教員紹介

小林 秀紹

学部・学科名

スポーツ人間学部 スポーツ指導学科

教員名

小林 秀紹

1)略歴:最終学歴 ・金沢大学大学院社会環境科学研究科博士課程
・福井工業高等専門学校准教授
・札幌国際大学教授
・金沢大学大学院非常勤講師
・筑波大学大学院非常勤講師
2)学位 博士(学術)
3)資格:オプション
(専門分野、教育分野に関わるもの)
・NSCA The Certified Strength and Conditioning Specialist (CSCS)
・上級トレーニング指導者(JATI-AATI)
・公認アイスホッケー指導員(日本体育協会)
・ViPRインストラクター
・Basic First Aid Provider (JLSA), CPR Basic (IEMA)
・高等学校教諭専修免許(保健体育)、中学校教諭専修免許(保健体育)
4)担当科目 「スポーツ理論」「測定と評価」「スポーツ統計学」「健康体力特論」「コーチング特論」「解析統計学演習」「体力評価演習」
5)専門分野 トレーニング科学 測定評価 数理体力学 データアナリシス
6)研究テーマ ・筋パワー発揮のバイオメカニクス
・運動パフォーマンスの機械学習分析
・氷上競技の動作分析
・幼児の運動能力評価
7)所属学会 日本体育学会、日本体力医学会、日本コーチング学会、日本トレーニング科学会、日本体育測定評価学会、日本発育発達学会、日本体育科教育学会、日本テスト学会、高等教育質保証学会、日本トレーニング指導者協会、スポーツパフォーマンス科学会、日本運動・スポーツ科学学会、National Strength and Conditioning Association、American College of Sports Medicine
8)著書、論文、発表、作品等 ・「もっとなっとく使えるスポーツサイエンス(講談社)」
・「健康・スポーツ科学のためのRによる統計解析入門(杏林書院)」
・「健康・スポーツ科学のための調査研究法(杏林書院)」
・「健康・スポーツ科学の基礎(杏林書院)」
・「SPSSによる多変量解析入門(杏林書院)」
・「Excelによる健康・スポーツ科学のためのデータ解析入門(大修館書店)」
・「テキスト保健体育(大修館書店)」
・「Gender difference of subjective symptoms of fatigue among Japanese adolescents(Environ Health Prev Med)」「Validity and reliability of body composition assessed by the sulphur hexafluoride dilution method(J Sports Sci)」「Relationships among chronic fatigue, subjective symptoms of fatigue, life stressors and lifestyle in Fukui prefecture high school students(School Health)」「Relationship between life stressors and subjective fatigue symptoms in high school students before and after an examination(School Health)」「Time series analysis of subjective fatigue symptoms in Young Male Students(School Health)」「Examination of external validity of the subjective fatigue scale in youth(School Health) 」「QOL models constructed for the community dwelling elderly with ikigai(purpose in life) as a composition factor and the effect of habitual exercise (The Journal of Education and Health Science)」「Problems in assessment of depression in Japanese community-dwelling elderly by CES-D(Center of Epidemiologic Studies Depression) scale(Journal of Physiological Anthropology and Applied Human Science)」
9)メッセージ、個人ホームページ等:
オプション(研究テーマ・活動の紹介)
・日本オリンピック委員会強化スタッフ
・NSCAジャパン理事