教員紹介

丹治 和典

学部・学科名

観光学部 観光ビジネス学科

教員名

丹治 和典

1)略歴:最終学歴 ・立教大学大学院社会学研究科修了
・日本私学振興財団勤務
・静修短期大学助手・講師・助教授
・札幌国際大学助教授/准教授/教授
2)学位 昭和56年3月 社会学修士 第107号
3)資格:オプション(専門分野、教育分野に関わるもの) ・国内旅行業務取扱管理者
4)担当科目 「サービスの心理学」「観光サービス論」
5)専門分野 人間関係論 観光行動論
6)研究テーマ ・旅行者モチベーションに関する研究
・地域ツーリズムに関する研究
7)所属学会 日本国際観光学会、日本応用心理学会
8)著書、論文、発表、作品等 ・『人間関係論』
・『観光事業論』
・「地域資源を活用したまちづくりに関する研究-今金町フットパスの活用方策について-」
・「浦河町を事例としたSWOT分析を用いた観光による地域振興に関する研究」
・「北海道の離島における観光振興の諸課題-焼尻島を事例に-」
・「離島観光の諸課題~北海道奥尻島を中心に~」
・「旅行商品にみられるスポーツ-「する」スポーツと着地型旅行商品-」
・「交換成立の過程からホスピタリティの原義を探る」
9)メッセージ、個人ホームページ等:オプション(研究テーマ・活動の紹介) “いまや観光は使命感をもって学ぶ時代です。北海道のために、そして日本のために観光を学びませんか。
観光を学ぶことは、ただ単に自分自身が楽しむためだけではありません。観光を通して多くの交流が生まれますが、それが一人ひとりに幸福をもたらし、地域の発展につがなり、世界の平和にも結びついていきます。観光について広がりのある理解をもってください。
観光はこれまでもそうであったように、これからも私たちが歴史や文化に根差した生活の豊かさを実感するうえで欠かせない事象です。”