教員紹介

岡部 祐子

教員紹介
  • 受験生応援サイト UPBEAT
  • 資料請求
  • 大学院 心理学研究科
  • 大学院 観光学研究科
  • 大学院 スポーツ健康指導研究科
  • 観光学部 観光ビジネス学科
  • 観光学部 国際観光学科
  • 人文学部 現代文化学科
  • 人文学部 心理学科 臨床心理専攻
  • 人文学部 心理学科 子ども心理専攻
  • スポーツ人間学部 スポーツビジネス学科
  • スポーツ人間学部 スポーツ指導学科
  • 短期大学部 総合生活キャリア学科
  • 短期大学部 幼児教育保育学科
学部・学科名

短期大学部 幼児教育保育学科

教員名

岡部 祐子

1)略歴:最終学歴 ・鳴門教育大学大学院学校教育研究科障害児教育専攻
・株式会社クラッシー Childcare&Education Dpt Head
・日本社会事業大学 社会事業研究所 特任研究員
・札幌国際大学短期大学部 幼児教育保育学科 准教授
2)学位 修士(教育学)
3)資格:オプション(専門分野、教育分野に関わるもの) ・保育士資格 幼稚園教諭2種免許
日本社会事業大学 社会事業研究所 共同研究員
4)担当科目 「保育方法論」「障がい児保育(基礎・応用)」「保育実習指導」
5)専門分野 「幼児教育・保育」「特別支援教育」
6)研究テーマ ・熟達保育者によるクラス作りへの認識とプロセス(平成29年度 札幌国際大学奨励研究課題 代表)
・発達障害児を育てた親の経験知の収集とその活用に向けた検討(平成26年~29年 科学研究費採択課題 代表)
7)所属学会 日本保育学会 日本子ども家庭福祉学会 国際幼児教育学会 日本乳幼児医学・心理学会 日本発達障害学会 自閉症スペクトラム学会 日本音楽療法学会 北海道公衆衛生学会
8)著書、論文、発表、作品等 ・『保育者養成課程における教材分析力を育成する授業開発の試み』札幌国際大学 教師・教育実践研究.創刊号.単著.2017.145-155
・『障害児保育の基本』ライフステージを見通した障害児の保育・教育.シリーズ知のゆりかご.みらい.共著.2016.40-61
・『保育者の離職要因を軽減するアクション・リサーチの試み―実効のある保育目標と計画の再編を通して―』(北海道公衆衛生雑誌第27巻第2号・共著)2014
・『保育所の一日の流れ』子どもとともに学び合う演習・保育内容総論.みらい.共著.2014.34-44
・『特別な保育ニーズ』子どもとともに学び合う演習・保育内容総論.みらい.共著.2014.177-185
・『幼児期の療育において育むもの―障害児通園施設の卒園生の事例から―』国立特別支援教育総合研究所研究紀要.第40巻.共著.2013.81-95
・『障害児通園施設での発達障害と養育困難との関係性に関するアンケート調査について』日本社会事業大学社会事業研究所助成報告書.共著.2011.156-225
・『附属子ども学園の通園児童の中・長期支援の検討』厚生労働省報告書.共著.2010
・『養育困難と発達障害の関係性を踏まえた今後の通園施設の在り方の検討』厚生労働省報告書.共著.2010
・『自閉症幼児の偏食への対応』厚生労働省報告書.共著.2009
・『広汎性発達障害児に対する適切な学習環境設定』厚生労働省報告書.共著.2009
・『療育場面における身辺自立指導』厚生労働省報告書.共著.2009
・『遊びによる自発的要求行動の表出支援』厚生労働省報告書.共著.2009
・『自閉症幼児に対する遊びを通した要求サインの形成』厚生労働省報告書.共著2009他 *学位論文*発表略
9)メッセージ、個人ホームページ等:オプション(研究テーマ・活動の紹介) 【保育・子育て支援に関する経験】
・保育所保育.幼児の音楽活動実践.親子通園クラスでの指導
・保育所現任者研修講師.子育て支援事業講師(親子リトミック.親子のふれあいあそび他)
・徳島市ファミリーサポートセンター提供会員 研修講師
・徳島県男女共同参画センター子ども室 統括責任者
・関西都市再開発事業「桃坂コンフォガーデン子育て支援施設」開設準備責任者
・徳島県社会福祉協議会 福祉サービス第三者評価事業 保育施設評価員 他
【保育者研修】
「障害のある子どもを含む保育」「保育施設管理者研修」「北海道:北海道子育て支援員研修」「総合健康推進財団:保育士スキルアップ研修」「新保育方針-どう変わる私たちの保育-」他
【講演】
「障害児をもつ保護者の理解と支援」「‟いまここ“を生きる子どもに寄り添う保育」「子どもの育ちを支える保育内容の検討」「障害のある子どもの子育て(幼稚園保護者学習会)」「北海道乳幼児療育研究会第31回研究大会保育分科会」他
【メッセージ】
保育現場に学び、保育現場と共に研究を深めていくことを喜びとしています。乳幼児期から子ども一人ひとりの最善の利益が保障され、個と集団が生き生きと輝く保育を探求したいと考えています。保育者養成においては、理論と実践を繋げ成長を実感できる教育を目指しています。