教員紹介

八反田 元子

教員紹介
  • 受験生応援サイト UPBEAT
  • 資料請求
  • 大学院 心理学研究科
  • 大学院 観光学研究科
  • 大学院 スポーツ健康指導研究科
  • 観光学部 観光ビジネス学科
  • 観光学部 国際観光学科
  • 人文学部 現代文化学科
  • 人文学部 心理学科 臨床心理専攻
  • 人文学部 心理学科 子ども心理専攻
  • スポーツ人間学部 スポーツビジネス学科
  • スポーツ人間学部 スポーツ指導学科
  • 短期大学部 総合生活キャリア学科
  • 短期大学部 幼児教育保育学科
学部・学科名

観光学部 観光ビジネス学科

教員名

八反田 元子

1)略歴:最終学歴 ・北海道大学農学部農芸化学専攻修士課程修了
・札幌市勤務
・公益財団札幌市中小企業共済センター理事長
・北海道大学国際広報メディア・観光学院 観光創造専攻前期博士課程修了
・北海道大学国際広報メディア・観光学院 観光創造専攻後期博士課程修了
・札幌国際大学教授
2)学位 ・修士(農学)
・修士(観光学)
・博士(観光学)
3)資格:オプション(専門分野、教育分野に関わるもの)
4)担当科目 「観光政策総論」「北海道の観光政策」「観光地ビジネス」
5)専門分野 観光地域政策、観光社会学、クリエイティブツーリズム、ワインツーリズム
6)研究テーマ 観光による地方地域と都市の創造的関係の構築
7)所属学会 日本観光研究学会、日本地域政策学会、農村計画学会
8)著書、論文、発表、作品等 ・地域資源を対象とするツーリズムの地域振興効果の研究~ワインと清酒の特性比較の検証~(共著)、日本観光研究学会、「日本観光研究学会全国大会第26回論文集」、2011年12月
・地域資源の活用によるワインツーリズムの効用に関する研究、北海道大学国際広報メディア・観光学院修士論文、2012年3月
・北海道池田町「ブドウ・ブドウ酒事業」にみる地域資源戦略(共著)、日本地域政策学会、「日本地域政策研究」第10号、2012年3月
・観光による農村と都市の創造的関係の構築に関する研究~Integrated Rural Tourismとしてのワインツーリズムの研究(共著)、(一財)北海道開発協会、開発調査総合研究所「平成25年度助成研究論文集」、2014年6月
・ヴィンヤードとワイナリーの開設を契機とする地域イメージの形成に関する研究~北海道空知南部の農業地域を事例として~、農村計画学会、農村計画学会誌Vol.33 No.2、2014年9月
・農村と都市の創造的関係の構築に対する観光の機能に関する研究~ワインツーリズムを事例として~、北海道大学国際広報メディア・観光学院博士論文、2016年3月
・観光における食関連資源が持つ潜在力への期待、北海道大学観光学高等研究センター、CATS叢書11号、2017年3月
9)メッセージ、個人ホームページ等:オプション(研究テーマ・活動の紹介)  観光の専門性を持つ人材が活躍できる場は、旅行企画、宿泊、交通などの観光関連の分野はもちろん、地域を支える企業や団体、行政や関連機関など幅広い範囲に及びます。観光による地域創生を進めるには、拠点が何処であっても多様な分野の人々が連携して取り組むことが必要であり、その中核を担う地域人材が求められています。