教員紹介

清田 岳臣

学部・学科名

スポーツ人間学部 スポーツ指導学科

教員名

清田 岳臣

1)略歴:最終学歴 ・金沢大学大学院医学系研究科(博士課程) 修了
・流通科学大学 講師
・札幌国際大学 准教授
2)学位 博士(医学)
3)資格:オプション
(専門分野、教育分野に関わるもの)
・中学校・高等学校教諭1種免許(保健体育)
・レクリエーションインストラクター
・SAJスノーボード検定2級(全日本スキー連盟)
4)担当科目 「運動発達特論」「ジュニアスポーツ演習」「身体運動指導演習」「発育発達論」「バスケットボール」
5)専門分野 発達科学 運動生理学 神経科学
6)研究テーマ ・姿勢制御の発達
・視覚情報の脳内処理過程と姿勢制御
7)所属学会 Society for Neuroscience、International Society for Posture and Gait Research、日本生理人類学会(評議員)、日本健康行動科学会(編集委員)、日本臨床神経生理学会、日本体育学会
8)著書、論文、発表、作品等 著書
・藤原勝夫、清田岳臣(2015)一側優位性、日本生理人類学会(編)人間科学の百科事典、丸善出版、164-165
・清田岳臣、藤原勝夫(2011)奥行き知覚と姿勢制御、藤原勝夫(編著)姿勢制御の神経生理機構、杏林書院、96-98
・藤原勝夫、清田岳臣(2011)床振動時の姿勢制御機構、藤原勝夫(編著)姿勢制御の神経生理機構、杏林書院、183-185
論文
・国田賢治、藤原勝夫、清田岳臣、阿南浩司、清田直恵、矢口智恵(2016)、卓球における背屈―掌屈テイクバック動作の有無によるフォアハンドストロークでの打球の速度の差異、Health and Behavior Science 14(2),69-76
・Kiyota T,Fujiwara K(2014)Dominant side in single-leg stance stability during floor oscillation at various frequencies,Journal of physiological Anthropology,15;33:25.
・Fujiwara K, Kiyota T, Mammadova A, Yaguchi C (2011) Age-related changes and sex differences in postural control adaptability in children during periodic floor oscillation with eyes closed, Journal of Physiological Anthropology, 30(5):187-194
・Kunita K, Fujiwara K, Kiyota T, Anan K, Kaida C (2011). Trunk and pelvis inclination movement angles in the frontal plane in single stance phase during stepping in place. Health and Behavior Sciences, 9:101-106
・Kiyota T, Fujiwara K, Toyama H, Kiyota N, Kunita K, Maeda K, Katayama M (2009). Determination of disturbance parameters of forward floor translation for balance training to prevent falling. Health and Behavior Sciences, 8: 9-16
・Kiyota T, Fujiwara K (2008). Postural sway and brain potentials evoked by visual depth stimuli. International Journal of Neuroscience, 118:935-954
・Fujiwara K, Kiyota T, Maeda K, Horak F (2007). Postural control adaptability during floor oscillation in the elderly. Journal of Physiological Anthropology, 26(4):485-493
・Fujiwara K, Toyama H, Kiyota T, Maeda K (2006). Postural muscle activity patterns during standing at rest and on an oscillating floor. Journal of Electromyography and Kinesiology,16:448-457
発表
・T. KIYOTA, K. FUJIWARA, K. KUNITA, K. ANAN, C. YAGUCHI (2015), Developmental changes from childhood to adolescence in activation patterns of postural muscles during bilateral arm flexion, Society for Neuroscience 45th Annual meeting, Chicago, U.S.A
・ Kiyota T, Fujiwara K, Kunita K, Anan K, Yaguchi C (2013). Developmental changes in activation patterns of postural muscles during billatral arm flexion. Society for Neuroscience 43th Annual Meeting, San Diego, U.S.A
9)メッセージ、個人ホームページ等:
オプション(研究テーマ・活動の紹介)
子どもたちのバランス調節の発達やその背景にある脳内処理過程の変化を明らかにすることを主な研究テーマとして、取り組んでいます。
スポーツ指導学科では、“発育発達論”を担当しています。そこでは進化、発育、成熟や発達の観点から、さらに遊びやスポーツの意義をふまえて、授業を行っています。