教員紹介

城後 豊

学部・学科名

スポーツ人間学部 スポーツ指導学科

教員名

城後 豊

1)略歴:最終学歴
:職歴
・上越教育大学大学院学校教育研究科生活・健康系修了
・岐阜大学教育学部附属小学校教諭
・上越教育大学助教授
・北海道教育大学教授
・北海道教育大学附属札幌中学校長
・北海道教育大学副学長(札幌校担当)
・北海道教育大学理事
・北海道教育大学名誉教授
・札幌国際大学教授
・日本体育学会名誉会員
・札幌国際大学学長
2)学位 教育学修士
3)資格:オプション
(専門分野、教育分野に関わるもの)
小学校1種普通免許・中学校1種(保健体育)・高等学校1種(保健体育)
4)担当科目 「保健体育科指導法Ⅱ・Ⅲ」「保健体育科教育学」
5)専門分野 保健体育科教育学、運動学(水泳)、野外教育学
6)研究テーマ ・保健体育授業の構想と実践の分析的研究
・水泳指導の史実や文化的な研究と指導の分析
・野外教育とWellnessプログラムの発展的な指導法の分析
7)所属学会 日本体育学会、日本コーチング学会、日本体育科教育学会等
8)著書、論文、発表、作品等 ・能力を伸ばす体育指導6年『第4章 器械運動』 泰流社(共)1980
・体育授業研究『子供の欲求と適応を生かす教材づくり』 明治図書(共)1981、
・体育授業研究『診断的評価から評定までの授業過程の評価の位置づけ』 明治図書(共)1981
・体育科の個別化・個性化指導 明治図書(共)1987.3
・スポーツ・体育ものがたり5 およぐスポーツ  岩崎書店1990
・中学校体育・スポーツ教育実践講座第7巻  ニチブン(共)1998
・現代教育方法事典(共)  図書文化社、2004
・子どものこころとからだを強くする(共) 市村出版2005
・体育授業における構想と実践の試み―基本の運動「ボールあそび」の場合―教育学方法学研究第11巻(共)1986.3
・持久走の授業研究(その1)-授業研究の視点とその分析結果による一考察-体育の科学第36巻11号(共)1986
・歴史を踏まえた「泳ぎ」の指導 体育科教育第47巻15号1999
・地域河川を利用した着衣泳の学習効果に関する研究―プールでの着衣泳との比較から― 体育科教育学研究第19巻第1号(共)2002
・競泳中心の授業を見直そう 体育科教育第52巻第8号2004
・自然体験学習が児童の自己表現力に及ぼす影響―体験型環境教育プログラムに着目して― 野外教育研究第10巻第1号(共)2006
・子どもの学力―生活力と体力―札幌市体力向上支援事業の取り組み 子どもと発育発達 第8巻第2号2010、
・平成21年度札幌市子ども体力向上支援委員会報告書(共)、札幌市教育委員会2010
・国際女子車いすバスケットボールゲームの分析(1)(共)日本障がい者体育・スポーツ研究、第41集研究紀要2017
・国際女子車いすバスケットボールの分析(2)(共)日本障がい者体育・スポーツ研究、第42集研究紀要、2018
・幼児期における水泳指導の基礎的研究(共)藤女子大学、研究紀要、第1号、2018
・子どもと親の基本的生活習慣の関係性について(共)藤女子大学、研究紀要、第2号、2019
・食とあそび行動のESDプログラムに関する実践的研究(共)藤女子大学、研究紀要、第2号、2019
・9)メッセージ、個人ホームページ等:
オプション(研究テーマ・活動の紹介)
・自然体験型幼児教育「森の学校」や「里山幼稚園」の実践と指導及びプログラム開発に取り組んでいる。また、アメリカ合衆国における野外教育及びウエルネス教育の分析的な研究を展開している。