教員紹介

蔵満 保幸

学部・学科名

人文学部 心理学科 (子ども心理専攻)

教員名

蔵満 保幸

1)略歴:最終学歴 ・北海道大学大学院教育学研究科教育学専攻
・静修短期大学児童教育学科講師
・札幌国際大学短期大学部幼児教育保育学科教授
・札幌国際大学スポーツ人間学部スポーツ指導学科教授
・札幌国際大学人文学部心理学科子ども心理専攻教授
2)学位 1981年 修士(教育学)
3)資格:オプション
(専門分野、教育分野に関わるもの)
・日本体力医学会認定健康科学アドバイザー
・日本レクリエーション協会公認指導者養成課程認定校 全国研究協議会監事
・北海道レクリエーション協会会長
・北海道フライングディスク協会会長
・北海道クッブ協会会長
・北海道学生バスケットボール連盟監事
4)担当科目 「生涯スポーツ演習」「保育内容研究(健康)Ⅰ・Ⅱ」
5)専門分野 発育発達学 子ども学
6)研究テーマ ・あそびを中心とした子どもの生活リズムの研究
・子どもをとりまく健康諸問題
7)所属学会 日本体育学会、日本発育発達学会、日本体力医学会、
日本運動生理学会、日本教育学会、日本ゴルフ学会
8)著書、論文、発表、作品等 ・『高血圧とスポーツ』杏林書院
・「子どもの生活リズムの現状について」日本発育発達学会
・「子どもの生活リズムの現状について-幼稚園児の調査から-」日本発育発達学会
・「幼児の運動能力の因子構造モデルの解析」日本発育発達学会
9)メッセージ、個人ホームページ等:
オプション(研究テーマ・活動の紹介)
 児童生徒の体力・運動能力は1980年代をピークに低下傾向にあります。主な原因として身体を十分に使った遊びや体育の時間以外の運動機会の減少などがあげられます。身体を動かさない生活習慣が子供達にまで広まっているのです。
特に北海道の子供の体力・運動能力の低下は深刻で、47都道府県の体力・運動能力調査では小5男子43位・女子44位、中2男子46位・女子は47位の最下位でした(2015年度調査)。下位からの脱却のために幼児期から大人まで「元気一杯」の北海道にすることが研究テーマです。