教員紹介

国田 賢治

教員紹介
  • 受験生応援サイト UPBEAT
  • 資料請求
  • 大学院 心理学研究科
  • 大学院 観光学研究科
  • 大学院 スポーツ健康指導研究科
  • 観光学部 観光ビジネス学科
  • 観光学部 国際観光学科
  • 人文学部 現代文化学科
  • 人文学部 心理学科 臨床心理専攻
  • 人文学部 心理学科 子ども心理専攻
  • スポーツ人間学部 スポーツビジネス学科
  • スポーツ人間学部 スポーツ指導学科
  • 短期大学部 総合生活キャリア学科
  • 短期大学部 幼児教育保育学科
学部・学科名

スポーツ人間学部 スポーツ指導学科

教員名

国田 賢治

1)略歴:最終学歴 ・筑波大学 体育研究科 健康教育学専攻修了
・金沢大学 自然科学研究科 生命科学専攻修了
・大阪市立大学 都市健康・スポーツ研究センター(助手, 講師, 准教授)
・札幌国際大学 スポーツ人間学部スポーツ指導学科 教授
2)学位 博士(学術)
3)資格:オプション
(専門分野、教育分野に関わるもの)
・中学校教諭一種(保健体育)
・高等学校教諭一種(保健体育)
・小学校教諭一種
4)担当科目 「運動生理学」「運動生理学演習」「卓球」
5)専門分野 運動生理学 神経生理学 卓球
6)研究テーマ ・身構え姿勢と脳賦活作用
・運動技能と筋活動制御
7)所属学会 Society for Neuroscience、The International Brain Research Organization、日本健康行動科学会(理事:平成25年~平成30年 理事長:令和元年~)、日本生理人類学会(評議員:平成20年~)、日本体育学会、日本運動生理学会、日本生理学会、日本神経科学会、日本臨床神経生理学会、日本体力医学会、日本バイオメカニクス学会
8)著書、論文、発表、作品等

・Kunita K, Fujiwara K, Kiyota T, Anan K, Kaida C (2011): Trunk and pelvis inclination movement angles in the frontal plane in single stance phase during stepping in place. Health and Behavior Sciences, 9, 101-106.
・Fujiwara K,Yaguchi C,Kunita K(2012)Effects of neck flexion on discriminative and cognitive processing in anticipatory postural control during bilateral arm movement. Neuroscience Letters,518,144-148
・Kunita K, Fujiwara K(2013):Effect of maintaining neck flexion on anti-saccade reaction time:an investigation using transcranial magnetic stimulation to the frontal oculomotor field.Journal of Physiological Anthropology,32:21.doi:10.1186/1880-6805-32-21
・国田賢治、藤原勝夫、清田岳臣、阿南浩司、清田直恵、矢口智恵(2016)卓球における背屈・掌屈テイクバック動作の有無によるフォアハンドスロークでの打球の速度の差異.Health and Behavior Sciences,14,93-98.
・Kunita K,Fujiwara K,Kiyota N,Yaguchi C,Kiyota T(2018):Developmental changes in shortening of pro-saccade reaction time while maintaining neck flexion position.Joural of Physiological Anthropology,37:2.doi:10.1186/s40101-017-0161-7
・国田賢治、藤原勝夫(2019)サッケード制御系とその経路への頚部前屈保持効果.Health and Behavior Sciences,18,1-12.

9)メッセージ、個人ホームページ等:
オプション(研究テーマ・活動の紹介)
運動のからくりの素晴らしさを日々研究し、得られた最新知見も活用して、できるかぎり分かりやすく学生のみんなに伝えています。