産学官連携方針

札幌国際大学短期大学部産学官連携方針

札幌国際大学短期大学部は建学の礎にある「自立」、教育の基本的考え方にある「社会への貢献」に基づき、学生、大学、社会の良好な関係構築に努めてきました。今後も、この方向性を維持し、より良い関係構築を目指します。なお、本学が目指す産学官連携の柱を以下に示します。

  1. 地域が抱える諸課題の解決に向けた連携-地域共創を目指す-
     北海道に根差す私立大学として、地域共創は大きなテーマであり、北海道が抱える諸課題に本学は地域と共に取り組むことが必要だと考えています。学生と教職員が様々な機会を通じて、地域の諸課題解決に向け力を発揮する機会を提供します。
  2. 学生の教育機会充実のための連携-学生の自立を促す-
     建学の礎にある社会で自立できる人材を育成するためには、大学内の教育に加え、社会との関わりが肝要と考えます。学生には様々な機会を通じて自己研鑚の機会を提供します。
  3. 点検、検証を通じた産学官連携活動の充実、強化-
     産学官の連携による各般の取組については、関係者の意見や評価などを踏まえ、実施結果を点検、検証した上で、課題や成果を明らかにし、課題の解決とともに、成果を拡大するよう努めていくことが必要であり、こうした一連の作業を系統立って実施していくため、自己点検サイクルを確立します。