教員紹介

大村 勅夫

教員紹介
  • 受験生応援サイト UPBEAT
  • 資料請求
  • 大学院 心理学研究科
  • 大学院 観光学研究科
  • 大学院 スポーツ健康指導研究科
  • 観光学部 観光ビジネス学科
  • 観光学部 国際観光学科
  • 人文学部 現代文化学科
  • 人文学部 心理学科 臨床心理専攻
  • 人文学部 心理学科 子ども心理専攻
  • スポーツ人間学部 スポーツビジネス学科
  • スポーツ人間学部 スポーツ指導学科
  • 短期大学部 総合生活キャリア学科
  • 短期大学部 幼児教育保育学科
学部・学科名

人文学部 現代文化学科

教員名

大村 勅夫

1)略歴:最終学歴 北海道教育大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻修了(教職修士)
東北大学大学院教育学研究科博士課程前期終了(教育学修士)
北海道公立高等学校 教諭(静内農業、旭川東)
2)学位 平成11年3月 修士(教育学)
平成28年3月 専門職修士(教職)
3)資格:オプション
(専門分野、教育分野に関わるもの)
高等学校教諭専修免許(国語)
4)担当科目 「日本語表現Ⅰ」、「日本語表現Ⅱ」、「国語基礎」、「思考と表現」
5)専門分野 国語科教育、古典教育、教育方法学
6)研究テーマ ・古典教育における言語活動(アクティブ・ラーニング)
・小中高における古典教育の系統性
・国語科におけるビジュアルリテラシー
7)所属学会 解釈学会、日本国語教育学会、全国大学国語教育学会、臨床教科教育学会
8)著書、論文、発表、作品等 ・浜本純逸監修 冨安慎吾編著『ことばの授業づくりハンドブック 中学校・高等学校 漢文の学習指導』(渓水社 2016年)(分担著:Ⅲ 第3章)
・「古典への親しみを育む古典単元の提案 ―「小倉百人一首」の書き換えを中心として―」『解釈』702集(2018年6月)pp.10-17
・「「論点整理」における観点「みること」についての試み」『国語論叢』第9号(2018年6月)pp.1-5
・「非文学古典を学習材とした単元の試み ―『古事類苑』をもとに―」『月刊国語教育研究』No.552(2018年5月)pp.22-27
・「高校国語における創作単元の提案 ―随想教材を活用する単元の考察―」『国語論集』15(2018年3月)pp.213-217
・「高校国語における「見方・考え方」の考察 ―随想教材を活用する単元の提案―」『国語論集』14(2017年3月)pp.198-203
・「想像力を育む単元の考察 ―「小景異情 その二」を教材として―」『解釈』690集(2017年6月)pp.48-55
9)メッセージ、個人ホームページ等:
オプション(研究テーマ・活動の紹介)
 国語教育を研究分野としています。その中でも、古典教育についての研究が今のメインターゲットです。古典って、面白く感じる人と嫌だなって思う人が、わりと極端な気もします。それをいくらかでも解消できないかな、と考えています。古典の面白みそのものを考えるだけでなく、その面白みをどう人に伝えていくかの方法を一緒に考えてみませんか。