経営論
●博物館教育論
●博物館展示論
●博物館資料保存論
●博物館実習
●博物館マネジメント演習
●視聴覚情報・メディア論
●考古学
●先史文化論
●北海道の考古学と文化遺産
●北方民族論
●考古学実習
●考古学資料演習
学科専門科目/日本文化・メディア系
●和の精神史
●日本史概論
●近現代日本史
●現代民俗学
●マンガ学
●ポップ・カルチャー論
●消費社会論
●生活文化論
●社会意識論
●フィールドワーク取材法
●日本文化演習
●メディア文化論Ⅰ
●メディア文化論Ⅱ
●映像表現演習
●編集デザイン演習

日本文化コース

日本文化コース

日本に関して、さまざまな視点から過去と今を読み解く

目に見えるさまざまな「モノ」から、私たち自身の文化を理解しようとするのが日本文化コースです。

私たちが暮らしている日本・北海道はどのようにして生まれたのか。「先史文化論」や「考古学」では発掘調査を行い、過去のモノから現在を読み解きます。

(本学博物館)

「マンガ学」や「ポップ・カルチャー論」では、今人気がありよく目にしているモノから、現代の日本文化について分析します。
「メディア文化論」では出版メディアや放送メディアが現代というモノをどのように発信しているのかを学びます。

考古学(発掘) 博物館(学芸員) 歴史 メディア 民俗学

注目の授業・ゼミナール

考古学
考古学

考古学とは、発掘で出土した「もの」から人々の歴史を描く学問です。
本講義では、その基礎となる考え方や考古学がどのようなものかを理解してもらうことを目的とし、ビデオやプリントなどを用いて考古学における年代決定、時期区分、遺物の取り扱い等について具体的に学びます。

特に北海道の地でアイヌ文化がどのように生まれたのかを地域の視点で読み解いていきます。

 

(倶知安町での発掘作業)

日本文化特講
日本文化特講

「日本」は「日本」と呼ばれる前になんと呼ばれていたかわかりますか。答えは「倭」です。
なぜ「倭」から「日本」に変化したのか、そこには日本文化が生まれる際に、「外国の目」を意識するという思考が見え隠れしています。
この科目では日本文化(日本人の考え方・見方)は、外との関わりの中で生まれ、時代とともに変化する側面があることを学びます。
日本文化の代表といわれる風呂の文化も幕末・明治以降の欧米人との接触の中で大きく変化するのです。なぜでしょうか。

(本学茶室)

国際文化コース

「異文化」を体験し、「異文化」を理解する

街に出たとき、隣を歩いている人が日本語ではない言葉を話していた。そんなことは、もはや珍しくありません。
私たちはさまざまな文化が共生する時代に生きています。そこで必要になるコミュニケーションには、英語をはじめとする言語(中国語・韓国語・フランス語等)のスキルが必要です。

(アリアンス・フランセーズ札幌を訪問)

言葉だけではなく相手の歴史や文化についての理解も必要です。また、外国語を学ぶには自分たちの言葉である日本語についても知る必要があります。
そこには、外国人に日本語を教える日本語教師という道もあります。多文化共生の現代に生きるための力をつけるコースです。

英語コミュニケーション 比較文化・国際関係 外国史・思想史 日本語教育

注目の授業・ゼミナール

現代文化フィールドワークII
現代文化フィールドワークⅡ

この科目は海外で行う異文化研修プログラムです。事前学習で文化・習慣、歴史を文献やネットで調べ、現地では事前に調べた博物館や美術館で調査内容を確認します。

また、異文化験なども行い、事後学習では調査内容をまとめ報告書を作成します。

 

 

(ハワイ研修)

比較文化論
比較文化論

「異文化」という言葉を使いますが、「文化」というのはそもそも何なのでしょうか。

時代や地域によって違う文化を比べていくと、「いいこと」と「悪いこと」、「美しいもの」と「醜いもの」についての見方に大きな違いがあることが分かります。世の中にはさまざまなものの見方があるということを学びます。
この科目では、フランスをはじめとした欧米社会と日本との比較をおこないます。

 

(パリの老舗カフェの絵)