教員紹介

吉岡 精一

教員紹介
  • 受験生応援サイト UPBEAT
  • 資料請求
  • 大学院 心理学研究科
  • 大学院 観光学研究科
  • 大学院 スポーツ健康指導研究科
  • 観光学部 観光ビジネス学科
  • 観光学部 国際観光学科
  • 人文学部 現代文化学科
  • 人文学部 心理学科 臨床心理専攻
  • 人文学部 心理学科 子ども心理専攻
  • スポーツ人間学部 スポーツビジネス学科
  • スポーツ人間学部 スポーツ指導学科
  • 短期大学部 総合生活キャリア学科
  • 短期大学部 幼児教育保育学科
学部・学科名

人文学部 現代文化学科

教員名

吉岡 精一

1)略歴:最終学歴 ・早稲田大学教育学部社会科社会科学専修卒
・週刊誌・月刊誌の取材記者
・Ys-Office吉岡事務所代表
・札幌国際大学講師
2)学位 昭和51年3月 学士(文学)
3)資格:オプション
(専門分野、教育分野に関わるもの)
 日本アーカイブズ学会登録アーキビスト(2013年4月1日認定)
登録番号:JSAS2012029(2018年3月31日登録更新)
4)担当科目 「フィールドワーク取材法」「メディア・リテラシー論」「日本語表現Ⅰ・Ⅱ」
5)専門分野 マスメディア(出版分野) アーカイブズ 文章表現
6)研究テーマ ・マスメディア論
・ジャーナリズム論
・出版文化
・アーカイブズ方法論
7)所属学会 日本アーカイブズ学会、日本マスコミュニケーション学会
8)著書、論文、発表、作品等 ・「記憶」と「記述」をめぐるアーカイブズ学の“新しい視点” (2015)
・『踊る、舞踏譜 北海道千歳泉郷獅子舞の事例から』(共著・2011・共同文化社)
・「北海道の伝承芸能を舞踊譜で保存する試み」(2009)
・『富樫正雄作品集』(2003・共同文化社)
・『貴久子ブルー―西村貴久子 作品と時代』(2005・共同文化社)
・『スピーカーが風になりブラウン管が光になる時 北海道とともに50年HBC』(2002・北海道放送)
9)メッセージ、個人ホームページ等:
オプション(研究テーマ・活動の紹介)
インターネットの登場と発展、それによる「情報革命」が私たちの社会をどう変容させていくのかを、メディア論、アーカイブズ論を柱に考察しています。