教員紹介

阿南 浩司

教員紹介
  • 受験生応援サイト UPBEAT
  • 資料請求
  • 大学院 心理学研究科
  • 大学院 観光学研究科
  • 大学院 スポーツ健康指導研究科
  • 観光学部 観光ビジネス学科
  • 観光学部 国際観光学科
  • 人文学部 現代文化学科
  • 人文学部 心理学科 臨床心理専攻
  • 人文学部 心理学科 子ども心理専攻
  • スポーツ人間学部 スポーツビジネス学科
  • スポーツ人間学部 スポーツ指導学科
  • 短期大学部 総合生活キャリア学科
  • 短期大学部 幼児教育保育学科
学部・学科名

スポーツ人間学部 スポーツ指導学科

教員名

阿南 浩司

1)略歴:最終学歴 ・筑波大学大学院体育研究科修士課程 修了
・金沢大学大学院医学系研究科 博士課程 修了
・私立学校教員(保健体育科)
・HR系民間企業勤務
・札幌国際大学 非常勤講師
・札幌国際大学 講師
・札幌国際大学 准教授
2)学位 博士(医学)
3)資格:オプション
(専門分野、教育分野に関わるもの)
・中学校・高等学校保健体育科専修免許
4)担当科目 「体力トレーニング論」「野球・ソフトボール」
5)専門分野 運動生理学 神経生理学
6)研究テーマ ・姿勢制御と脳内処理過程、野球、投球動作
7)所属学会 日本健康行動科学会、日本生理人類学会 Society for neuroscience
8)著書、論文、発表、作品等 ・Kunita K, Fujiwara K, Kiyota T, Anan K, Kaida C(2011)Trunk and pelvis inclination movement angles in the frontal plane in single stance phase during stepping in place. Health and Behavior Sciences, 9:pp.101-106.
・Anan K, Fujiwara K(2012)Effects of difference of inter-stimulus interval in a visuo – spatial cueing task on anticipatory postural control and event related potentials  during unilateral arm abduction while standing. Society for Neuroscience 42th Annual Meeting, New Orleans, U.S.A.
・Anan K, Fujiwara K, Yaguchi C, Kiyota N(2014) Effect of time pressure on attentional shift and anticipatory postural control during unilateral shoulder abduction reactions in an oddball-like paradigm. Journal of PHYSIOLOGICAL ANTHROPOLOGY.
・阿南浩司(2014)博士論文名「疑似オドボール課題での一側上肢外転反応における注意移動と予測的姿勢制御に対するタイムプレッシャーの影響」金沢大学大学院 医学系研究科 博士号(医学)授与 医博甲第2445号
・科学研究費助成事業(若手研究B)平成27年度~平成28年度「上肢の随意的筋弛緩運動における予測的姿勢制御と事象関連脳電位」
Koji Anan, Katsuo Fujiwara, Chie Yaguchi, Naoe Kiyota (2015) Effect of time pressure on attentional shift and anticipatory postural control during unilateral shoulder abduction reactions in an oddball –like paradigm. Society for Neuroscience 45th Annual Meeting, Chicago, U.S.A.
・国田賢治, 藤原勝夫, 清田岳臣, 阿南浩司, 清田直恵, 矢口智恵 (2016)卓球における背屈-掌屈テイクバック動作の有無によるフォアハンドストロークでの打球の速度の差異. 日本健康行動科学会 14巻2号.
・阿南浩司, 藤原勝夫, 外山寛(2017)投球における上肢運動の指導法の提案.第29回日本体力医学会北陸地方会大会
・阿南浩司, 藤原勝夫, 外山寛, 国田賢治, 清田岳臣(2017)投球における上肢運動および体幹運動の指導法.日本健康行動科学会第16回学術大会
9)メッセージ、個人ホームページ等:
オプション(研究テーマ・活動の紹介)
神経生理学を専門とし、具体的には、姿勢制御時の脳内処理過程を研究しています。
日常生活場面では、健康的な生活のため、スポーツ競技の場面ではより良いパフォーマンス発揮へと発展する研究分野です。脳と運動との関係を科学的に解明することで運動のからくりが理解でき、人間の身体の奥深さを感じることができます。
さらに、現在では、野球の投球動作について、科学的検証を行い、その指導法を考察しています。