教員紹介

吉岡 宏高

学部・学科名

観光学部 国際観光学科

教員名

吉岡 宏高

1)略歴:最終学歴 ・札幌学院大学大学院地域社会マネジメント研究科修了
・金沢大学大学院自然科学研究科環境工学専攻博士後期課程 単位取得満期退学
・日本甜菜製糖(株)
・(株)たくぎん総合研究所(研究員・主任研究員)
・まちづくりコーディネーター
・札幌国際大学観光学部講師
・札幌国際大学観光学部助教授・准教授
・札幌国際大学観光学部教授
2)学位 修士(地域社会マネジメント論)
3)資格:オプション
(専門分野、教育分野に関わるもの)
・国内旅行業務取扱管理者
4)担当科目 「観光まちづくり論」「北海道の観光」
5)専門分野 観光まちづくり論 地域社会マネジメント論
6)研究テーマ ・観光まちづくりの政策展開プロセス
・産業観光の実践的研究
7)所属学会 北海道都市地域学会(理事)、観光研究学会、土木学会、都市計画学会、北海道地理学会、北海道自治体学会
8)著書、論文、発表、作品等 ・『炭鉱遺産でまちづくり-幌内炭鉱の遺産を主題にした「場」のマネジメント』(単著)
・『産業観光への取り組み』(共著)
・『交通まちづくり』(共著)
・『明るい炭鉱』(単著)
・『福島 農からの日本再生』(共著)
・「住民主体の観光促進の施策に関する考察:浜中町を事例として」
・「北海道空知旧産炭地域における炭鉱遺産を手がかりにした地域再生」
9)メッセージ、個人ホームページ等:
オプション(研究テーマ・活動の紹介)
まちづくり論は、現実社会と密接に関わる分野であり、「理論」と「実践」の相互を行き来することを通じて本質を理解できるという考えから、実践的な市民活動を展開している。
NPO法人炭鉱の記憶推進事業団(理事長) http://www.soratan.com/
NPO法人霧多布湿原ナショナルトラスト(評議員) http://www.kiritappu.or.jp/