教員紹介

梅村 匡史

学部・学科名

観光学部 観光ビジネス学科

教員名

梅村 匡史

1)略歴:最終学歴 ・法政大学経営学部経営学科
・北海道教育委員会(教諭)
・静修短期大学講師
・札幌国際大学教授
2)学位 昭和54年3月 学士(経営学)
3)資格:オプション
(専門分野、教育分野に関わるもの)
4)担当科目 「インターネット」「観光経営演習」「観光地域政策演習」
5)専門分野 経営情報 観光情報 情報教育
6)研究テーマ ・バーチャルコミュニティとリアルコミュニティ、インターネットと観光振興、まちづくり、テキストマイニングによる観光振興
7)所属学会 日本情報経営学会、日本観光研究学会、日本観光情報学会、日本情報教育学会
8)著書、論文、発表、作品等 ・「現代観光研究」、第28章 観光と情報、㈱嵯峨野書院。平成8年5月」
・「保育者・教育者のための情報教育入門」、第1章 情報社会と教育、同文書院、平成14年4月
・「Quality旅Net構想とその実現に向けての現状と課題」、観光情報学会誌 2号、平成18年4月
・「ICTの利活用による多言語バーチャルコミュニティ空間の形成に関する研究」、戦略的情報通信研究開発推進制度 第6回成果発表会、平成22年6月
・「ネットワーク分析による観光雑誌と個人旅行記の情報の差異に関する考察」、日本観光研究学会第29回学術論文集、平成26年12月
・「ネット上の投稿に見る潜在的地域資源の発見手法に関する考察」、札幌国際大学紀要、平成29年3月
9)メッセージ、個人ホームページ等:
オプション(研究テーマ・活動の紹介)
インターネットを使った様々なソーシャルメディアは、私たちの生活に大きな影響を与えています。これらのソーシャルメディアを使って、私たちの生活を豊かにしたり、まちづくりに応用する方策について研究を進めています。
インターネットは私たちの生活に大きな影響を与えています。コミュニティ、まちづくり、産業振興とその活用は無限です。共にアイディアを実現していきませんか?